女性の患者の問診を行っている医師

頭が痛いことは誰しも経験があると思いますが、特に眉毛の辺りが痛いことはないでしょうか?眉毛の辺りという特定の場所になりますが、経験のある方もいるのではないかと思います。

眉毛の辺りが痛い、そんな症状についてご紹介します。


   


眉毛の辺りが痛い原因って?注意したい4大原因と病気


1)どんな症状が?眉毛の辺りの痛みの代表的な症状とは

眼精疲労による筋肉疲労が考えられます。視力の悪い方の目の側の眉毛付近に痛みを感じたりする場合、そちらの方が筋肉が疲労しているという事になります。

また、三叉神経が周囲の血管から圧迫を受けて強い痛みが出る場合があります。この場合は、痛みの持続は一瞬から数秒でなくなり、長く続くことはありません。

2)眉毛の辺りが痛い?考えられる4大原因とは

(1)風邪

風邪で発熱し、頭痛があるときに眉毛の辺りに痛みを感じる場合があります。咳、鼻水、鼻づまりなど、他にも風邪の症状がある場合、それが原因となっている可能性が高いので、風邪が治ると眉毛の辺りが痛い症状もなくなります。

(2)副鼻腔炎

鼻の奥に広がる空洞、副鼻腔という場所で炎症を起こすことを急性副鼻腔炎といいます。色のついた鼻水が出たり、頭痛などの症状が現れるのですが、眉毛付近の痛みを感じる場合もあります。

(3)偏頭痛

ストレスや疲労、睡眠不足などの不規則な生活が原因で起こる頭痛です。女性に多く見られます。頭の片側が痛むことが多いのですが、眉毛の辺りの奥に痛みを感じる場合もあります。

(4)眼精疲労

パソコンやスマホの画面を一日中見て過ごす人が増え、自分では気付かないうちに目を酷使している人が増加しています。目を酷使すると慢性的な目の疲れによる眼精疲労という状態になります。眼精疲労の症状に目の疲労感、重圧感、痛み、かすみ、頭痛、肩こり、吐き気がありますが、眉毛当たりの痛みのある人もいます。

3)自分でできることは?症状へ試したい対処方法とは

まずは頭痛薬を飲んで安静にすることが一番です。無理をして動き回ると、痛みはひどくなってしまいます。ですので、安静にすることを一番に考えてください。

4)これって病気?病気かどうかのチェック・判断基準とは

我慢できる程度の痛みが脈拍のリズムで現れる・こめかみから頭の前部にかけてズキズキと痛む・痛みに加え首や肩が凝っている・くしゃみや咳をするだけで痛む・頭が割れるように我慢できないほどに痛む

上記のような場合は病気の可能性があります。とにかく、痛みが激しい場合は病気の可能性があるといえますので、速やかに専門家を受診しましょう。

Men are undergoing medical examination

5)病気の可能性とは?考えられる5種類の病気

(1)偏頭痛

東部の血管が拡張して炎症を起こしてしまい、三叉神経が刺激を受けて現れる頭痛と考えられます。頭の片側が痛かったり、横からおでこにかけて痛かったりします。

(2)緊張型頭痛

長時間に渡り同じ姿勢であったり、パソコン作業、ストレスや緊張が原因で起こるものと考えられています。睡眠不足で脳の休養が不十分でも発症しやすい頭痛です。眉付近を含めた頭全体が鈍く痛むことが多いです。

(3)副鼻腔炎

鼻と副鼻腔を繋いでいる排泄路が細菌感染やアレルギー反応が原因で閉じてしまうことにより、副鼻腔に膿が溜まる病気です。風邪などが悪化して発症する場合もあるのですが、最近ではストレスや緊張、休養の不十分で抵抗力が落ちていることも原因になります。

(4)高血圧症

血圧が高い状態になります。高血圧症により首や肩が凝ってしまい、頭部周辺の血流が影響されて頭痛が現れやすくなります。

(5)脳血管性疾患

脳内の血管が切れたり、脳内の細い血管が詰まってしまう病気です。脳梗塞や脳出血などがあります。後遺症が残る場合もありますが、最悪は命を落としてしまう場合もあります。

6)症状が続く場合は注意!試される可能性のある検査・治療方法

(1)検査方法

脳神経外科や耳鼻咽喉科などを受診することになります。頭部のCT検査や、頭部のMRI検査を行うことになります。

(2)治療方法

薬物の投与が行われることが多くなります。内服薬の場合もありますが、状態によっては点滴を用いることもあります。また、副鼻腔炎や脳血管疾患で状態が酷い場合は手術になる場合もあります。この場合は入院も必要となります。

7)日常から改善を!眉毛の辺りが痛い症状への予防習慣とは

(1)休息を十分にとる

睡眠時間をしっかり確保し、休養を十分とるようにしましょう。首や肩の筋肉を休めたり、脳内を休めたり、眼を休めたりすることができ、ストレスや緊張が軽減します。

(2)首や肩の凝りを防ぐ

首や肩の凝りを防ぐことで頭痛が現れにくくなります。マッサージだけでなく、体を温めたり、血流の改善を行うといいでしょう。

(3)ストレスをためない

タバコやアルコールの摂取以外の体に優しい方法でストレスを溜めない工夫をするといいでしょう。ストレスはいろいろなものを引き起こします。ストレスはなるべくためないようにしましょう。


   


今回のまとめ

1)どんな症状が?眉毛の辺りの痛みの代表的な症状とは

2)眉毛の辺りが痛い?考えられる4大原因とは

3)自分でできることは?症状へ試したい対処方法とは

4)これって病気?病気かどうかのチェック・判断基準とは

5)病気の可能性とは?考えられる5種類の病気

6)症状が続く場合は注意!試される可能性のある検査・治療方法

7)日常から改善を!眉毛の辺りが痛い症状への予防習慣とは