コンピューターを見つめる医者

頭が痛い時は安静にしたり、また普段から頭痛もちの方であればいつもの頭痛薬を飲んでしばらく様子を見るといったところでしょうか。中にはすぐに病院で検査しないといけないような重大な病気が隠れている場合があります。今回は特に頭の後ろが痛いときの原因や解消法などをご紹介します。


   


頭の後ろが痛いのはどうして?4大原因と対処方法とは


1)何が原因?頭の後ろが痛い場合の4大原因とは

(1)筋緊張型頭痛

肩こりやストレス、精神的な緊張状態が続くことなどから頭周辺の筋肉が緊張し、肩から首、後頭部の筋肉が凝って血液の流れが悪くなることでおこります。

(2)後頭神経痛

ストレスなどから後頭部の筋肉が緊張し、脳の神経を圧迫することによっておこる頭痛です。

(3)偏頭痛

これもやはりストレスなどが原因で頭部の血管が過度に拡張することにより痛みとなって現れます。

(4)くも膜下出血

脳を覆う膜の一つ「くも膜」近くにある動脈瘤が破裂し、血管が破れて出血することが原因で、最も注意しなければならない頭痛の一つです。頭の後ろが痛い 場合 の 右側・左側 の違いで原因が異なる場合があります。例えば左側が痛い場合にはくも膜下出血が疑われ、意識を失うほどの激しい痛みがあります。右側が痛い場合、群発性頭痛などが考えられます。男性に多く発症し、アルコールや喫煙に誘発される事もあります。夜中に発症することが多く突き刺さる様な激しい痛みが伴います。

2)どんな症状が現れる?代表的な症状とは

(1)緊張性頭痛

肩や首周辺の筋肉が凝り、頭を締め付けられた様な痛みが数時間続きます。筋肉が少なく首の細い女性に比較的多い頭痛です。うつむいた姿勢でパソコンや作業を長時間行うなど、姿勢が悪いのも大きな原因となっています。

(2)後頭神経痛

脳を走る神経を圧迫することで、ビリビリとした痛みが数秒間走ります。痛みがだらだらと長時間続くことはなく、間が空くのが特徴です。また天気が崩れる前など気圧の変化によっても症状が出る事もあります。

(3)偏頭痛

脳内の血管の激しい拡張により、脈の動きにあわせてズキンズキンとした痛みが数時間続きます。ストレスや疲労、またカフェインの採りすぎが原因となることがあります。寝不足や寝すぎも原因となります。症状が重い場合吐気を伴うこともあります。

(4)くも膜下出血

突然、経験のないような激痛に襲われます。バットで殴られたような頭痛を感じたときは迷わず救急車を呼びましょう。痛みが治まった場合でも再出血の可能性が高いため必ず病院で検査をしましょう。

3)要チェック!くも膜下出血の4つのチェック項目

命に関わるとても恐ろしい病気です。くも膜下出血は徐々に痛くなるのではなく、突然の激痛から始まります。下記の幾つかの症状をご紹介します。

(1)吐き気・嘔吐

ほとんどの場合吐気や嘔吐を伴います。

(2)高血圧

血圧による影響も大きく、高血圧の人は注意が必要と言えます。

(3)喫煙者・高コレステロール

その他に喫煙している人、コレステロール値の高い人なども気を付けておいた方がよいでしょう。

(4)めまい・ひどい頭痛

くも膜下出血はほとんどの場合前兆がないと思われていますが、めまいや今までにない頭痛、普段と違う血圧の動きがあれば受診しておきましょう。健康診断で自身の体の状態を認識し、定期的に脳ドッグを受ける事も予防に効果的です。くも膜下出血の予防は成人病の予防と同じです。高血圧やコレステロール値が高い人は生活習慣を見直す事が重要です。大変なことになる前に危険因子を取り除きましょう。

Woman with migraine in doctor's office

4)試せる処置とは?頭の後ろが痛い症状への対処方法

くも膜下出血の場合のような頭痛はすぐに受診しなければなりませんが、あまり心配のない頭痛の場合は自分で解消できる方法がいくつかあります。痛み方によってその対処法も変わってきますので、どのタイプの頭痛なのか分かった上で下記の方法を試してみてください。

(1)筋緊張性頭痛

重く締め付けられたような痛みの場合は下記のように対処を試みましょう。肩や首の血行を良くするために凝りのある部分を温めましょう。タオルを温めて首や肩にのせるのも手軽な方法です。入浴や首や肩のストレッチも効果があります。首や肩はひどく凝ってしまうとなかなかほぐれないので、少し凝ってるなと感じた時からストレッチをしておくと不快な症状に悩まされることも減ると思います。疲労に効くとされるビタミン剤も効果がありますが、即効性はないので疲労を感じる前から服用しておきましょう。

(2)後頭神経痛や偏頭痛

ズキズキする痛みの場合は下記のように対処を試みましょう。拡張しすぎた血管を収縮させるために、痛いところを冷やし、光を避けた所で安静にしましょう。月に10日以上頭痛があるような場合は予防薬を処方してもらう事もできます。

5)日常生活から改善を!頭の後ろが痛い症状への予防方法

そのほか日常生活でできる予防のポイントをご紹介します。

(1)ビタミンB2・マグネシウム

ビタミンB2(納豆やレバー、葉野菜など)やマグネシウム(大豆食品やナッツ類、海藻類など)を多く含む食品を積極的にとり、カフェインのとりすぎや暴飲暴食は避けましょう。

(2)猫背・姿勢に注意

同じ姿勢で長時間の作業をする際は適度に休憩し肩や首を動かしましょう。猫背にならないよう、あごを少し引いて背筋を伸ばした姿勢を心掛けるだけでも違ってきます。

(3)適度に筋肉をほぐす

ウォーキングや水泳(クロール)で肩甲骨をしっかり動かす事で肩こり解消や代謝アップも期待できます。

(4)自分に合ったストレスの解消を

ストレスや疲労は大敵です。全くストレスのない生活は現代人にとってかなり難しいところですが、自分なりのリラックス法を見つけておきましょう。頭痛の8割は心配のない頭痛と言われています。日頃から上記ポイントを意識することで、健康で快適な毎日を送りましょう。


 

きっかけはお医者さんの言葉でした。

多くのお医者さんが語っているのですが、女性の脚が太くなる原因があります。

正しく”あるもの”を解消できれば3割は細く見えるそうです

3日で太ももマイナス5cmの足痩せに成功した話題の方法とは

 


今回のまとめ

1)何が原因?頭の後ろが痛い場合の4大原因とは

2)どんな症状が現れる?代表的な症状とは

3)要チェック!くも膜下出血の4つのチェック項目

4)試せる処置とは?頭の後ろが痛い症状への対処方法

5)日常生活から改善を!頭の後ろが痛い症状への予防方法