母の膝に座り本を読む子ども

100人に1~2人発症すると言われているアスペルガー症候群は、集団環境の中に適応できない発達障害の1種です。

今回はアスペルガー症候群と遺伝の可能性、その他の原因や治療法などをご紹介していきます。


   


アスペルガー症候群と遺伝の2つの関係!可能性とは


1)アスペルガー症候群とはどのような病気か

(1)アスペルガー症候群

アスペルガー症候群とは知的障害を伴わない物の、コミュニケーションについて特異性が認められるものです。男性の方が女性よりも数倍多いとされています。

(2)症状

アスペルガー症候群とは、言葉による会話能力があるのにも関わらず“周囲の人間との交流が難しい”“興味が特定の対象に限定されやすい”“日常生活がルーチン化しやすい”等の症状があります。


2)アスペルガー症候群の3つの種類とは

(1)軽度

軽度の場合にはアスペルガー症候群であると診断は受けてはいるものの、日常生活に支障をきたすほどではない物です。しかし、集団の中に適応していくことが難しい状況にあります。

(2)受動型

受動型の場合、空気が読めていて逆に必要以上に気にしてしまい距離感の摂り方が上手くいかない為に、周囲に合わせて行動するという人が多いです。周囲からは気づかれにくい傾向にあります。

(3)孤立型

自分の世界を持った人たちの事で、他人に興味がありません。自分の思いや考えが優先であり、他人よりもものに強く興味があり、相手の気持ちを考える、相手に合わせて行動することが苦手で自分の世界に没頭します。


3)アスペルガー症候群の前兆とは

(1)人と関われない・多動

3歳くらいまでに前兆は現れますが、目を合わせたり他の子どもと一緒に遊べません。またじっとしていられずに教室から飛び出してしまう事などがあります。

限られた物や行動、習慣にこだわりや同じことを何度も飽きずに繰り返して遊んだりします。同じルーチンで生活をし、そこにこだわりを持ちます。

(2)コミュニケーションが取れない・意思の疎通ができない。

言葉の遅延やおうむ返しが良くみられ、全く言葉が出ないという事もあります。

(3)パニック

自分の気持ちを上手く表現できない為に、欲求がある場合や慣れないことをした場合、やパニック状態を引き起こします。その時に自傷行為を起こすことがあります。

Doctor that prescribe medicine


4)アスペルガー症候群の3つの初期・中期・末期症状とは

(1)初期症状

行動上での現れは年齢や能力によって異なります。その中心的特徴であるコミュニケーション能力の欠陥が見られます。“1人で遊んでいる時間が長い”“言葉の理解をしていても言葉が出ない”などです。

(2)中期症状

3~6歳くらいにみられる特徴的な行動や周囲からの遅れが目立ってきます。

“言葉のおうむ返しが多い”“不安時に暴れる・泣き叫ぶ等のパニック症状”“瞬きの回数が多い”“特定の物に興味を示す”といった事があります。

(3)末期症状

学校など集団状況の場になると、症状が顕著に現れます。

“空気が読めない”“グループに溶け込めない”などで大人になっても“失言”“思った事を口にしてしまう”“あいまいな指示で行動が出来ない”といった事が起こります。


5)アスペルガー症候群の代表的な3つの原因とは

(1)原因不明

アスペルガー症候群の原因は、現在ははっきりと解明されていません。原因の一つに親の虐待などによる愛情不足と言われることもありますが、はっきりと解明はされていません。

(2)脳の障害

代表的な行動特徴の多くは認知発達の欠如であることから、脳機能の微妙な障害であるという考え方があります。

可能性として妊娠出産時の、ごく早期の何らかの障害のために脳の特定部に障害が生じた事と考えられています。

(3)遺伝

脳に何らかの異常をきたすとされていますが、遺伝的な要因も可能性があると言われています。


6)アスペルガー症候群の遺伝の可能性とは

(1)遺伝的要因

両親のうちどちらかが自閉的要因を持っている場合などに、子供に遺伝する可能性があります。子供のアスペルガー症候群を見てもらうために病院に行き、保護者も発達障害だったケースもあります。

