病院で診察中の男性患者

息を吐く時に代わりに咳が出たからといって、ただちに病院に行かなければならないと思う方は少ないかと思います。ですがその咳があまり経験のない奇妙な咳だったらどうでしょうか。息を吐くと咳が出る時の原因や、注意すべき病気についてご紹介します。


   


息を吐くと咳が出るのはなぜ?主な7大原因と病気の疑い


1)そもそも咳にも種類がある?咳の2種類と特徴の違い

(1)乾いた咳

乾いた咳とは痰の絡まない咳です。風邪の時に出る咳はだいたいこの咳になります。

(2)湿った咳

湿った咳は痰の絡んだ咳です。咳は体内の異物を体外に出すための防御反応でもあるので、咳の原因となった異物を喉の分泌液で包んで体内から取り除こうとしているのが痰です。

2)どんな症状が?息を吐くとせきが出る場合の代表的な症状とは

(1)外出時の咳

家の中ではあまり出ないのに、外に出ると途端に咳が出るようになることがあります。

(2)奇妙な咳

あまり聞いたことがないような奇妙な音の咳が出ることがあります。

(3)奇妙な痰

咳を出す時に変わった色の痰がいっしょに出てくることがあります。

(4)寝る時の咳

寝る時や横になった時によく咳が出て、体を起こすと楽になることがあります。

3)息を吐くと咳が出るのはなぜ?主な7大原因とは

(1)風邪の後遺症

風邪によって気道に炎症を起こすと些細な刺激で咳が出ることがあります。風邪が治ったとしても気道の炎症が治りきっていない場合、息を吸った時になんらかの物質や気体が気道を刺激すると、息を吐く時に咳となって表れます。

(2)アレルギー

気道が刺激されると咳が出ることは前述しましたが、たとえ炎症がなくともアレルギー物質が気道に入った場合は、アレルギー物質を体内から排除しようと咳が起こります。

(3)鼻水

喉や気道が原因ではなく鼻水が原因で咳きこむこともあります。副鼻腔炎などで鼻水が気道まで入り込んだ時には、鼻水を排出しようとして咳が出ます。

(4)自律神経

明確な理由なく咳きこむこともあります。そうした場合には自律神経失調症が疑われるかもしれません。自律神経に異常があることで喉が過敏になり咳を何度も出してしまう、という可能性もあります。

(5)咳喘息

痰の絡まない咳が長く続く場合は咳喘息の可能性があります。咳喘息は喘息の前段階と言われ、喘息特有の咳ではない普通の咳が長く続きます。原因は様々であり、風邪やストレス、タバコや自律神経の異常など理由は完全には特定出来ません。よく似た症状にアトピー咳嗽というものがあり、初診では咳喘息とアトピー咳嗽の見分けは難しく、また効果的な薬も違うので注意が必要です。

(6)肺の病気

肺の病気によって咳が出ることは多いです。咳以外にも食欲低下、呼吸困難、発熱などのいくつもの症状がみられるならばこちらを疑ってみるべきでしょう。

(7)心臓の病気

心臓の病気も咳に関係あります。一見関係なさそうな心臓ですが心臓と肺は近い場所にあり、心臓に異常があることで肺にも影響が出ることがあります。

※温かい状態で休息しましょう。また痰を出していると水分不足になりがちなので水分の補給も必要です。あくまでも対処方法となります。違和感が続く場合は、速やかに専門医に相談をしましょう。

Woman feeling unwell and lying on bed

4)これって病気?病気かどうかのチェック・判断基準とは

(1)長期間の咳

風邪の後遺症の場合は長くとも一ヵ月程度で咳はおさまることが多いです。一ヵ月以上続くようであれば病気を疑ったほうがいいでしょう。

(2)奇妙な咳

ヒューヒューといった奇妙な音が出る咳が出る場合は喘息や百日咳などの可能性があります。また呼吸が苦しいといった症状も伴っているならばそれも病気のサインです。

(3)奇妙な痰

赤色や白色の痰が出た場合、肺や心臓の病気にかかっている可能性が高いです。ただちに病院に向かいましょう。

(4)寝る時の咳

肺に水分が溜まっている可能性があります。心臓の病気の可能性がありますので専門医に診てもらいましょう。

5)病気の可能性とは?考えられる4種類の病気

(1)喘息

気道に炎症を起こすと気道は狭くなり些細な刺激にも反応してしまいます。その時に起きるのが喘鳴とも呼ばれるヒューヒューといった咳です。喘息にかかっている人は喘息の症状が見られない時でも気道に炎症を起こしていることが多く、そのため咳を起こしやすい体質になっています。

(2)百日咳

百日咳は百日咳菌という細菌が感染することで引き起こされる感染症です。その名の通り百日程度症状が続くこともあります。大人の百日咳が命に関わるような病状に発展するケースはあまりありませんが、子供の場合は死に至る可能性もあり、感染する性質があることからも注意が必要です。

(3)肺炎

肺炎は細菌やウイルスなどが肺に感染することで引き起こされる病です。症状が風邪と間違われやすいせいか放置されて重症化することが多く、死亡者数が非常に多い病としても知られています。風邪をこじらせた結果肺炎になる、というイメージがありがちですが、風邪にかかっていなくとも肺炎になることはあり得ます。

(4)うっ血性心不全

心不全によって咳が出ることもあります。心臓が血液を全身に送り出すポンプの役割を担っていることは知られていますが、その機能が弱まると心臓の手前にある肺で血液が必要以上に溜まってしまいます。溜まった血液の水分が圧力によって肺胞に染み出し、咳の原因になります。

6)症状が続く場合は注意!試される可能性のある検査・治療方法

(1)検査方法

咳が止まらない場合、耳鼻咽喉科、内科、呼吸器科を受診するのが良いでしょう。ファイバースコープなどの器具を使って喉を見る他、血液検査、X線撮影(レントゲン)、CT検査等が行われます。咳の原因は専門家でもすぐには特定できないこともあるので何度か受診する必要があるかもしれません。

(2)治療方法

基本的には投薬治療になります。たいていは咳止めの薬が出されるでしょうが、咳を止めないほうが良い場合もあるので、薬を処方されないこともあります。また気管支の病の場合は気管支を広げる薬が出される場合もあります。肺癌や心不全など重い病の場合は外科手術や入院することもあり得ます。

7)日常から改善を!息を吐くと咳が出る症状への予防習慣とは

(1)体を冷やさない

体の冷えは風邪のみならず咳に関わる様々な病気に繋がります。お風呂上りや就寝前など体を冷やさないように心がけましょう。

(2)休息

疲労は風邪をはじめとする様々な病気の原因になります。またストレスが自律神経の失調や病気の原因となり咳を引き起こすこともあります。休息を取って疲労やストレスを解消しましょう。

(3)アレルギー検査

アレルギー検査を受けて自分がどんなアレルギーを持っているか把握しておくことも重要です。日常的に食べているものが咳に繋がっている可能性もあります。

(4)食事

塩分や脂肪分の過度の摂取は控えましょう。高血圧を起こし心臓の病に繋がりかねません。


   


今回のまとめ

1)そもそも咳にも種類がある?咳の2種類と特徴の違い

2)どんな症状が?息を吐くと咳が出る場合の代表的な症状とは

3)息を吐くと咳が出るのはなぜ?主な7大原因とは

4)これって病気?病気かどうかのチェック・判断基準とは

5)病気の可能性とは?考えられる4種類の病気

6)症状が続く場合は注意!試される可能性のある検査・治療方法

7)日常から改善を!息を吐くと咳が出る症状への予防習慣とは