デスクでパソコンを確認している看護師と医者

片目がぼやける場合、主な原因は目の使いすぎや加齢による視力の低下が多く見られます。目が休むのは寝ている時だけなので非常に疲れが現れやすい部位です。しかし、中には病気が隠れている場合があるので対処方法や治療方法を理解しておきましょう。


   


片目がぼやける?気になる4大原因と注意したい病気とは


1)症状チェックを!片目がぼやけている場合の代表的な症状とは 

「ぼやける」とは、「ハッキリしなくなる・ぼんやりとする」というような意味があります。 視覚であらわすと、焦点が合わずに物が霞んで見えるような状態です。 視線を移動させた時 ・遠くから近くを見た時またはその逆 ・長時間のパソコン作業の後などに多く発生し、目の疲れやショボショボしたり、充血するなどの症状を伴う場合があります。 

(1)視野が欠ける 

(2)物が歪んで見える 

(3)物が二重に見える 

(4)急激にぼやけるようになった 

といったようにぼやける症状にも程度があり、いつもぼやけていたり徐々にぼやける頻度が増えていく場合は、医療機関を受診する必要があります。 

2)なぜ症状が現れる?症状の4大原因とは 

(1)効き目 

目には手と同じように「利き目」があります。両目ではなく利き目を酷使していると、片目だけぼやけて見えてしまうということがあります。 

(2)片目の負担  

読書やテレビ・パソコン・スマホ等を長時間見ている時、正しい姿勢で両目を使って見ている場合は大丈夫なのですが、横になって見ていたりすると、画面に近い片目だけに負担がかかってしまうことがあり、片目がぼやけるようになってしまいます。 

(3)視力の低下 

加齢などにより片目だけ視力が低下する場合もあります。 

(4)病気 

目の病気や内臓・脳の疾患などがあると、片目がぼやける症状があらわれます。 

3)試せる応急処置とは?ぼやける症状への対処方法とは 

(1)目薬 

眼精疲労やドライアイの場合は、ビタミンAやネオスチグミンメチル硫酸塩配合の目薬をさすことで緩和されます。 

(2)温める・冷やす 

目の周囲の筋肉をほぐし血行をよくするために、温めたタオルなどを瞼の上に乗せて温めます。充血がある場合は、目の周囲の筋肉を引き締めるために冷やしたタオルなどを乗せて、充血を改善します。 

(3)休息 

目を閉じて休ませます。目を使う仕事の場合は、1時間に1回10~15分程の休憩を挟んで目を休ませるようにします。また、心身が疲労していても自律神経が乱れて目がぼやける症状がでることがあります。心身ともにしっかり休息をとるようにしましょう。 

(4)眼科へ行く 

急激な片目のぼやけや痛みなどがある場合は、早めに眼科を受診しましょう。

問診を受けている患者

4)症状が続く場合は注意・・可能性のある9種類の病気とは 

(1)ドライアイ 

何らかの原因で涙の量が減り、目の表面の角膜に傷がつく・乾くなどで、視界がぼやけることがあります。 

(2)眼精疲労 

目を長時間使うことで目が疲労した状態です。もともと近視・遠視・乱視・斜視などがあり目が疲れやすい場合や加齢で老眼を発症している場合などは、物にピントを合わせることで目に負担がかかって疲労し、ぼやけたり霞んだりするようになります。 

(3)網膜症 

網膜は、目に入ってきた光を刺激として受け取り、脳への視神経に送る働きをします。この網膜が炎症を起こし、血管が詰まるなどして視力が低下します。 

(4)VDT症候群 

VDTとは「ヴィジュアル・ディスプレイ・ターミナル」といって、テレビやパソコン・スマホ等の液晶画面のことです。これらを長時間眺めることが原因で、目や心身に様々な不調があらわれるようになります。 

(5)白内障 

目の中にある水晶体という組織が白く濁る病気です。水晶体が濁るので網膜に正しい映像を伝えることができず、ぼやけるようになります。主に加齢が原因で、40代から発症しやすくなります。 

(6)黄斑変性症 

網膜の中心にある黄斑という組織の機能が低下すると、視力が低下したり物が歪んで見える時があります。 

(7)中心性網脈絡膜症 

網膜の中心にある黄斑が腫れ、片目の視力が低下します。主に中高年の男性に多く見られます。 

(8)視神経疾患 

眼球の近くにある血管の血流が悪くなり、視神経の働きが悪くなります。主に血流が悪くなる疾患を患っている中高年に多く見られます。 

(9)脳や内臓の病気 

脳の一部(視神経につながる部位)などに腫瘍や出血が発生すると、視野に異変があらわれることがあります。また、糖尿病や高脂血症などによる動脈硬化が原因で、目の周囲の血管に血栓ができてしまい視力の低下があらわれる場合があります。 

5)専門家での検査を!症状が気になる場合へ試したい検査・治療方法 

(1)検査 

・視力検査…片目を塞ぎ、5m先の印が見えるかどうか調べます。

・眼圧検査…目に風をあてて眼球の硬さを測ります。

・細隙灯顕微鏡検査…眼の表面の角膜や内部の状態を調べます。 

・視野検査…目の見える範囲や感度を片目ずつ測ります。

・眼底検査…目の深部にある後部硝子体や網膜・視神経を観察します。 

(2)治療法 

視力の体が原因の場合、デスクワーク・室内外・読書など、それぞれの目的に合った眼鏡やコンタクトレンズを作成したり、点眼薬が処方されます。目に何らかの病気を発見された場合は、レーザー治療や薬物治療など、それぞれの症状に見合った治療が行われます。 

6)生活習慣から改善を!片目がぼやける症状への予防習慣とは 

(1)目の休息 

目を使う仕事をしている場合は、、まめに休憩を入れて目の負担を軽減させるようにしましょう。 

(2)マッサージ 

目の周囲を温める・冷やす・片目ずつウィンクを繰り返すなどして、目の周囲の筋肉や血行を改善させましょう。 

(3)目薬やサプリ 

自分の症状に見合った目薬の使用やサプリ等を服用して、視力の低下を防ぎ症状が悪化しないようにします。 

(4)医療機関を受診 

目の病気でなく、脳や内臓に疾患がある場合もぼやけるという症状が現れる場合があります。体調や視力に異変を感じたら早めに医療機関を受診して検査を受けることが大切です。


   


今回のまとめ 

1)症状チェックを!片目がぼやけている場合の代表的な症状とは 

2)なぜ症状が現れる?症状の4大原因とは 

3)試せる応急処置とは?ぼやける症状への対処方法とは

4)症状が続く場合は注意・・可能性のある9種類の病気とは 

5)専門家での検査を!症状が気になる場合へ試したい検査・治療方法 

6)生活習慣から改善を!片目がぼやける症状への予防習慣とは