シニア女性に資料を見せる男性の医者

風邪の時の主な症状として、鼻水が出る。これは、誰しも不快感を覚えるのではないでしょうか。そんな症状がさらに、不快な頭痛を引き起こす場合もあります。

今回は、この鼻水と頭痛の症状原因、対処法をお伝えしていきます。


   


鼻水と頭痛の関係性!呼吸による対処法とは


1)鼻水を発症させる3つの主な原因

鼻水は、ある意味身体がなんらかの支障をきたしている「サイン」だと言われています。もちろん、普段から鼻水が出放しと言う方は、稀でしょうし、このような症状を呈けんするのもなんだか、鬱陶しいとかんじてしまい、なるべくなら無いのこしたことはありません。

(1)花粉症

やはり、鼻水と言えば、思い出す方がおおいであろう症状と言えば、「花粉症」ではないでしょうか。もはや日本人の約6割以上の方が、その症状には個人差があれ、経験しているのと言われています。

最近では、低年齢化も言われており、益々発症患者数が増えると言われています。ですから、その対策も国レベルで行われているようです。そもそも花粉症とは何か、と言うことですが、花粉自体が原因ではなく、むしろ花粉の受け皿になる私達の身体に原因があると言われています。

ですから、花粉症の季節になっても、花粉症にならない方も実際に見えます。身体が原因、具体的には、身体のアレルギー過剰反応と言われています。

花粉と言う、外敵が体内に侵入してきた時に、身体がそれを出そうと鼻水や咳などで対抗しようとするのが、花粉症と言われている症状と理解しましょう。

そして、その反応は、身体の機能が低下すればするほど高くなります。身体の機能が低下する=栄養バランスが崩れている状態だと言えるでしょう。

そして、もちろん、不規則な生活もその引き金となります。市販薬や、グッズがその季節になると薬局などで出回りますが、根本解決には繋がらないようです。

(2)風邪

風邪も、鼻水を引き起こす代表的な症状です。もちろん風邪と言っても、発熱を伴う場合もあれば、比較的軽い症状の場合もありその症状によって対応も変わってきますが、共通な症状として鼻水が出る事です。

そして、鼻水があなたの身体を守ってくれている事も忘れてはなりません。そもそも、鼻の粘膜が刺激されて、鼻水を出す事で、風邪のウイルスを包み込んで、外に追いやると言った働きをしてくれます。

ですから、鼻水が出ないと、体内にウイルスが侵入しやすくなり、さらに重大な病を引き起こす可能性が増します。ですから、鼻水が出ている段階でしたら、まだ初期段階である事が考えられます。

(3)ストレス(自律神経の乱れ)

鼻水とストレス、一見関係がないように思えますが、実は最近では風邪と思いきや、ストレスが原因で、鼻水が出ているケースが増えているようです。

まず、ストレスには、大きく分けて、人間関係などが原因とされる精神的なストレスと、疲労や生活習慣などが原因とされる、肉体的なストレスがあります。

鼻水を引き起こすとストレスの原と言われているのは、「自律神経の乱れ」です。ですから、どちらかと言うと、精神的なストレスが原因である場合が多いようです。

この自律神経は私達の生命維持をしてくれている神経。呼吸睡眠をコントロールしてくれます。それゆえ、デリケートで傷付き易い神経だと言えます。

ですから、精神的疲労がたまり、自律神経が影響を受けると、体内バランスが崩れ、風邪などのウイルスに対する免疫も落ちかねません。

ですから、身体は鼻水を出し、ウイルスを少しでも身体の外に出そうとします。

doctor with male patient


2)鼻水が頭痛を引き起こす理由

ここまで、鼻水を引き起こす発症例を幾つか紹介してきましたが、そもそもなぜ鼻水が頭痛を引き起こすのでしょうか。まず、鼻水を出すと、「鼻詰まり」も併発します。

普段は、鼻呼吸で生活している時は、何も感じないのですが、この時少しでも酸素を取り入れようとして、無意識のうちに、「口呼吸」をしてしまいます。

やはり、口で呼吸する事に慣れてなく、酸素不足になりがちです。脳が軽い酸欠状態に陥ることで、頭痛に繋がってしまいます。鼻詰まりが軽い内はまだ我慢できることも多いようですが、睡眠時に口呼吸をしてしまい、朝起きたら喉が痛くなることもあります。


3)対策として有効な呼吸法

鼻が詰まった時に、お手軽に出来る呼吸方法を紹介します。まず、鼻を噛んで少しでも鼻呼吸出来るようにしておきます。いつもより深く鼻で行きを吸い込みます。

息が吐けなくなるまで、ゆっくりと息を吐きます。鼻をつまみます。頭を上下にゆっくり動かします。(2秒くらいの間隔で行うのが良いでしょう。)これを4から5回繰り返すと鼻詰まりが解消される事もあります。是非、一度試されていかがでしょうか。


   


今回のまとめ

1)花粉症、風邪など鼻水を引き起こす原因は身近に隠れています。

2)鼻水があなたの身体を守ってくれています。ウイルスに対する正常な反応です。

3)酸欠状態が頭痛を引き起こします。鼻が詰まり、口呼吸になり酸素が上手に脳に行き渡らなくなってしまいます。

4)誰でもできる、呼吸法で対策を摂ってみましょう。