オフィスで仕事中に椅子で休む女性

便秘と頭痛、関係なさそうに思える2つの症状ですが、実は密接な関係があることが最近分かってきました。丘の調子も悪く、頭痛もするという状況は厄介ですよね。

今回は、その原因から対処方法まで紹介していきましょう。


   


便秘と頭痛への3つの解消法!6つの特徴とは


1)便秘と頭痛との意外な関係

(1)体は全て繋がっている

まず、私達の身体の機能は全て繋がっていると言う事を意識してみましょう。もちろん、一つ一つの働きは違いますが、どれ一つ欠けても何らかの支障をきたしてしまいます。

内臓にしても、筋肉にしても、重要で私達が生きていく上では必要不可欠です。前置きが長くなりましたが、便秘と頭痛もこのことが大いに関係しているのです。

(2)2つの共通点は筋肉の緊張状態

私たちは、用を足す時に、身体には思った以上に負荷をかけています。この時、筋肉が緊張状態になればなるほど、頭痛を引起しやすいのです。

そもそも、頭痛とは一般的に筋肉の緊張から引起される、「コリ」が原因となって生じます。ですから、便秘で、便が出にくくなるほど筋肉に負荷がかかり、頭痛を発症してしまいます。

もともと、私達の身体の筋肉も身体全体で繋がっている訳ですから、もちろん理屈も理解できるのでないでしょうか。ですから、便秘気味の方は、実は頭痛になりやすいと言うことになります。


2)便秘になりやすい人の6つの特徴

ある意味、現代病といえる症状である便秘ですが、実際になりやすい人と、なりにくい人がいるのが事実です。では、便秘になりやすい人と言うのはどのような特徴を持っている方なのでしょう?

 (1)緊張しやすい

何事にも緊張しやすい人が便秘になりやすいようです。人間関係、仕事、学校など日常生活の場面で何かと緊張しやすい人が便秘になりやすいと言われています。やはり、緊張状態が筋肉の緊張も引きおこし、それが便秘の症状にもなると言われています。

(2)姿勢が悪いことが多い

姿勢が悪い人も便秘になりやすいようです。姿勢が悪いと何かと、様々な病気に繋がると言われていますが、実は、便秘にも言える事。姿勢が悪い、とりわけ猫背気味の方は要注意です。内臓を圧迫してしまう事で、便秘になりやすい症状を自ら招いていると言えます。

(3)食べ過ぎに注意

やはり腹八分目が理想です。適度な量を食べることで、胃に負担をかけないので、良いとされていますが、これは便秘にも言える事です。

胃に負担をかけないことが、結局腸にも負担をかけないことになり、消化作用を整えることになります。これが、便秘になりやすいことになりますから、やはり、食べすぎは避けたいものです。

Doctor nutritionist writing case history in the office. Young woman dietitian prescribing recipe.

(4)運動不足に注意

普段から、あまり体を動かさない方も便秘になりやすいと言われています。これも、体が硬直状態になっていることで、筋肉が緊張状態にあるので、便秘になりやすい体質であるといえます。

やはり、適度な運動をするほうが良いのですが、逆にスポーツジムなどで、「バリバリ」身体を

鍛えている方も、実は便秘になりやすいと言われています。

(5)睡眠不足に注意

睡眠不足は万病の元です。睡眠不足は万病の元。やはり、私達の身体の機能を整える上で、睡眠は必要不可欠です。最低8時間、夜22時から夜中2時に寝ると良いとされています。

この時間が「睡眠のゴールデンタイム」と言われています。身体を整えてくれるホルモンが分泌される貴重な時間。ですから、寝る時間が不規則で、しかも睡眠時間が短いのであれば、便秘も引起しやすいと言えます。

(6)薬の副作用に注意

実は、以外にも、薬による副作用が原因で、便秘になると言われています。例えば、頭痛薬を処方してもらうと時に、一緒にお腹を守るお薬も処方されることが一般的なようですが、頭痛薬はお腹の特に、胃腸への刺激が強いからです。

それが、便秘の原因となってしまいます。皮肉にも、頭痛を抑えようとすると、便秘になり頭痛を引起すと言う悪循環になってしまうようです。


3)便秘の解消に効果的な3つの行動

ここまで見てきたように、便秘になりやすい方の特徴として、「緊張」が一つのキーワードとなるようです。ですから、ここからは緊張をほぐしながら便秘解消に繋がるポイントをいくつか紹介しましょう。

(1)入浴

お風呂に入ることは、様々な効能をもたらしてくれますが、その代表的な効能として、「リラックス効果」ではないでしょうか。

お風呂に入ることで、浮力の働きで筋肉が重力から開放されます。そのことで、緊張がほぐれることで、リラックス効果を生み出します。この効果が、便秘だけでなく頭痛そのものも和らげてくれます。

お風呂の温度にも注意したいものです。38度前後が良いとされています。それ以上の温度ですと、体が急激に温まってしまいます。逆に、それ以下ですと身体が温まりにくいので、血管を凝縮させてしまいます。

(2)植物油を摂取

植物油、代表的なのはオリーブオイルや、亜麻仁油ですが、これらは栄養価が高いだけではなく、整腸作用もあると言われています。

特に、オリーブオイルは便の潤滑油となってくれます。便秘時には積極的に摂りたいものです。

(3)腸の活性化

腸を活性化させるには腸を適度に刺激することです。掃除には実は、様々な運動が含まれて居ます。特に、雑巾がけの姿勢が腸を刺激して、動きを活性化させてくれるようです。タダで出来るお手軽な対策です。


 

きっかけはお医者さんの言葉でした。

多くのお医者さんが語っているのですが、女性の脚が太くなる原因があります。

正しく”あるもの”を解消できれば3割は細く見えるそうです

3日で太ももマイナス5cmの足痩せに成功した話題の方法とは

 


今回のまとめ

1)緊張が一つのキーワードです。何事も緊張しやすい方が便秘になる確率が高いようです。

2)日常生活の習慣も便秘の原因です。特に、寝不足気味の方は要注意です。

3)便秘解消には、リラックスが一番です、また、掃除なども効果的です。