病院で患者の問診を行っている医者

今回は、頭がくらくらするという症状の原因やそれにつながる病気についてご紹介させていただきます。頭がくらくらする場合には、隠れている病気が重大なことがありますので日頃からの予防方法などを交えながらご説明させていただきます。


   


頭がくらくらするのはなぜ?3大原因と病気のリスクとは


1)症状の解説!くらくらする症状の3つの種類と特徴の違い

(1)立ちくらみ

頭がくらくらする症状の一つとして、立ち上がった際に頭から血流が足元へと下がっていき脳が一時的に酸欠のような状態になるため身体ごとくらくらするというものがあります。立ちくらみは誰にでも起こりうる症状ですが、無自覚に通り過ぎる体質の人と頭がくらくらすることの他、失神や倦怠感を感じるなど過敏に反応してしまう体質の人が存在しますので、立ちくらみを感じるようになった場合には、病院での診察を受けることをオススメします。

(2)吐き気と末梢神経の痺れ

頭がくらくらする症状が起こった場合に中でも一番危険性が高い症状が、吐き気と末梢神経の痺れが伴う頭のくらくらは脳や神経系に関わる重大な病気が潜んでいる恐れがありますので、頭がくらくらすると同時に吐き気が襲ってくるなどがありましたら、脳神経外科などがあり病院への受診を早急に行うことをオススメします。

(3)全身の疲労感

頭がくらくらする症状の中には、現代社会とは切っても切れない眼精疲労によるものがあります。この場合、頭がくらくらすると全身に倦怠感や疲労感とともに吐き気による脳の病気に近い症状が併発することがありますのでご注意ください。また、眼精疲労が悪化すると脳の病気につながることもありますのでできるだけ目を休ませてあげることをオススメします。

2)何が原因?頭がくらくらする場合に考えられる3大原因とは

(1)貧血

頭がくらくらする症状が起こった場合に真っ先に思い浮かぶ原因が貧血という場合が多いかと思われます。貧血とは血液内のヘモグロビンと呼ばれる鉄成分が不足している状態を指し、脳へ運ぶ酸素量が大幅に減少し、頭のくらくらへと繋がっていくことがあります。徐々に症状が強まっていくことがありますので、自覚するまでに時間が掛かることがありますので、ご注意ください。

(2)低血圧

低血圧が頭のくらくらとなる場合には、立ちくらみが起きた際には低血圧症を疑うことをオススメします。立ちくらみが起こった場合には、横になっている体勢では血液が全体に均等な圧力で巡っていますが、体勢を起こした際に急激に頭にあった血流が下肢に流れて行くために血圧が下がってしまうことで頭のくらくら及び立ちくらみが起こってしまいます。低血圧症が起こる原因として自律神経の乱れが挙げられますので、生活様式を一定に保った健康的な生活を送ることをオススメします。

(3)肩こり

頭がくらくらする症状が起こった場合に、肩こりなどの筋肉緊張現象により首の筋肉と神経を伝って脳への血流現象が起こっていると考えられます。肩こりが原因で頭のくらくらが起こった時の特徴としては、足元に浮遊感があり頭部を動かした際に回転性の症状が伴うことがあります。

Woman with a headache

3)応急処置を試そう!めまいの症状への対処方法とは?

(1)ツボマッサージ

めまい症状の対処法として、耳の後方側の骨の膨らみから指1本分下にあるツボを上に押し込む形で刺激を与えると頭のくらくらに効果があります。また、首筋全体を押すようにマッサージをするとより頭のくらくら症状を抑える効果が増大しますので、オススメな対処法となっております。

(2)衣服を緩める

めまい症状の対処法として、身に付けている衣服の締め付けを緩めることで血流が改善し症状が引く場合があります。先述したとおり、頭のくらくら症状の原因は血流の異常が挙げられますので血流を圧迫するようなベルトやチョーカーなどの締め付けることにより装着する衣服から取り除くか緩めることでめまい症状を改善することが可能となることがあります。

