気分が悪い女性の話を聞く医者

最近巷で話題のプチ断食やファスティング。ダイエットや健康のために始める人が多いかと思いますが、その断食は時としてひどい頭痛を引き起こすこともあります。

今回は断食をすると起こる頭痛の原因対処法についてご紹介します。


   


断食中の頭痛への2つの解消法!頭痛の原因とは


1)断食の時の体内の3つの変化

(1)内臓機能の改善

断食を行うことで、肝臓や腸といった消化・吸収に働く器官を休める働きがあります。

現代人の食生活は過食と添加物が問題視されており、大量の食事や添加物を分解することによって消化・吸収器官に過度の負担が掛かり、さらに消化に伴って毒素が発生するのです。

それによって消化・吸収機能の低下、睡眠不足や疲労回復の妨げ、肌荒れ、人によってはアレルギー反応が出るなど健康に悪影響を及ぼしてしまいます。

断食によってこれらの器官を休めることで、デトックスと呼ばれる蓄積された毒素を排出したり、機能を元通りにしたりする効果があり、結果として体調が良くなっていきます。

(2)免疫機能の改善

断食によって腸内環境が改善されると免疫機能が高まります。腸内には善玉菌と呼ばれる免疫力を高める腸内細菌や、リンパ球と呼ばれる免疫細胞が多く集まっており、これらが人間の身体を様々な有害物質から守っています。

ところが食生活の乱れから腸内環境が悪化すると善玉菌やリンパ球の数が減少し、免疫機能が低下します。免疫機能が低下すると体調不良や風邪、酷い時にはガンなどの重い病気を引き起こすのです。

人体の全免疫システムの 70%は腸が担っているといわれるほど、腸は健康のた めに重要な器官ですので、断食によってその腸内環境を改善ずることは健康に とってとても効果的であると言えます。

(3)体内の脂肪燃焼

断食中も身体は活動しなければいけませんから、エネルギーが必要です。そのエネルギー源は食べ物が体内に入ってこない時には肝臓や筋肉に貯蔵されているグリコーゲン、さらには脂肪を分解してできたエネルギー源を利用しま

す。断食にダイエット効果があると言われているのは、この脂肪分解ためです。


2)断食中に頭痛が起こる2つの原因

それでは、なぜ断食中に頭痛が起こるのでしょうか。考えられる原因は2つあります。

(1)低血糖

1 つは断食による炭水化物カットが引き起こす「低血糖」という状態です。脳の 唯一の栄養素である糖は炭水化物を消化することで作られますが、断食中にそ の糖質が不足し、低血糖に陥ると、頭痛が引き起こされやすくなります。

(2)脂肪燃焼

2 つ目は先ほどご紹介した「脂肪燃焼」に原因があります。断食中、低血糖状態 で脂肪の燃焼が起こると、不完全燃焼となり、ケトン体という物質が発生します。

このケトン体が糖が不足している時の脳の代替エネルギーになるのですが、 脳がこのケトン体を栄養とすることに慣れておらず、拒絶反応として頭痛が引 き起こされるのです。

脳の栄養は糖以外にありませんから、断食を行って糖質の元になる炭水化物を カットしてしまうと、これら2つの理由により頭痛が起こってしまいます。

気分が悪い女性に説明する女性医師


3)断食中にできる頭痛を和らげる2つのポイント

では、この頭痛にどのように対処していけばいいのでしょうか。いくつかご紹介します。

(1)断食のやり方を考え直す

断食という食習慣を変える行為をいきなり行えば、大なり小なり身体には異変が起こります。頭痛がひどいものであれば、それは断食の行い方が極端であっ たと考えられます。

このまま無理やり乗り切るのではなく、断食における食事の制限の仕方を少し変えてみましょう。

例えば、食事を全ていきなり酵素ド リンクだけにするのではなく、夜だけは酵素ドリンクにする、一回の食事を腹6分目から始めてみる、など少しずつ身体を目標とする断食のやり方に適応させ ていく方法がベストです。

極端なやり方は効果がすぐに表れて魅力的ですが、その一方で身体を痛めつけることにもつながります。なんのために断食をしているのかわからなくなりますよね。

(2)少量の糖質を摂取

断食のやり方を考え直し、それでも頭痛が起こることはあるかもしれません。そんな時に頭痛を和らげるためには、少量の糖質を摂取しましょう

。糖質と言っても、ジュースや果物など「果糖」と呼ばれる種類の糖質を摂ると、果糖は吸収が早いため血糖値の急激な上昇を引き起こしてしまいます。

急激な血糖値の上昇はインシュリンの分泌を促し、血糖を抑えてしまうので、かえって低血糖になってしまいます。

糖質の急激な上昇を防ぎながら糖質補給を行うには、ハチミツがオススメです。ミネラルなどの他の栄養素も含まれていますし、断食中にはうってつけの食品です。


   


今回のまとめ

1) 断食には肝臓や腸といった消化・吸収に関わる器官を休め、毒素を排出し、機能を改善させる働きがある。

2) 断食によって腸内環境が改善し、腸内に多く存在する免疫システムが高まる。

3) 断食によって脂肪をエネルギーに変えるため、脂肪燃焼効果がある。

4) 断食中の頭痛は低血糖と生成されたケトン体への脳の拒絶反応が原因である。

5) 断食中の頭痛を和らげるポイントは食事制限を緩めることと、はちみつで糖質を摂取することである。