Doctor examining old patient throat

原因がいまいち分からない頭痛に悩んでいる人も少なくないでしょう。歯の詰め物や被せ物は誰でも一つ二つは持っているものです。

この歯の治療が、 実は頭痛にも大きな影響を及ぼしているかもしれないというのはご存知でしたか。今回は歯の詰め物・被せ物と頭痛との関係をご紹介します。 


   


頭痛の原因は銀歯?歯の詰め物と頭痛の関係


1)歯の詰め物・被せ物の大まかな種類一覧とは

詰め物が必要な歯の病気とは、主に虫歯治療が当てはまります。虫歯が比較的小さい段階では、虫歯を部分的 に削って詰め物や被せ物といった処置をします。 

歯の詰め物・被せ物にも様々な種類があります。大きくは保険診療で使用され る素材か、自費診療で使用される素材かに分けられます。

(1)保険診療 

コンポジットレジン充填(詰め物) 

硬質レジン前装冠(被せ物) 

銀歯(詰め物/被せ物)

 (2)自費診療 

ジルコニアセラミッククラウン(被せ物) 

オールセラミック(被せ物) 

メタルセラミック(被せ物) 

フルジルコニアクラウン(被せ物) 

セラミックインレー(詰め物) 

ハイブリッドセラミックインレー(詰め物) 

ゴールドインレー(詰め物/ゴールドクラウン(被せ物)) 


2)銀歯・金属・詰め物の成分とは

歯の詰め物、被せ物で有名なのが銀歯ですが、その成分は「金銀パラジウム合金」と「ニッケルクロム合金」の 2 種類が使用されます。

他にも、プラスチックやセラミック(陶器)、金銀パラジウム合金とセラミックの混合、金合金があります。

また虫歯治療での詰め物や被せ物に、アマルガムという合金が用いられている可能性があります。このアマルガムは、なんとその半分は水銀で出来ています。 


3)銀歯、金属が身体や頭、脳にもたらす影響とは

歯の詰め物に使われている銀歯や金属によって、口腔内に金属アレルギーを引き起こす可能性が指摘されています。

もともと皮膚に金属アレルギーが現れや すい体質だったり、数年後や十数年後に蓄積されたものが症状となって表れる こともあります。 

口腔内に金属があると、口の中に微弱な電流が流れ、それが人体に影響を与え る可能性があります。これを「ガルバニー電流」といいます。これは、例えば アルミホイルを噛んだ時にも現れ、嫌な感触や不快な感じを与えます。

脳や神 経系の伝達は電気信号によって行われますから、このガルバニー電流が脳の誤 作動を引き起こすと考えられています。

脳だけでなく、様々な体の不調もこの ガルバーニ電流が関係しているのではと考えられています。

例えば体調不良やめまいといった、特に原因の見当たらないものは数多くありますが、このガルバーニ電流について対処すると、症状が改善するという例が見られます。

また、銀歯が電磁波のアンテナとして働いている可能性も、指摘されています。 

パソコンや携帯電話から発せられる電磁波を銀歯が受け止めてしまい、体内に 電磁波を取り込みやすくなっていることが、健康を害する原因と考えられてい ます。

先ほどご紹介したアマルガムは成分に水銀が含まれていますが、この水銀が唾 液で少しずつ溶け出して内臓にたまり、身体の至る所で悪影響を及ぼしている可能性が考えられています。

もちろん、アマルガムには人体に悪影響を及ぼさない無機水銀が用いられていますが、体内でその無機水銀が有機水銀に変化し ないとは言い切れないことから、問題視されています。

デスクトップに指をさす男性医師
 

4)銀歯・金属と頭痛との関係とは 

銀歯と電磁波の関係や、アマルガムの水銀の影響で、頭痛が引き起こされるこ とがあります。脳内にも微力ながら磁力を感じる器官が存在します。

それらが電磁波によって狂わせられることが、片頭痛を引き起こす原因の一つである、 という可能性が指摘されています。 

また、ガルバニー電流によって脳の電気信号に異常が発生すると、痛覚神経も正常に働かなくなり、頭痛などの症状が現れることがあります。

脳内を流れる電気信号は、様々な情報を処理するために不可欠なものです。

脳が誤った認識 をしてしまえばそれが身体に影響となって表れることがありますが、原因不明 の頭痛もその可能性があるのではと医師が警鐘を鳴らしています。 


5)対処方法とは 

(1)セラミック

歯の詰め物、被せ物はすべてが金属というわけではありません。先ほどご紹介 したように、セラミック(陶器)を用いたものも多く存在します。

原因不明の 頭痛に見舞われたときは、歯科医院で相談してみましょう。銀歯や金属による 詰め物、被せ物をセラミックのものに変えるだけで、頭痛が改善したという例もあります。 

(2)金属との接触を極力避ける

しかし一方で、すべての銀歯を入れ替えるというのはなかなか簡単ではありません。セラミックの詰め物・被せ物は銀歯と比較すると高価です。

病院によって多少の差はありますが、一本につき数万円はかかると言われています。

そこまでは出来なくとも、スプーンや缶ジュース、電子レンジなどを極力近づけない、などの工夫をすることによって、頭痛は軽減することが分かっています。 


   


今回のまとめ

1)歯の詰め物、被せ物はおもに虫歯に対する治療法であるが、その材質は合金 であったり、陶器であったり、金であったり、様々である。 

2)特に、金銀パラジウム合金とニッケルクロム合金が、用いられる成分として は有名であるが、その中には水銀が含まれていることがある。 

3)合金中に含まれる水銀が、人体に悪影響を及ぼすこともあるが、必ずしも言 い切れない。

 詰め物や被せ物に用いられている金属が、脳内に電磁波やガルバニー電流を 流す原因となっている可能性がある。 

4)電磁波やガルバーニ電流が、脳内の電気信号を狂わせ、その結果頭痛といっ た身体の不調を引き起こす可能性がある。 

5)対処法としては、詰め物・被せ物の金属をセラミック(陶器)に変えるか、 電磁波を流すものに極力近づかないというのが重要である。