マスクをしている女性

風邪の症状として代表的な鼻づまり。仕事や勉強に集中できなくてつらいですね。そんな鼻づまりの症状と同時に顔が痛む場合は、他の重い病気の可能性があります。ここでは、鼻づまりと一緒に顔が痛い時の対処方法や原因について解説していきます。


   


鼻づまりで顔が痛い?試したい3つの対処方法と原因とは


1)そもそも鼻づまりとはなに?代表的な症状とは

なぜ人は鼻で呼吸をするのでしょうか。それは、吸い込んだ空気を適度に加湿、加温し、殺菌する効果があるためです。口呼吸で冷たく乾燥した空気を体内に取り入れると、気道が傷ついてしまう恐れがあります。鼻づまりとは、片方あるいは両方の鼻がつまることを言います。主な症状として、寝つきが悪くなる、過剰な鼻水、くしゃみ、味覚・嗅覚異常が起こります。また、鼻での呼吸が困難になるので口呼吸をしがちになります。

2)理解しておこう!鼻づまりの3大原因とは?

(1)粘膜の炎症

鼻づまりは鼻の粘膜が炎症を起こすことによって引き起こされます。例を挙げると、風邪、インフルエンザなどの感染症、花粉症と言ったアレルギー性のものなどがあります。

(2)腫瘍

粘膜の炎症の場合は両方の鼻の穴、あるいは左右の穴で交互に鼻がつまるのに対して、いつも片方の同じ側の鼻がつまっている場合は、腫瘍ができている可能性があります。

(3)鼻に異物が入る

鼻の中に虫や小さなキャップなどが誤って入ることによって鼻がつまります。

3)鼻づまりと顔が痛い症状の関係とは?3つの理由・メカニズム

(1)骨格の構造的理由

鼻の穴の周りの骨には、左右で4個ずつ、合わせて8個の空洞があり、これを副鼻腔と言います。この副鼻腔と鼻の穴は細い通路で繋がっており、ここから副鼻腔に細菌が侵入することで炎症を起こし、それが顔面の痛みの原因となります。

(2)空洞に膿が溜まるため

副鼻腔の炎症が長期に及ぶと膿が溜まってきます。この膿が顔面を圧迫することによって、顔の痛みを生じます。

(3)黄色ブドウ球菌による炎症

人の鼻の穴付近には黄色ブドウ球菌が存在することがあり、汚れた手で鼻をこするなどして傷がつき、そこから菌に感染して痛みを生じます。

Doctor has devoted a stethoscope to men

4)試せる処置はある?鼻づまりで顔が痛い症状への対処方法

(1)鼻水は丁寧にかむ

強引に鼻をかむと、鼻の穴の気圧の変化により顔の痛みが悪化する可能性があります

(2)温める

熱いおしぼりで鼻の両側を抑えて温めることで、痛みが緩和されます。

(3)ツボを押さえる

親指と人差し指の付け根に合谷というツボがあります。痛みが出ている側の手の合谷を押すと、顔の痛みを緩和することができます。

5)鼻づまりで顔が痛い場合に考えられる3種類の病気とは

集中力がでない、鼻がつまって息苦しい、鼻水がドロドロしていて黄色い、臭いがする、顔が痛いといった症状が出たら、何らかの病気の可能性があります。

(1)副鼻腔炎

風邪などの感染症により副鼻腔内部が炎症を起こすことによって起こります。鼻水、鼻づまりの他、頭痛、発熱などの症状があります。

(2)蓄膿症

副鼻腔炎が慢性化したものを蓄膿症と言います。副鼻腔に膿が溜まり、顔面痛、味覚障害などを引き起こします。

(3)鼻前庭炎

鼻前庭炎は鼻の穴のすぐ内側が炎症を起こして腫れあがった状態です。鼻の入り口付近に痛みを感じます。主に黄色ブドウ球菌による感染が原因です。症状が進行すると命の危険のある海綿静脈洞血栓が起こる可能性が出てきます。

Doctors who have medical records and doctors have a tablet

6)専門医で行われる可能性のある検査・治療方法とは

(1)副鼻腔炎

鼻鏡や内視鏡で鼻の穴を見て、鼻水の状態や粘膜の状態を確認します。目で見るとこができない空洞を検査するにはレントゲンを用います。治療には、原因となる菌を抗生剤で除去、ステロイドでの炎症の抑制を行っていきます。例として、ネブライザー療法という、抗生剤、ステロイドなどを含んだ液体を霧状に噴射し、それを鼻から吸い込んで鼻の中に薬剤を行き渡らせる治療方法があります。症状がひどく、薬剤での治療で効果が見込めない時は、手術により状態の改善に当たります。

(2)蓄膿症

最初に内視鏡で鼻の状態を確認し、溜まった膿を探します。その後にレントゲンで、副鼻腔炎の場合と同様に副鼻腔内の検査を行います。頭痛が重い場合は、目の奥に膿が入り込んでいることも考えられるので、MRIで検査する必要があります。治療にはマクロライド療法という薬物療法が一般的に用いられます。これは、長期間にわたってマクロライド抗生物質を投与する方法で、細菌の繁殖を抑える効果があります。薬物による効果が見られない場合は、副鼻腔を手術によって開き、炎症した部位を取り除きます。

(3)鼻前庭炎

鼻前庭炎は鼻鏡を用いた検査ですぐに判断できます。治療には抗生物質の塗布を行います。腫瘍が大きい場合や抗生物質の効果が見込めない場合は、手術によって膿を取り出す必要があります。

7)日々の生活から改善を!鼻づまりの症状へ日常からできる予防方法とは

(1)うがい、手洗い

鼻づまりは風邪、アレルギー性の原因が大半を占めます。なので、外出時のマスク、帰宅したらうがいと手洗いを心がけましょう。

(2)栄養のある食事を摂る

風邪を引かないように、ビタミン、ミネラルなどの栄養バランスを考えた食事を摂るようにします。

(3)室内の掃除

ハウスダストは鼻づまりの原因にもなります。日頃から掃除をして、室内は清潔に保ちましょう。


   


今回のまとめ

1)そもそも鼻づまりとはなに?代表的な症状とは

2)理解しておこう!鼻づまりの3大原因とは?

3)鼻づまりと顔が痛い症状の関係とは?3つの理由・メカニズム

4)試せる処置はある?鼻づまりで顔が痛い症状への対処方法

5)これって何かの病気?病気かどうかのチェック項目と判断基準

6)鼻づまりで顔が痛い場合に考えられる3種類の病気とは(重要テーマ)

7)専門医で行われる可能性のある検査・治療方法とは

8)日々の生活から改善を!鼻づまりの症状へ日常からできる予防方法とは