Doctor to measure the pulse of women

時には、「命に支障があるのでは」というほどの恐怖を覚える過呼吸。そうした不安を持つことで症状はますます悪化してしまいます。

正しい知識を持つことが、過呼吸治療の第一歩です。今回は過呼吸の原因や考えられる病気の可能性、対処方法をお伝えします。


   


過呼吸の4大原因!2つの病気の可能性とは

1)過呼吸の5つの症状

過呼吸とは、簡単にいうと「呼吸が浅くなる」ことをいいます。

若い女性に多く見られ、急に息が苦しくなり、動悸、めまい、手足のしびれ、ひどくなると失神してしまうなどの発作を繰り返します。

夜間、救急搬送される人の約30パーセントが、過呼吸といわれています。病気というよりも状態を意味し、さまざまな病気が原因で過換気発作(過呼吸)を起こします。

(1)呼吸過多

最も代表的な症状です。

大変苦しい症状ですが、過呼吸が原因の呼吸過多は一定時間(20~30分程)が経過すれば治まります。

(2)頭痛

過呼吸が原因で起こる頭痛は、時間の経過とともに改善していきます。

(3)めまい

めまいやふらつきをおぼえることがあります。一定時間が経過すれば治まります。

(4)しびれ

指先や口周りのしびれが特に多いようです。重度になると痙攣のような震えが出ることもあります。

(5)失神

重度になると失神することもあります。それほど頻発する症状ではありませんが、注意が必要です。


2)過呼吸4大原因

(1)心のストレス

不安・緊張・恐怖・興奮などが原因のストレスで、自律神経や呼吸中枢に影響を与えます。

(2)身体のストレス

過労・睡眠不足・運動不足・食生活の乱れなどが原因のストレスで、自律神経や呼吸中枢に影響を与えます。

(3)運動

運動後、酸欠状態になり、過呼吸になることがあります。

(4)病気

病気が原因で起こることがあります。

Fotolia_76286033_Subscription_Monthly_M


3)過呼吸が続く場合に考えられる2つの病気

(1)パニック障害

精神的ストレスが積み重なることで、脳内の神経伝達物質セロトニンの分泌量が減少。神経伝達経路が正常に機能しなくなってしまい、過呼吸発作、めまい等の症状が現れます。

(2)自律神経失調症

交感神経と副交感神経のバランスが崩れるために起こる病気。悪化すると過呼吸、めまい、頭痛などの症状が現れます。

女性の場合、更年期や思春期の女性ホルモンバランスが乱れる時期になりやすく、統計的に見ても女性の方がかかりやすいといわれています。

動悸、不眠、過呼吸の症状が現れます。


4)過呼吸へその場でできる2つの対処法

(1)呼吸を整える

過呼吸とは血液中の二酸化炭素が少なくなっている状態なので、息を吐きすぎないようにしなければいけません。

息を吸ったら1、2秒程度息を止め、吸う時間の倍の時間(10秒を目安に)をかけて、ゆっくりと息を吐きます。

※紙袋を口に当てて行う応急処置は、かえって酸素不足になることがあるので行わない方がいいでしょう。

過去には窒息死した例があります。

(2)薬を飲む

あらかじめ精神科、心療内科を受診し、抗不安剤等を処方してもらっておくといいでしょう。持っていることで安心して、発作が少なくなるという良い効果もあるようです。


5)過呼吸が続く場合の4つの検査方法

(1)血液検査

血液中の二酸化炭素の値やPhの測定を行います。

(2)心電図検査

虚血症の変化が記録されると過呼吸の疑いがあります。

(3)胸部エックス線検査

呼吸器に異常がないかをチェックします。

(4)発作の有無を確認

わざと発作を起こさせて、過呼吸症状が現れるかどうかをチェックします。

Four doctors have a meeting


6)過呼吸が続く場合への3つの治療方法

(1)カウンセリングを受ける

過呼吸は精神的不安から起こることが多い発作ですので、精神的不安を解消することは根本的な治療となります。

カウンセリングを受けるなどして、精神的不安をなくすようにしましょう。

