横になって鼻水をかんでいる女性

花粉症やアレルギー、または風邪の症状で鼻水に悩まされた経験は誰にしもあると思います。そんな鼻水の症状、慢性化してしまうとつらいですよね。そんな鼻水ですが、朝だけは鼻水がよく出ることはありませんか。そんな朝だけの鼻水について原因と対処方法を紹介します。


   


朝だけ鼻水が続く?気になる3大原因と対処方法とは


1)症状のチェックを!鼻水の2種類と特徴とは?

(1)サラサラした鼻水

水のようにサラサラした鼻水です。色はほぼなく、透明な場合がほとんどです。また、いくら鼻をかんでも詰まった感覚があります。

(2)粘り気のある鼻水

粘り気がありネバネバとした鼻水です。色があり、黄色、緑色などがあります。サラサラした鼻水とは異なり、鼻をかむと一時的にすっきりとする特徴があります。

2)どうして朝に?朝だけ鼻水が出る3大原因とは

(1)気温

人間の体は寒くなると体温調整をするため鼻水をだします。体内に入る空気は温める必要があり、空気の入り口となる鼻に血液が集中します。それにより鼻が温まり、鼻水を出す機能も活性化されることで鼻水がでます。

(2)アレルギー

寝室が埃っぽい、またはベッドにいるダニなどが原因で寝ている間にアレルギー反応で鼻が詰まりやすく、朝に花が詰まっていることに気づく場合があります。体質や季節により反応したりしなかったりします。

(3)細菌・ウィルス

細菌やウィルスが体内に侵入し、それに反応した免疫反応によって鼻水が出ます。寝ることで体温が覚め、十分な睡眠時間が取れないと症状の度合いが大きくなりやすくなります。

3)試せる応急処置はあるの?症状への対処方法とは

以下の対処方法は症状の原因によっては効果がない場合があります。早い段階で耳鼻科にて診察を受け、原因を調べましょう。

(1)体を温める

体が冷えることで鼻水がでる症状があります。朝起きたら、スープを飲む、暖かいシャワーを浴びるなどして体温をあげるようにしてみてください。症状が和らぐ場合があります。

(2)マスクをする

乾燥しやすい季節だと睡眠中に乾燥により鼻の中が炎症しやすいです。マスクをし、保湿を保つようにしましょう。長時間マスクをすると耳が痛くなる場合があるので少し大きめのマスクをおすすめします。

4)これって病気?病気かどうかのチェック項目と判断基準とは

鼻水に色がついている場合は特定の細菌やウィルスに感染している可能性があるので病院を受診するようにしましょう。また、鼻水の症状だけでなく、熱、喉の痛み、または臭いがきつくなるといった症状があれば病気と考え病院にいくようにしましょう。色がついていない場合サラサラの鼻水でも1週間以上症状が続く場合も病気の可能性があります。

Two women doctors talk about examination

5)症状が続く場合は注意!考えられる2種類の病気とは

(1)副鼻腔炎

蓄膿症ともいわれ副鼻腔と鼻の間の空間にウィルスや細菌の感染により炎症がおき、そこからできた膿が副鼻腔に溜まってしまいます。膿の溜まり具合によっては圧力で頭痛や頬が痛む場合があります。膿のにおいで悪臭がするためその臭いで副鼻腔炎だと気づく場合があります。

(2)鼻茸

鼻腔の粘膜にできる腫瘤のことで大きさや形は人により異なります。アレルギーや慢性化した鼻炎から出来ると考えられています。主な症状として鼻づまりがあり、その他には頭痛や臭覚障害などが挙げられます。

6)治まらない場合は専門家へ!行われる可能性のある検査・治療方法

(1)検査方法

‐抗体検査

鼻の粘膜に侵入したウィルスの種類を調べるために抗体を調べることでウィルスの有無や種類を割り出します。検査自体は1時間以内で終わりますが、結果がでるまでは数日かかる場合があります。

‐内視鏡検査

鼻腔ファイバーといわれる内視鏡を鼻にいれ炎症の程度や腫瘤の有無を調べます。その場ですぐに調べることができます。

(2)治療方法

‐薬の投与

特定のウィルスや細菌による炎症が原因であれば原因に応じた抗生物質を服用します。この際、医師の指定した期間飲み続けることが重要となります。他の症状やアレルギーの場合はそれに応じて薬の種類は異なり、中には眠気が強くなる副作用があるものもあるため、医師に確認のうえ服用するようにしましょう。

‐手術

薬の効果があまりない場合や腫瘤が大きく生活に支障がある場合は手術によって治療を行います。日帰り手術になる場合が多いです。塞いでいる自然口を開いて鼻の本来の自浄作用を取り戻すため効果も高いといえます。

7)生活習慣を改善しよう!朝だけ鼻水が出る症状への予防習慣とは

(1)鼻をかみすぎない

日頃から花粉症などで鼻が詰まりやすい人は鼻を強くかんでしまう習慣がついてしまっている人がいます。強くかむまたはかみすぎることで鼻に炎症ができる場合があります。鼻をかむよりも医師に処方してもらった薬で症状を和らげるまたは鼻うがいなどで鼻内を傷つけないようにしましょう。

(2)湿度を保つ

部屋の湿度は40%以上を保つように意識しましょう。夏は湿度は高いですが、冬は比較できないほど湿度が下がります。そのため、加湿器や植物を部屋に置くなどして湿度を保つようにしましょう。40%以下になるとインフルエンザ菌や風邪の菌が繁殖しやすくなります。ただし、60%以上だとダニやカビが発生しやすいので注意しましょう。


 

きっかけはお医者さんの言葉でした。

多くのお医者さんが語っているのですが、女性の脚が太くなる原因があります。

正しく”あるもの”を解消できれば3割は細く見えるそうです

3日で太ももマイナス5cmの足痩せに成功した話題の方法とは

 


今回のまとめ

1)症状のチェックを!鼻水の2種類と特徴とは?

2)どうして朝に?朝だけ鼻水が出る3大原因とは

3)試せる応急処置はあるの?症状への対処方法とは

4)これって病気?病気かどうかのチェック項目と判断基準とは

5 )症状が続く場合は注意!考えられる2種類の病気とは

6)治まらない場合は専門家へ!行われる可能性のある検査・治療方法

7)生活習慣を改善しよう!朝だけ鼻水が出る症状への予防習慣とは