女性の背中を施術する男性の医師

「首が痛い」時、その原因はいくつか考えられます。寝違えた、首を打撲した、 肩コリがひどいなど。こんな時は単に首がコッてっているケースと背後に病が潜んでいる場合があります。

今回は首の痛みと頭痛への関連を探りその対処法を紹介します。


   


首の痛みと頭痛の4大原因!9つの対処法とは


1)首の痛みの10の種類とは 

首が痛い時、それが病気を伴っているか否かで対処は違います。

(1)首が回せるか

(2)下を向くと痛いか

(3)上を向くと痛いか

(4)起床時に痛いか

(5)頭痛を伴っていないか

(6)腕や 足に痺れはないか

(7)肩こりはあるか

(8)全身はだるくないか

(9)リラックスした時に痛くならないか

(10)椎間板ヘルニアなどの持病はないか

等 以上にあてはまる首の痛みはありますか。もともと持病がある人は医師に最近首が痛くなった、と相談をしましょう。

頭痛を伴ったり、腕や⾜が痺れる場合も⼀度病院で診 断を受けることをお勧めします。それ以外の⾸の痛みの場合でも、病院で治療が必要な のかどうか、の診断がつけば安⼼材料になりますね。


2)首の痛みの考えられる12の主な原因

それでは、首が痛くなると考えられる原因を探っていきましょう。 

(1)⾸の⾻のゆがみ

(2)⻑時間のデスクワークでの肩こり

(3)姿勢の悪さ

(4)猫背

(5)高さの合っていない枕で寝ている

(6)うつ伏せで寝ている

(7)ストレス

(8)何らかの感染症

(9)冷え

(10)頚椎椎間板ヘルニアなどの病気

(11)高血圧

(12)目の病気など 

以上のケースが考えられます。 


3) 首の痛みと頭痛が同時に起こる4つの理由

⾸の痛みと同時に頭痛が起こる場合もありますね。この場合の理由として は、病気を伴うものとそうではないケースに分けられます。

病気を伴うものの例としては

(1)頚椎(⾸の⾻の総称)に異常がある場合

(2)後頭神経痛

(3)バレー・リュー症候群

(4)むち打ちや眼の病気を伴うもの

などが首の痛みと同時に頭痛が起こる理由と考えられます。 

レントゲン写真をチェックする女性の患者


4)首の痛みの伴う頭痛への9つの対処法

首が痛い上にさらに頭痛まであったら辛いですね。こんな時はどうすればいいのでしょうか。 

(1)応急処置として首に湿布を貼る 

(2)姿勢を変えて安静にする 

(3)整形外科で診断を受け治療を開始する 

(4)適度な運動やストレットをしてみる 

(5)鍼灸を試してみる 

(6)アルコールは控える 

(7)入浴も控える(シャワーはOK) 

(8)水分補給をする 

(9)栄養の偏り・低血糖の改善


5)首の痛みを予防する10項目のポイント 

最後に首の痛みを予防するポイントを紹介します。 

(1)パソコンやスマホ時間の減少

スマホを⾒る時、⾸の傾ける⾓度によっては最⼤で27㎏の負荷が⾸にかかっていると⾔われています。パソコンやスマホの使用時間を今一度見直してみましょう。

(2)姿勢のチェック

⻑時間同じ姿勢を続けないようにしましょう。肩こりがひどくなると首の動脈を圧迫して⾎流が悪化し頭痛なども引き起こしてしまいます。ですので肩こりを改善させる環境を整えましょう。

(3)ストレートネックの改善

ストレートネック とは、⾸が前掲して⾸のカーブが失われてしまう状態のこと。原因は⻑ 時間デスクワークなどで首に負担をかけている、PCやスマホの⾒過ぎ で眼や肩に負荷をかけているからではないかと考えられている 

(4)猫背の改善

猫背になっていないかなど姿勢に気を付けましょう。⻑時間同じ姿勢はとらないように心掛けましょう。

(5)目の疲れの改善

眼精疲労になっていないか、をチェックしましょう。眼精疲労を予防すれば首の痛みも予防できると考えられています。

(6)度数の改善

コンタクトレンズやメガネの度が合っているかどうかをチェックしましょう。

(7)良質な睡眠

自分に合った枕とベッドを今一度選び直してみましょう。今では自分専用のオーダーメイド枕が作れます。ストレスをためない、十分な睡眠をとりましょう。 

(8)運動の継続

ストレッチやウオーキングなど軽い運動を続けましょう。

(9)冷えの改善

冷えは血流が滞る原因となります。体は冷やさず、低体温症であれば治療を試みましょう。

(10)食事バランスの改善

特に血流改善を意識した、栄養バランスに気をつけましょう。必要であれば健康補助食品も試しましょう。


   


今回のまとめ 

1)⾸の痛みには様々な種類があるが、⼼配しなくて良い痛みから背 後に病気が潜んでいる場合もある。頭痛や手足のしびれが伴う首 の痛みには注意が必要なので整形外科などを受診する。 

2)首の痛みの考えられる原因としては姿勢の悪さや眼精疲労、さら に⾸の⾻に異常があるケースなどが考えられる。高血圧や感染症 が原因の場合もあるのでおかしいな、と思ったら病院へ 

3)首の痛みと頭痛が同時に起こる場合は姿勢の悪さなどが原因の さほど⼼配しないで良いケースもあるが中には深刻な病気が潜 んでいることもあるので専門医の診断を受けよう 

4)頭痛もあって首も痛い時は、応急処置として首に湿布を貼る、安静にする、⻑時間同じ姿勢を取らない、ストレットをする、アル コールは控える、冷やさないなど⼯夫を試みた後、整形外科など を受診する 

5)首の痛みを予防するポイントとしては、パソコンやスマホを使い 過ぎない、これらが原因ではないかと言われている「ストレート ネック」にならないように注意をする 

6)⻑時間同じ姿勢を取らない。肩こりは首の痛みの原因になる、また猫背も改善するように努⼒しよう 

7)眼精疲労が首の痛みや頭痛も伴う事もあるので目の使い過ぎに も注意。また、コンタクトレンズやメガネの度が合っていないと 首の痛みや頭痛を伴うケースもあるので眼科医でチェックを受 ける 

8)冷えが⾸の痛みや頭痛を伴う痛みの原因である場合もある。他にも低⾎糖が分かれば治療を受ける 

9)ストレスをためないことが大事、栄養バランスにも注意をし、必要であれば健康補助食品も試してみる