夜なかなか眠れない女性

花粉症や鼻かぜによる鼻炎などで、鼻水が溜まりそのせいで寝苦しい夜を過ごした方は多いかと思います。そんな鼻水をなんとかしたい・・今回は夜に鼻水が続いて眠れない場合の対処方法や原因、病気の可能性についてご紹介します。


   


夜に鼻水が続いて眠れない?試したい3つの対処方法と原因


1)種類の違いはあるの?鼻水の2つの種類と特徴

(1)鼻をかむことができる

時間が経つにつれて詰まった感覚が強くなり、ティッシュで鼻をかむと大量の鼻水を排出する。色がついていることがおおく、出すことですっきり感をもてるがまた時間が経てばつまる。

(2)かんでも出ない

つねに詰まった感覚があり、鼻をかんでもあまり鼻水は排出されない。この場合、透明または白っぽい鼻水であることが多い。

2)夜に出る鼻水はなに?寝ている時に出る鼻水の3大原因とは

(1)アレルギー

昼や外出しているときが多い人は特に、家に帰ってベッドに寝ることで鼻水や咳が出る場合があります。寝室にあるホコリ、ハウスダストに反応して寝ているときに鼻水の症状が強く出る場合があります。

(2)マスト細胞

花粉症やぜんそくのきっかけとなる免疫細胞の1つ、マスト細胞が自身で反応を強くする時間をもち、それが夜、寝ているときの場合鼻水や咳など、外からの異物を外に出そうとする反応が強くなります。

(3)風邪

ウィルスや細菌が粘膜に張り付いたことでそれを外にだそうとする免疫反応から鼻水が出る場合があります。炎症を引き起こすと症状が長引き、夜だけでなく昼間も症状が続きます。

3)試せる応急処置はある?症状への3つの対処方法

(1)マスク

鼻の粘膜が乾燥すると炎症が起きやすいと同時に外からの侵入物であるホコリや花粉などが張り付きやすくなります。マスクによりまず侵入を防ぐとともに保湿を高めるようにすることで症状が和らぐ場合があります。

(2)仰向けに寝ない

仰向けに寝ると詰まってる鼻水が鼻と喉の間につまり息がしにくくなります。口呼吸になると喉にも異常がでやすくなるので横向けになり鼻の左右どちらかの穴で呼吸をするようにしましょう。

(3)鼻うがい

水を鼻の中にいれて吸い込み、のどまたは鼻から水を再度だしうがいをします。保湿するとともにすでに侵入したほこりやウィルスなどを外に追い出すことができます。慣れていないと痛みがでるためうまくできない場合があります。そんな方は市販されている鼻うがい専用の洗浄液を使用することも効果的です。

doctor giving pills to woman at hospital

4)これって病気?病気かどうかのチェック・判断基準とは

病気かどうかのチェックは鼻水を調べることが手っ取り早いといわれています。白くて透明な場合はアレルギーによる体の免疫機能や風邪の治りかけを示し、ウィルスや細菌の感染により炎症が起こっている場合は黄色や緑の場合があります。また、粘り気が強いほど病気の可能性も高いといわれています。鼻水以外では鼻の症状以外に頭痛や喉の痛み、咳などの症状がある場合は病気である場合があります。

5)症状が続く場合に・・考えられる3種類の病気とは

(1)慢性鼻炎

長期にわたり鼻づまりが続くこの病気は原因がわかりづらいというのが特徴です。時間や季節に関係なく、鼻水が出るのが特徴であり、その症状が原因で風邪などにひきやすくなります。症状は様々で臭覚難聴、頭痛などといった症状が出る場合があります。

(2)副鼻腔炎

鼻の中にある副鼻腔というスペースに炎症が見られる病気です。ウィルスによる侵入が原因でウィルスの中にはインフルエンザもよくみられます。鼻水が黄色く、異臭がするといった症状の特徴があり、免疫力の低下によってなりやすい病気といえます。

(3)鼻茸

鼻ポリープとも呼ばれているこの病気、鼻の中の炎症が進行、悪化し腫瘤となる場合がほとんどといわれています。鼻づまりが主な症状ですが、他にも頭痛や味覚障害、臭覚障害などの症状も引き起こす場合があります。

6)病気の場合には?行われる可能性のある検査・治療方法

診察の際は耳鼻科または耳鼻科や消化器科がある総合病院で診察を受けましょう。

・検査

(1)内視鏡検査

鼻の中に小さく細いカメラを挿入し、炎症の度合い、腫瘍の有無などを調べます。少し体には負担がありますが、確実かつすぐに結果がでる検査であり、最近ではカメラ自体も小さく無理なく受けることができるようになっています。

(2)細菌検査

炎症がある場合、その炎症の原因となる菌、ウィルスを調べます。鼻の奥にある分泌を取り出して調べます。結果がでるまで3日ほどかかる場合があります。

・治療

(1)薬の服用

鼻の症状には一般的に薬の服用により症状を弱め、病気を完治することが一般的となっています。花粉症の場合、ウィルスの場合など原因により様々な薬を使用します。費用や期間は症状により異なるため、医師に事前に相談をしましょう。

(2)手術

鼻の中にポリープがある場合それを摘出、症状が長引く場合はレーザーで粘膜を焼くなどといった手術を行い症状や原因となる箇所を直接治療します。期間や費用は事前に医師に相談をするとともに再発する可能性なども聞くようにしましょう。

7)日常生活から改善を!鼻水が止まらない症状への予防習慣

(1)鼻をかみすぎない

いつの間にか鼻をかむことが癖になってしまっている人は鼻をかむことで逆に粘膜に傷をつけてしまっている場合がある。鼻水血がにじむ、鼻の周りが赤くなるといった症状がある人は鼻をかむことが強くなっているまたは回数が多すぎる場合がある。

(2)アレルギー症状がでるのを避ける

アレルギーを持っている方は原因が何かを病院で調べるようにしましょう。原因を把握したうえで、症状を事前に防げるよう医師と相談の上、アレルギーの薬を服用、原因となる動物、植物には触れないようにするなどで症状で鼻の粘膜に炎症が起きないようにしましょう。

(3)免疫力を低下させない

免疫力が低下するとウィルスや細菌、乾燥に弱くなり、鼻の炎症が起きやすくなります。免疫をおとさないためにも毎日、湯舟に入る、ジョギングやヨガなど適度な運動をすることを日常生活に取り入れましょう。粘りのある食べ物、納豆やめかぶなどを意識して摂取するようにしましょう。


   


今回のまとめ

1)種類の違いはあるの?鼻水の2つの種類と特徴

2)夜に出る鼻水はなに?寝ている時に出る鼻水の3大原因とは

3)試せる応急処置はある?症状への対処方法とは

4)これって病気?病気かどうかのチェック・判断基準とは

5)症状が続く場合に・・考えられる3種類の病気とは

6)病気の場合には?行われる可能性のある検査・治療方法

7)日常生活から改善を!鼻水が止まらない症状への予防習慣