(2)遺伝的問題からの克服

発達障害という病気を完全に克服するという事は難しいかもしれません。しかし、生活をしやすい環境を作っていくことはできます。

遺伝的要因で親子や兄弟でアスペルガー症候群という場合には、周囲のサポートが必要です。


7)アスペルガー症候群の遺伝との2つの関係性とは

(1)親からの遺伝

原因がはっきりはしていない物の“遺伝”である確率が高いという報告があります。どちらか片方の親がアスペルガー症候群であった場合、発症する確率は60%~90%となっております。

こうしたことから遺伝である可能性は否定できません。

(2)兄弟の発症率

親子だけではなく兄弟もアスペルガー症候群や発達性障害を持って生まれてくる可能性が高い事や、家族内にはいなくても、親族の中にアスペルガー症候群の人がいるなど発達障害を抱えている人が集まる家族がいることから遺伝は関係性が高いと言えます、

Doctors are encouraging patients


8)アスペルガー症候群の方がいる場合の3つの接し方のポイントとは

(1)指示は明確かつ簡潔に

具体的な指示の出し方をしなければ、理解をしてもらえません。何度注意しても同じミスを繰り返したりする場合などには、指示を出す側や伝え方に工夫が必要です。

(2)視覚からの情報

耳で聞いた情報よりも、視覚的な情報の方が理解しやすいといった傾向にあります。口頭だけでは不十分な場合にはメモやメールを使います。

(3)指示は一度に1つずつ

一度に2つ以上の指示を出すと混乱の元になります。そのため、指示をするときは1つずつ行い、終わって報告完了が来た時点で次の指示を出すような工夫が必要です。

(4)表現方法

否定的な言葉づかいで注意をされたり、叱られると劣等感や自己嫌悪に陥ってしまう場合があります。その為、肯定的な表現で注意をします。「~はダメ。」ではなく「~の方が良いよ。」とやる気が持続します。


9)家族にアスペルガー症候群の方がいる場合の3つの接し方のポイント

(1)現実を受け止める

アスペルガー症候群の人は、変わっているとみられるものの比較的高い学力を持っている事が多く、病気を認めたくないという人も多くいますが現実を受け止める事が大切です。

(2)問題共有

アスペルガー症候群の特徴としては、“社会性の欠如”“コミュニケーションスキルの欠如”

“臨機応変に対応が出来ない”といった事です。この中で何が問題なのかを見極める事が重要です。

(3)感情を理解させる

叱るのではなく質問を投げかけます。“相手の人が何を感じているの?”という事を聞きますが、“相手の事も考えたり、聞いた上げた方が良い”という事を伝えて、必要な事だと理解させることが重要です。


10)アスペルガー症候群の2つの検査方法とは

(1)自閉症スペクトラム指数

全部で50問のテストですが「アスペルガー診断テスト」というものがインターネットなどでも診断できます。アスペルガー症候群の可能性が高いか低いかがわかります。

(2)病院について

診察をしてもらうのに「発達障害外来」「アスペルガー症候群外来」のようなかを設けている大学病院や総合病院がベストです。もしくは、大学病院・総合病院の精神科でもよいでしょう。


11)アスペルガー症候群の3つの治療方法とは

(1)インリアルアプローチ

会話や遊びの中で子供と大人が相互に反応することにより、子供のコミュニケーション能力を伸ばしていきます。この方法は、パラレルトークやセルフトークなあどの言語心理学的技法を用います。

(2)間隔統合アプローチ

その場にあった行動が出来るように、簡単な運動などを取り入れて間隔入力を調整したり、運動機能し正反応をただしていきます。

(3)薬物療法

中枢神経刺激薬にコンサータとういう薬があり、6~18歳までの子供に処方されることがあります。その他にパニックを起こしてしまうような場合に処方される薬としては、睡眠導入剤や否定形型抗精神病薬などです。

原因がはっきりとしないため、アスペルガー症候群にならない予防法というのは難しいのですが、早期発見という意味で行動や発言など注意をしてみていく必要があります。


 

きっかけはお医者さんの言葉でした。

多くのお医者さんが語っているのですが、女性の脚が太くなる原因があります。

正しく”あるもの”を解消できれば3割は細く見えるそうです

3日で太ももマイナス5cmの足痩せに成功した話題の方法とは

 


今回のまとめ

1)発症要因には遺伝的要素が関係している可能性が高い。

2)アプローチの仕方について理解をする。

3)周囲の理解と接し方に注意をする。