Woman with migraine in doctor's office

普段から頭痛を感じる方にとって、片頭痛や前頭部の痛みは経験された事のある方も多いでしょう。

後頭部と言ったある意味、未経験な個所に対する痛み、原因はや対処方法はどのようにすれば良いのか?を出来るだけ分かりやすく紹介させて頂きます。


   


後頭部の頭痛は後頭神経痛?4つの対処方法


1)後頭神経痛とは

後頭部の頭痛で、代表的な頭痛が、「後頭部神経痛」と言われる頭痛です。

これは、「後頭神経」と呼ばれる神経が圧迫されることにより起きるのですが、その元の原因となるものが「ストレス」だと言われています。

やはり、ストレスと言うのは、筋肉を収縮させ緊張させてしまいます。その自然作用が神経を圧迫してしまい、痛みの基になってしまいます。

この神経は、後頭部の真ん中から左右一本ずつある神経。この神経がストレスを感じた時に、周囲の筋肉が緊張して収縮することで起きる頭痛です。


2)首や肩コリなどが原因で起きる頭痛

首から、後頭部にかけての筋肉がこる事で起きる頭痛があります。

この原因となるものは、日頃のデスクワーク、特に、パソコンなどの事務ワーク行う機会が多い仕事の方がよくかかる症状だと言われています。

2時間以上同じ姿勢で、デスクワークを行うと、筋肉周辺の血行が悪くなり、結果、周囲の血行も悪くなる事で、コリが発生しやすくなります。

首や肩コリに限らず、後頭部まで血行が悪くなることで、頭痛を引き起こすと言われています。ある意味、現代病と言ってもよいのではないでしょうか。


3)こんな症状の時は即病院へ

後頭部をハンマーで叩かれて様な激痛が走る時は、即効、病院へ行ってください。

もしくは、あまりの痛みで、自身で行く事が困難な時は、救急車を呼びましょう。緊急性が伴う疾患にかかっている可能性が大きいです。

特に、考えられるのが、「くも膜下出血」です。脳を保護するくも膜下出血が起こり、脳内で出血しています。

命にかかわる事もありますので、医師に診断されたら、入院、治療が必要です。長期にわたる治療が必要ですし、回復後も、何らかの障害が残るかもしれません。

パソコンに指をさす医師


4)主な4つの対策や予防方法

まず、クモ膜下出血についてですが、これは、脳内の血管が詰まり、破裂することで起きることが原因です。

ですので他の病気と同様、日頃の食生活、生活習慣を見直す事が必要です。

そして、この病気は、潜伏期間が最低でも2年以上はあると言われており、急に生活習慣を変えても、もしかしたら、手遅れになっているかもしれません。

(1)タバコの減量(禁煙)

まず、40代の方は、見直すタイミングとして、遅くないと言われています。まず、タバコは、止められるのであれば、是非止めておきましょう。

もし、止めるのが困難なのであれば、一日の吸う本数を減らす。一日3本以内にするなど、自分でルールを決めておく、それでも難しいのであれば、「禁煙外来」にかかりましょう。

禁煙にたいするアドバイスや、それに見合った薬を処方してもらえるので、禁煙する近道になるでしょう。

もちろん、何日か通い続ける事が必要ですが、今後のご自身の健康の為にやられる事をお勧めします。

(2)お酒の減量(禁酒)

飲酒は一日コップ一杯程度でしたら、大丈夫です。むしろ、少しの飲酒は薬の効果もあると言われています。

それ以上飲む習慣があると、アルコールが蓄積され、身体の中で活性酸素を発生させてしまい、有害な物質となってしまいます。

これが血管の壁を壊す要因にもなると言われています。また、会社で行ってくれる健康診断の数値も利用し、少しでも以上が見つかれば、即検査してもらいましょう。

(3)植物・魚の油へ置き換え

食生活に関して、血管に良い食事とされている魚の油を積極的に取ると良いでしょう。

また、油も亜麻仁油・オリーブオイルと言った植物性油も良いです。このような油は、血管のお掃除をしてくれることで、血管内の血行を促進してくれます。

(4)トランス脂肪酸の減量

逆に取らない方が良いのが、「トランス脂肪酸」を含んだ油。「商業油」と言われているこの油です。

コストパフォーマンスには優れている一方で、身体には良くない事が近年の研究で分かっています。欧米では、この油を抑制する動きも出てきています。

外食産業、とりわけファーストフード関係にこの油は、ふんだんに使用されています。また、日頃何気なく食べるパンや、お菓子にも使用されています。

少しでも意識し、徐々に減らしていく事をし、生活範囲で予防していかれると良いでしょう。


5)姿勢や、休憩、昼寝も効果的

デスクワークなどで疲れている目を休めるには、昼寝が効果的です。午後15時から、15分から20分を目安に昼寝をすると良いでしょう。

これは、リフレッシュ効果もあり、いろんな企業で取り入れられています。また、姿勢も予防するには、重要な要素です。

背筋をなるべく真っ直ぐにしながら出来る机や椅子を選ぶ事や、1時間に一回は小休止するなど、リフレッシュタイムを設けながら、ストレスを減らしていく工夫をしましょう。


 

きっかけはお医者さんの言葉でした。

多くのお医者さんが語っているのですが、女性の脚が太くなる原因があります。

正しく”あるもの”を解消できれば3割は細く見えるそうです

3日で太ももマイナス5cmの足痩せに成功した話題の方法とは

 


今回のまとめ

1)頭痛には後頭部の痛みがあります。大きく分けて3種類です。

2)緊張性、ストレス、血管障害が主な原因です。

3)血管障害の頭痛は、クモ膜下出血が疑われます。即病院へ。

4)日頃の生活習慣を見直す、飲酒、タバコ、油の質などにもフォーカスする。

以上、簡単ですが、まとめさせて頂きました。今後、皆様の何かにお役に立てれば幸いです。