カルテを記入している女医

喉や耳がふとした拍子に痛みを感じたことはありませんか。プールにいったあと水が奥に入り込み痛みを伴う経験は誰しもしたことがあるかと思います。そんな耳の症状の中でも口を開ける度に耳の奥に痛みを感じる症状について原因と対処方法をご紹介します。


   


口を開けると耳の奥が痛い?気になる3大原因と対処方法


1)そもそも耳の奥はどうなっている?構造や役割とは

普段私たちに馴染みのある”耳”は外耳と呼ばれる部分であり、奥に進むにつれ中耳、内耳という箇所につながります。中耳は外耳道の奥にある鼓膜より奥に存在しており、中耳膣、耳小骨、耳管という3つの器官があります。

さらに奥にある内耳では蝸牛、前庭、三半規管が存在しています。耳の機能としては空気の振動を脳まで伝える機能(聞く)と平衡感覚を保つ主な機能があります。三半規管や前庭が体が揺れた際に傾きを感知する仕組みになっています。

2)耳の奥の痛みにも種類がある?2種類の痛みと違いとは

(1)鋭い痛み

耳の奥が痛む原因は多岐にわたります。主な痛みの種類はズキンとした鋭い痛みです。傷口などからウィルスや細菌が侵入し、炎症を起こしている場合やその他の病気になった場合に起こる痛みと考えられています。

(2)重い痛み

一時的なものではなく長時間にわたって痛みを感じます。我慢できるほどの痛みですが痛みと同時に耳鳴りが聞こえたり、頭痛がしたりなどの症状も見受けられる場合もあります。

3)口を開けると耳の奥が痛い3大原因とは

(1)炎症

お風呂上りに耳掃除をする人は多いと思いますが、毎日し過ぎる、またはプールなどで水が入ってしまい長期間放置した場合は耳の奥に細菌がたまり、炎症を起こす場合があります。この際、痛みを放置すると炎症が広がり膿などが出る場合もあります。

(2)リンパ線の異常

耳の周辺にはリンパが張りめぐらされており、体の免疫が機能が低下し侵入してきたウィルスや細菌を撃退することができなかった場合はリンパが腫れ、腫れたリンパの箇所によっては耳の奥に痛みをともなう場合があります。

(3)耳の病気

耳は体内に侵入することができる入り口の1つであり外気との接触をすることからウィルスや細菌の侵入と毎日戦うことになります。そのため免疫機能が低下した際に耳の中にウィルスや細菌が侵入し様々な病気を引き起こす場合があり、その際痛みを伴います。

4)試せる応急処置とは?症状への対処方法

以下はあくまで対処方法であり、痛みを感じたら早い段階で耳鼻科にいくことをお勧めします。

(1)冷やす

痛みが激しく、炎症が原因の場合は冷やすことで痛みを抑えることができる場合があります。しかし、炎症が起こっていない場合は逆効果となるため、注意が必要です。

(2)安静にする

免疫力が下がっている場合は症状の進行が早く、治りも遅くなるので仕事や家事、習い事などは休み安静にするようにしましょう。その際は圧迫されるので痛みのある耳を下にして寝ないようにしましょう。

Women are receiving medical attention

5)病気かどうかのチェックと判断基準とは

(1)痛みが激しい

生活に支障がでるほどの激しい痛みを感じる場合は病気と疑い耳鼻科を受診するようにしましょう。放置することで聴力の低下、頭痛、吐き気、目まいなどの症状が出る場合もあります。

(2)耳から液体がでる

炎症が進むことで耳の中から鼻水のような粘着力のある液体がでてこればすぐに病院にいくようにしましょう。

6)症状が続く場合は注意!可能性のある3種類の病気とは

(1)中耳炎

鼓膜の奥、中耳に菌が侵入し、炎症を引き起こす病気です。5歳ごろまでの子供に多くみられ、耳垂れや耳の痛みを伴います。大人も稀にかかる場合がありますが、子ども異常に長期化、重症化する場合が多く、耳の痛みがあればすぐに耳鼻科で治療をした方がよいとされています。放置すると耳鳴りや聴力の低下を引き起こす場合があります。

(2)リンパ節炎

体の各場所にリンパ節があり、リンパ液の流れを逆流させない、または侵入したウィルスや菌をリンパ球が撃退する場所という役割をもっています。その撃退がうまくいかない、または戦いが長期化した場合、リンパ節が腫れ、痛みを伴う場合があります。耳下腺リンパ節が腫れることで耳の奥で痛みを伴う場合があります。喉の痛みや発熱などの症状が出る場合があります。

(3)顎関節症

顎の関節になんらかの異常があると口を開きにくくなる症状の他にあごの痛みや顎から音がするなどの症状がでます。20代の若い女性に多く、固いものを無理して噛む、運動をしていて顎を打つなどが原因で引き起こされます。重症な場合は手術の必要がある人もいます。

7)専門家での検査を!症状が気になる場合へ試したい検査・治療方法

(1)検査方法

‐レントゲン検査

一般的に行われるレントゲンを耳周辺にあてることで耳の奥の炎症がどれぐらい進んでいるかを調べます。すぐに終わり、結果もその日中にわかります。

‐聴力検査

聴力が落ちていないかを調べます。また、難聴が起こっていないかも調べることができます。検査結果によっては鼓膜の状態や炎症の状態も知ることができます。検査結果もその場で知ることができます。

(2)治療方法

‐薬物の服用

ウィルスや細菌による炎症の場合は基本的に薬物による治療が行われます。抗生物質だけでならず、痛み止めや炎症を抑える薬などもあります。症状によって使用する薬は多岐にわたるので医師の説明を聞いた上で服用するようにしましょう。

‐手術

耳の炎症で手術をすることはほぼありませんが、顎関節症が重症化した場合などでは手術が必要なケースもあります。手術のリスクを理解した上で受けるようにしましょう。‘

8)生活習慣から改善を!耳の奥が痛い症状への予防習慣とは

(1)十分な睡眠

睡眠が十分にとれないことで体の免疫機能が低下し、ちょっとしたことで病気になりやすく、耳に様々な症状がでます。免疫機能を落とさないためにも十分に睡眠を取るようにしましょう。目安としては成人で6時間以上とるのをお勧めします。また、休日の日に寝だめをしても翌日、短時間睡眠をすると意味がないので毎日しっかり睡眠時間を確保することが重要となります。

(2)耳を冷やさない

耳が冷えると血行が悪くなり、耳の細胞が十分に回復することを阻むことになります。冬は特に耳は常に外気に触れていることが多いと思うので耳まで覆うニット帽やEarマフラーの装着をし耳を温めるようにしましょう。


 

きっかけはお医者さんの言葉でした。

多くのお医者さんが語っているのですが、女性の脚が太くなる原因があります。

正しく”あるもの”を解消できれば3割は細く見えるそうです

3日で太ももマイナス5cmの足痩せに成功した話題の方法とは

 


今回のまとめ

1)そもそも耳の奥はどうなっている?構造や役割とは

2)耳の奥の痛みにも種類がある?2種類の痛みと違いとは

3)口を開けると耳の奥が痛い3大原因とは

4)試せる応急処置とは?症状への対処方法

5)病気かどうかのチェックと判断基準とは

6)症状が続く場合は注意!可能性のある3種類の病気とは

7)専門家での検査を!症状が気になる場合へ試したい検査・治療方法

8)生活習慣から改善を!耳の奥が痛い症状への予防習慣とは