(2)抗不安薬の服用または抗不安薬を注射する

過呼吸は基本的に自然と治まるものです。

過呼吸発作が起こりそうな時に服用するのは効果的ですが、発作が起こった後、積極的に服用、注射する必要はありません。

(3)病気の治療を受ける

過呼吸の原因がパニック障害や自律神経失調症などの場合、それぞれの病気に適した治療が必要です。医師の指導のもと、適切な治療を受けるようにしましょう。


7)過呼吸へ未然にできる4つの予防ポイント

過呼吸の原因に、自律神経の乱れがあります。自律神経のバランスをとるには、副交感神経を高めて心身ともにリラックスすることが大切です。

ここでは、日々の生活の中で副交感神経を高め、自律神経バランスを整える方法をご紹介します。

(1)自律神経を整える栄養素を摂取

・ビタミンB群(B1,B2など)

穀類 胚芽米、玄米

肉類 豚肉、レバー

魚類 カツオ、ウナギ

乳製品、卵黄、大豆

・ビタミンA

肉類 鶏・豚・牛レバー

魚類 うなぎ、あなご

野菜類 ニンジン、パセリ、モロヘイヤなど緑黄色野菜

乳製品、卵黄

・ビタミンE

魚類 いくら、たらこ、うなぎ

野菜類 モロヘイヤ、かぼちゃ

卵黄

・ビタミンD

魚類 しらす干し、いわし、鮭

野菜類 干しシイタケ、にんにく

乳製品、卵黄

・カルシウム

魚類 桜エビ、しらす干し、いわし

野菜類 パセリ、モロヘイヤ、にんにく

乳製品、卵黄

・アミノ酸

肉類 牛肉、豚肉、鶏肉、牛レバー

魚類 鮭、さば

野菜類 ほうれん草、とうもろこし

乳製品、豆腐、大豆

(2)副交感神経を高める入浴法方

自律神経のうち、活動時に活発になるのが交感神経、安静時に活発になるのが副交感神経です。

心身共にリラックスし、副交感神経が活発になるバスタイムを有効に過ごしましょう。最適なお湯の温度は、38~40℃です。

逆に42℃以上になると交感神経が刺激されてしまうので、ぬるめのお湯に入るようにしましょう。入浴後1時間以内に眠りにつくと、睡眠中の副交感神経が活発になるといわれています。

(3)良質な睡眠

副交感神経が最も活発に働くのが、睡眠中です。副交感神経は、身体を回復させてくれるのでよい睡眠をとるようにしましょう。

そのための4つのポイントをご紹介します。

1. 寝る1時間以内に、ぬるめのお湯でゆっくりしたバスタイムをとる。

2.間接照明を使うなどして部屋を暗めにし、眠りへの誘導時間をつくる。

3.交感神経を活発にするテレビ・パソコン・携帯などは、寝る前に使用しないようにする。

4.リラックスする時間をつくる。

無理に眠ろうとすると余計に眠れなくなるものです。アロマを取り入れる、静かな音楽を聴くなど、自分なりのリラックス法を見つけましょう。

(4)運動習慣

運動中は交感神経が活発になりますが、運動によって自律神経の働きそのものが高まります。

ストレスになりがちな勝ち負けのあるスポーツは避け、自分のペースで楽しめる運動をするようにしましょう。

ウォーキングやサイクリング、軽いジョギングなど、自分のペースでリラックスしながら行える運動がおススメです。

過呼吸治療にとって一番の薬は、リラックスする時間を持ち、自分らしく生活を楽しむことです。そうすることで副交感神経が活発になり、自律神経のバランスも整っていきます。

難しく考えず、楽しいことを一つずつ増やしていくくらいの気持ちでゆったりと向き合っていけるといいですね。


 

きっかけはお医者さんの言葉でした。

多くのお医者さんが語っているのですが、女性の脚が太くなる原因があります。

正しく”あるもの”を解消できれば3割は細く見えるそうです

3日で太ももマイナス5cmの足痩せに成功した話題の方法とは

 


今回のまとめ

1) 過呼吸の5つの症状

2) 過呼吸4大原因

3) 過呼吸が続く場合に考えられる2つの病気

4) 過呼吸へその場でできる2つの対処法

5) 過呼吸が続く場合への4つの検査方法

6) 過呼吸が続く場合への3つの治療方法

7) 過呼吸へ未然にできる4つの予防ポイント