資料を使用し患者に説明する男性の医師

前日にお酒を飲み過ぎると、二日酔いで頭痛が起きてしまう人って多いですよね。アルコールはどうして頭痛の原因になるのか。

摂取時に頭痛が起こるメカニズムや原因と対策、オススメの対処方法などもお伝えしようと思います。



アルコールによる3種類の頭痛!その解消法とは


1)お酒を飲むと頭痛が起こるわけ

お酒やビールを飲むと、アルコールの成分(エタノール)がアルコール脱水素酵素により、アセトルアルデヒドという物質に変化します。これはさらにアルデヒド脱水素酵素によって、体の中で分解されます。

人によってお酒に強いとか弱いがあるのは、脱水素酵素の働きの違いによって決まり、その働きが弱い人(私もそうですが)はアセトルアルデヒドが体にたまりやすく、顔が真っ赤になったり、気分が悪くなって吐いたりしてしまいます。

頭が痛くなるのも、アセトルアルデヒドのせいなのです。体の中での分解が悪く、翌日まで体の中に残る人が二日酔いになるのです。


2)どんなお酒が頭痛を引き起こすのか

では、お酒によって、頭痛のなりやすさは違うのでしょうか。よくワインは毎日少し飲むくらいなら、フラボノイドやポリフェノールが豊富で、老化の防止にもなるからいいという話を聞きます。

(1)ワインとチーズの組み合わせ

この組み合わせが頭痛持ちの人には、非常に大きな要因になると考えられています。両者に含まれるチラミンという成分が血管を拡張し、神経を刺激し、頭痛を引き起こしてしまいます。

チーズの他にもハムやサラミやソーセージなどは亜硫酸(防腐剤)を含んでおり、ワインとの組み合わせとしては最高のように見えて、偏頭痛の原因となります。

(2)ウィスキー・ブランデー

また、アルコールの中で特に良くないと言われているのがメタノール(エタノールとは別の物質)を含んだお酒です。ワインと同様、ウィスキーやブランデーといった風味が強く独特のクセのある蒸留酒には微量のメタノールが含まれています。

これらは通常のアルコール(エタノール100%)と比較すると身体に長く留まります。その結果、翌朝以降もお酒が残ってしまい、二日酔いの症状が長引く原因となります。

また、メタノールそのものが有毒であり、少量であっても頭痛、めまい、吐き気の原因になります。 同じビールであっても柑橘系のビールだと二日酔いしやすいのはこのメタノールが原因なのです。


3)アルコールと3つの頭痛の種類

頭痛には偏頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛の3種類があることが知られています。

(1)緊張型頭痛

頭痛持ちの患者さんの約半数は緊張型頭痛と言われています。頭や首付近の筋肉の緊張が高いために起こる頭痛です。適度の飲酒は人をリラックスさせるので、緊張型頭痛持ちの人がグラスに1杯飲むくらいなら、逆にリラックス効果があり、悪くはありません。

(2)偏頭痛

偏頭痛は発作的に起こります。原因は頭の血管の伸び縮みの調節がうまくいかないために起こると言われています。

脳の動脈が太くなり、周囲に分布している神経を刺激するために起こるそうです。赤ワインは偏頭痛を起こすと言われ、特にワインに含まれている防腐剤が良くないという説があります。

私の夫はワインを飲むと必ず頭痛が起きて、特に輸入の赤ワインがだめです。

長時間かけて日本に運ばれるための収穫後農薬(ポストハーベスト)が原因だとよく話していて、あまりワインは飲み過ぎないようにしています。

(3)群発頭痛

群発頭痛は偏頭痛の親戚のようなものだと言います。偏頭痛と違うのは、頭痛が長くは続かず1時間前後で収まり、一日に数回繰り返すことです。これは首の奥を通って、脳に血液を送る頚動脈のそばにある交感神経が刺激されるため起こると言われています。

頚動脈の血管が異常に太くなるからという説があり、群発頭痛も偏頭痛も同じように動脈の伸び縮みの異常によって起こるわけですね。

そのため、血管を収縮させるアルコールは偏頭痛、群発頭痛の人にはあまり良くないということになります。

患者の資料を見つめる若い女性の医師


4)偏頭痛の予防には

(1)緑茶・コーヒー・牛乳

偏頭痛を和らげる作用をもつのが緑茶やコーヒー、牛乳です。カフェイン、牛乳が血管の収縮を助け、偏頭痛を軽減します。

(2)マグネシウム・ビタミンA・B2・C・E

また、マグネシウム、ビタミンA、B2、C、Eも偏頭痛を和らげる効果があります。マグネシウムは野菜や海藻や大豆製品、緑黄色野菜にはビタミンが豊富です。朝食にはパンのような洋食ではなく、ご飯にお味噌汁にサラダ、納豆や海苔を取るとよいかもしれません。

また、お酒を飲んで夜遅くまで騒いでいると、どうしても寝るのが遅くなってしまいます。なるべく規則正しい生活をして、朝食もきちんととる。飲む際は、おかずもしっかりとる、こういったことが二日酔い頭痛の防止につながります。


5)二日酔い頭痛に摂取したい6つの飲食物

前日飲みすぎて、昼頃まで寝てしまった場合、低血糖症や脱水症状を原因で頭痛が起きている可能性もあります。

(1)水分

(2)電解質

(3)糖分

(4)シジミのお味噌汁

(5)

(6)ゴマ

スポーツドリンクや果実ジュース、お手製のジュースなどが効果的です。ただし、メタノールを含んだお酒の後は、果実ジュースは避け、スポーツドリンクにして下さいね。

果汁が頭痛に悪い影響を与える場合があるので注意が必要です。また、二日酔いの原因の一つのアセトアルデヒドは直接体内から除去することはできません。

そのため、より早くアセトアルデヒドを分解することが大事です。アセトアルデヒドの分解にはしじみのお味噌汁や卵、ゴマなどが効果的です。


6)頭痛は遺伝するのか

一般に母親が片頭痛の場合、50%~70%の確率で子供も片頭痛になると言われています。父親が片頭痛の場合は母親よりも少なく30%ぐらいの確率のようです。

特に父親、母親共に片頭痛の場合はさらに子供へ遺伝する可能性が高くなります。また親子だけの遺伝ではなく、祖父、祖母からの隔世遺伝も可能性があります

もちろん、好きな食べ物が似ているとか、生活習慣、家庭環境もあるとは思いますが、私の父親は大丈夫でした。太る体質や病気など様々なことが遺伝すると言われる現在、とても辛いですが、頭痛も遺伝する可能性が高いと思われます。



今回のまとめ

1)二日酔いが起きるわけ

アルコールの成分(エタノール)とアセトルアルデヒド

2)どんなお酒が頭痛を引き起こすのか?

メタノールを含むお酒は赤ワインとブランデーやウィスキー

3)アルコールと頭痛の種類

偏頭痛と緊張型頭痛と群発頭痛

4)偏頭痛の予防には

カフェイン、牛乳とマグネシウム、ビタミンA、B2、C、E、セロトニンをとりましょう

5)二日酔い、頭痛の時にできる対処法

水分と電解質、糖分が大事、ゴマやしじみや卵もいい

6)頭痛は遺伝するのか?

遺伝する可能性が強い