薬の説明をする女性医師

頭痛が起きた時には、すぐ手に入る市販薬のお世話になることも多いと思います。薬局・ドラッグストアに行くと、頭痛薬にも色々な種類があってどれを選んだらいいか分らなくなりますね。

今回はそんな時に役立つ頭痛薬の情報をお届けします。


   


カロナールとロキソニンの頭痛薬の特徴とは


1)6つの主な鎮痛成分の特徴

(1)ロキソプロフェンナトリウム

ロキソニンに入っている成分で、比較的新しく、「鎮痛効果は大きい」です。

「持続時間は短め」です。

(2)アスピリン(アセチルサリチル酸)

広く使われている成分です。「効き目も強めで持続時間も長い」ですが、「胃への負担が大きい」ので「胃薬と一緒に飲む」などの工夫も必要です。

(3)アセトアミノフェン

風邪薬などにも含まれる「比較的穏やかな効き目」の鎮痛成分です。胃への負担も少なく、「幼児への使用もOK」ですが、肝臓で処理できる限度量を超えると危険です。

「風邪薬との併用には十分な注意が必要」です。

(4)イブプロフェン

薬の名前に「イブ」が入っている薬には、ほぼこの成分が含まれています。鎮痛だけでなく、「炎症を抑える効き目」があります。効き目が出るまで時間がかかりますので、「早めに飲む」よう心がけましょう。

(5)イソプロピルアンチピリン

ピリン系の頭痛薬です。ピリン系の薬で一回でも「じんましん」などが出たことがある方は、「絶対服用しないで下さい」。

効き目は「強力」で「持続時間も長く」なっています。

(6)エテンザミド

他の成分と合わせて使われる成分で、単独で薬が作られることはありません。「幼児にもOK」ですが、「インフルエンザ」や「水痘」の疑いがある場合には使用しないで下さい。


2)その他の成分について

(1)無水カフェイン

いわゆるカフェインで、脳に刺激を与えてすっきりとさせます。

眠気を抑えますので、カフェインに敏感な方は「夜寝る前の服用は避けた方が無難」です。

(2)アリルイソプロピルアセチル尿素/ブロモバレリル尿素

睡眠鎮静作用がある成分です。頭痛とともに「イライラなどのストレス」がある方は、これらの成分が含まれている頭痛薬を試してみましょう。「眠気を誘う可能性」がありますので、運転や作業をする方は注意が必要です。


3)  頭痛薬の選び方 (症状・年齢・性別など)

鎮痛成分と頭痛には相性があります。薬の名前ではなく、「含まれている成分を確認」しながら、「自分に合う成分」を見つけるのが一番です。

その上で「痛みの強さ」「胃への負担」「眠気」「効き目の早さ」「持続時間」などを考えながら選びましょう。

市販の頭痛薬は鎮痛作用の成分が入っているだけで、いわゆる「対症療法」です。

片頭痛の場合は、血管が膨張することにより痛くなり、緊張性頭痛の場合は血流が悪くなることにより頭痛がするわけですが、「市販の頭痛薬」には「血管を収縮させたりする効果はありません」。

そういう効果を持った薬は「処方薬」となります。幼児にも服用可能な市販の薬もありますが、「7歳以上」になります。

女性の生理痛にも頭痛薬は効果がありますが、生理痛の専門薬も発売されています。

Doctor that prescribe medicine


4)市販では購入できない頭痛薬

 (1)トリプタン系(イミグラン、ゾーミック、レルバックス、マクサルト、アマージ)

片頭痛に効く「血管を収縮させる」薬です。片頭痛の予防効果はないので、片頭痛が現れた「初期段階」で服用すると効果的

 (2)エルゴタミン(カフェルゴット)

片頭痛に効く「血管が拡張するのを防ぐ」薬です。効果が大きい分、乱用に注意。

 (3)カロナール

成分は市販薬にも使われています(アセトアミノフェン)。

緊張性頭痛や群発性頭痛には、直接効く薬はなく、場合によっては「抗うつ剤」が使われたりします。


5)ロキソニンとカロナール

(1)ロキソニン

ロキソニンはその「鎮痛効果の強さ」から頭痛だけではなく、筋肉痛や歯痛でもよく処方されます。痛みの強いときに服用する薬と考えておきましょう。

また、「胃にも負担の少ない」薬です。※15歳未満の幼児には使用できません。

(2)カロナール

カロナールの成分はアセトアミノフェンです。市販薬ではタイレノールがアセトアミノフェンだけの薬ですね。セデスにも含まれています。

こちらは比較的穏やかに効く薬ですので、「あまり激しくない頭痛」や「ロキソニンやアスピリンが効かなかった人」が、試してみるといいと思います。また、「7歳以上」の幼児にも使うことができます。


6) 頭痛薬の2つの注意点

(1)頭痛薬の飲み過ぎについて

頭痛薬は飲みすぎると「薬物乱用頭痛」を起こす危険性があります。これは頭痛薬の飲みすぎで、脳が痛みに敏感になり、頭痛の回数が増えるとともに、「薬が効かなくなる」症状です。

こうなってしまったら「2か月間」原因となった薬を中止する必要があります。症状が出る前に予防的に薬を飲むことを止め、できれば頭痛薬を飲むのは「月10日以内」にするようにしましょう。

(2)自分の症状に合わせる

頭痛薬の商品はたくさんありますが、成分は6種類ぐらいですので、自分の症状に効く成分を探してください。その時に、胃への負担や、効き目が出るまでの時間、効き目の持続時間も合わせて考えてみるといいでしょう。

処方のみの薬は市販の鎮痛剤とは違う作用により、鎮痛効果があるものです。ぜひ、医師の指示に従って服用して下さい。


   


今回のまとめ

1)6つの主な鎮痛成分の特徴

2)その他の成分について

3) 頭痛薬の選び方 (症状・年齢・性別など)

4)市販では購入できない頭痛薬

5)ロキソニンとカロナール

6) 頭痛薬の2つの注意点