4)症状が何日か続く場合は要注意?考えられる3種類の病気とは

(1)脳梗塞・脳卒中

頭がくらくらする症状が続いている場合に考えられる危険な病気として、脳梗塞と脳卒中が挙げられます。脳の病気ですので、発症した場合に完治する確率が低く後遺症が残る確率が高いという危険因子を持っているため、少しでも異常な頭のくらくらを認識した場合には自分の中で完結することなく、脳神経外科などの専門医への受診をオススメします。先述したとおり、これらの病気は末梢神経である手足の痺れと激しい吐き気にも襲われることがありますので、頭のくらくら症状を感じた時点で病院への受診をオススメします。

(2)鉄欠乏貧血

この病気は人間が健康を維持するために必要な鉄分が極端に欠乏し、頭のくらくらや動機と息切れが代表的な症状として挙げられます。貧血状態が続くと長い間の簡単な運動でさえ、疲労感や倦怠感を感じてめまい症状が頻繁に襲ってくるという病気となっております。鉄分を多く含むホウレンソウや小松菜などを取り入れた食事を摂って、鉄分を補給して貧血症状を改善することをオススメします。

(3)心因性

頭がくらくらするという方の多くには、日頃よりストレスを溜め込む傾向にある方がおり精神的な疲労は身体の異常へと繋がってくることがあります。病は気からという言葉通り、日頃からの精神的な疲れが頭のくらくらを始め様々な身体の病気を引き起こすことがあります。そのようなことに心当たりがありましたら、精神科医や相談できる専門機関への受診をオススメします。

Woman at doctor

5)病気の場合には?行われる可能性のある検査・治療方法

(1)聴覚バランスの検査

頭がくらくらする際には、眼精疲労の他聴覚障害などの現代社会の中で多く起こる要因を検査する必要があります。その中でも、聴覚に異常があると知ったうえで診察を受けることとそうでないことでは大きな差が出ますので、耳鼻咽喉科で聴覚検査と気道の検査を受けることをオススメします。一般的な聴力検査同様、音を聞き取る検査方法で身体を傷つける事無く検査を受けることが可能となっております。

(2)鉄剤や栄養剤の服用

貧血を起こしている場合のめまい症状へは、市販薬としてある鉄剤や栄養ドリンクなどで欠乏しているものを補うことが効果的とされています。貧血が原因となっていると考えられる場合には、定期的な採血による血液検査を受けることをオススメします。

(3)絶対安静

めまい症状や吐き気がある場合には、1度治まって安定するまで安静状態を保ち、体力を少し回復させてあげることをオススメします。頭がくらくらする場合には、症状が激しいなどがあれば適切な判断を患者自身が伝えることが困難な他、適切な処置を選択する医師側も無理をさせないように現段階でできる検査のみを行うことが多いため、ある程度回復したと感じた時に内科などの病院への受診をオススメします。

6)日常生活から改善を!頭がくらくらする症状への予防習慣

(1)食習慣

食習慣では、貧血予防の為にも鉄分を多く含む食材を適度に取り入れ、塩分過多にならないように気を付ける食事を摂ることをオススメします。一汁三菜を目安に、毎日できるだけ同じ時間帯の食事を摂ることで栄養摂取の効率が上がるとされていますので、オススメとなっております。

(2)運動習慣

脳梗塞などの重大な病気にならないためにも、健康的な生活の一環として運動習慣を心がけることをオススメします。1日30分程度のジョギングを行うだけでも、血液がさらさらになったり、食後であれば摂取したエネルギーの健康的な消費が見込まれます。

(3)睡眠習慣

睡眠習慣は、栄養の吸収と蓄えを効率的に生成してくれ、運動で使った筋肉やそれに伴う神経系の強化を行ってくれる時間となっているため、休息としてとても重要な習慣となっております。1日当たり6~8時間を目安に同じ時間帯での、就寝と起床を行うことをオススメします。


 

きっかけはお医者さんの言葉でした。

多くのお医者さんが語っているのですが、女性の脚が太くなる原因があります。

正しく”あるもの”を解消できれば3割は細く見えるそうです

3日で太ももマイナス5cmの足痩せに成功した話題の方法とは

 


今回のまとめ

1)症状の解説!くらくらする症状の3つの種類と特徴の違い

2)何が原因?頭がくらくらする3大原因とは

3)応急処置を試そう!めまいの症状への対処方法とは

4)症状が続く場合に・・考えられる3種類の病気とは

5)病気の場合には?行われる可能性のある検査・治療方法

6)日常生活から改善を!頭がくらくらする症状への予防習慣