患者にタブレットで説明をする女性の医師

皆さんはぶつけた訳でも無いのに、鼻の中が痛くなったことはありませんか。放っておけば治るだろうと思いがちですが、実は治らない場合もあります。

さらにそれが病気の可能性も考えられるのです。今回はその原因と病気、対処法についてお伝えします。


   


鼻の中が痛い6大原因!症状・対処・治療方法とは


1)鼻の中が痛い場合の代表的症状とは

(1)鼻の中の痛みが何日間か続き、治ったと思うとまた痛みが出るという反復性の痛みがある

(2)少し触れるだけで鼻の中が強く痛む、または何もしなくても激痛が走る

(3)ツーンとした痛みを感じる

(4)鼻の中に腫れ物がある様な感覚と痛みがある

2)鼻の中が痛い6大原因

(1)鼻のかみすぎ

一番多いのは鼻のかみすぎによる痛みです。鼻のかみすぎにより鼻の粘膜が傷ついてしまうのが痛みの原因です。

(2)空気の乾燥

乾燥していると、鼻の粘膜も乾燥してきます。それによって痛みが引き起こされることがあります。

(3)鼻の中の腫れ物

鼻の中にも腫れ物ができます。気になったり鼻をかんだりすることで状態が悪化し、痛みが増すことがあります。

(4)病気による痛み

鼻の中が痛いのは病気による痛みの場合もあります。

(5)気温が寒い

寒い空気が急に鼻の中に入ると、その冷たさが痛いと感じることがあります。

(6)免疫力の低下

ストレスなどで鼻の粘膜が弱まってしまうことがあります。

3)鼻の中が痛い症状への5つの対処法

(1)保湿

乾燥を防ぐことが大事です。そのために保湿に気をつけましょう。

(2)鼻のかみ方

正しい鼻のかみ方を心がけましょう。そうすることによって鼻が傷つくのを防ぐことが出来ます。

(3)扱い方に気をつける

ばい菌がつかないように手などを清潔にしておくことが大事です。また鼻の毛を抜くのは、ばい菌が入る原因になるので、抜かずに切るようにしましょう。

(4)鼻をいじりすぎない

鼻が痒いからといって、いじりすぎると鼻の粘膜を傷つける原因になります。

(5)病院に行く

自分では治せない場合があるので、状態がひどい時はきちんと病院に行くことが最善策です。

Doctor visiting a patient

4)鼻の中が痛い場合に考えられる5つの病気

(1)ヘルペス

鼻も稀にヘルペスになることがあります。

(2)マラセチア毛包炎

皮脂の多い場所を好むため鼻に出来ることがあり、ニキビによく似ています。しかし、ニキビとは全く違う症状です。ニキビのような芯がありません。

進行すると膿ができ大きく腫れ、赤みや痛みが進行することがあります。

(3)急性副鼻腔炎

風から副鼻腔が細菌感染することで発生します。細菌が繁殖し、炎症が起こります。最終的に副鼻腔に膿がたまります。

(4)鼻節

鼻をいじりすぎると出来てしまう腫れものです。不潔な手で鼻をいじってしまうことによる細菌感染で、膿が溜まった状態で、赤みや痛みが発生します。

進行すると膿が破れて出てくることもあります。

(5)鼻茸

鼻のポリープです。浮腫状から発赤など症状は様々です。鼻づまり、鼻汁、頭痛が気になった時は、鼻茸の可能性もあります。

5)症状が続く場合にすべき検査方法

(1)レントゲン検査

鼻の中の状況を知るのにレントゲンが一番大事な検査です。これにより鼻の粘膜の腫れなども分かります。

(2)内視鏡検査

ファイバースコープを使うことで詳しく知ることが出来ます。また、痛みもなく簡単に調べることができます。

(3)鼻腔通気度検査

鼻の中の空気の通り具合を調べます。鼻の通りが悪いと使用することの出来なあ治療法もあるんです。

(4)アレルギー検査

アレルギーによる発症もあります。また、この検査により病気の発見にも繋がります。

(5)鼻汁細菌検査

副鼻腔炎などの発見ができます。

Stethoscope in hands

6)症状が続く場合にすべき治療方法

(1)マクロライド系抗生物質の少量長期投与 

副鼻腔炎の場合はこの方法になります。約7割の人が治ると言われています。

(2)レーザー治療

鼻炎や鼻ポリープを治します。

(3)歯医者に行く

虫歯の影響で鼻が痛くなることもあります。

(4)薬を塗る

鼻の薬が薬局などに売っています。しかし、出来れば耳鼻科に行くことをおすすめします。

(5)抗アレルギー薬の服用

アレルギーが原因の場合、耳鼻科で抗アレルギー薬をもらうことがあります。

(6)ネブライザー療法

抗生剤やステロイド、粘液溶解剤などを霧状にして噴霧します。鼻から吸う方法で、即効性が高く、安全性の高いです。しかし、通院して通う必要があります。

(7)鼻腔洗浄

人の粘膜と同じ浸透圧の生理食塩水で鼻を洗浄します。こちらも通院する必要があります。

7)鼻の中が痛い症状へ日常からできる予防ポイント

(1)周りの空気環境に気をつける

乾燥しすぎていたり、急に温度の違う空気を吸いすぎないようにしましょう。

(2)鼻をかみすぎない

気になってもかみすぎないようにしましょう。かむ際には片方ずつ、強くかまずにすることが大切です。

(3)鼻の毛を抜かない

鼻の毛は切ることを心がけましょう。鼻の毛を抜いたところに細菌が入る可能性もあります。

(4)鼻をいじりすぎない

かみすぎるのと同様、いじりすぎてもいけません。粘膜が傷つかないようにしましょう。

(5)ストレスを貯めないようにする

ストレスも一つの原因です。ストレスは定期的に発散するようにしましょう。健康でいるためにもストレスを無くすことは大事です。

自分に合ったストレス解消法を見つけましょう。

(6)清潔さを保つ

清潔にいることで、少しでも細菌感染を防ぐことができます。

(7)免疫力を高める

免疫低下にならないように免疫力を高めましょう。適度な運動やしっかり朝食をとるなど小さなことから始めていきましょう。


   


今回のまとめ

1)鼻の中が痛い4つの代表的症状

2)鼻の中が痛い6大原因

3)鼻の中が痛い症状への5つの対処法

4)鼻の中が痛い場合に考えられる5つの病気

5)症状が続く場合にすべき検査方法

6)症状が続く場合にすべき治療方法

7)鼻の中が痛い症状へ日常からできる7つの予防ポイント