お茶を飲みながらパソコンをしている女性

残業後や長距離運転の後、ふと目の疲れに気付いたことはありませんか?目の疲れは、目のかすみや頭痛を招いてしまいます。

そこで今回は、目の疲れの原因や、その疲れを取るお茶・栄養素等をご紹介していきます。眼疲労を解消して健康的な毎日を送りましょう。


   


目の疲れに毎日1杯!注目の栄養素と目にいいお茶5選


1)そもそも目の疲れや負担はなぜ起こる?主な5大原因

(1)目の病気によるもの

近視・乱視・老眼等で視力が低下すると、物を見る際に目のピントを合わせようと目の筋肉の緊張が続き、疲労を招きます。

又、目を凝らす事でも、眼疲労が起こります。その他にも、ドライアイ・緑内障・白内障・斜視・瞼下垂等の目の病気でも眼疲労が起こりやすくなります。

(2)メガネやコンタクトの度数が合っていない

メガネやコンタクトの度数が合っておらず、目がピントを合わせようと働く事で、眼疲労を起こします。左右で視力の差がある場合も、目の疲れを招きます。

(3)体の病気が目に影響して起こるもの

風邪・自律神経失調症・更年期障害・歯周病や虫歯・耳や鼻の病気等、体に不調がある場合、目が疲れやすくなります。上記以外でも、体の不調により眼疲労が起こる事があります。

(4)目の使い過ぎ

パソコンやスマートフォン等を長時間使用する事で、眼疲労が起こります。

(5)精神的なストレス

慢性的なストレスは、心身ともに様々な不調を招きます。眼疲労もその一つです。

2)ここに注目!目に必要な8種類の栄養素

(1)アントシアニン

夜間の視力アップや眼疲労・眼精疲労に効果的です。又、眼球内の毛細血管を強化する働きや、血行促進効果もあります。アントシアニンの1日の摂取量の目安は、43~90mgです。

アントシアニンはブルーベリー等に多く含まれていますが、43~90mgのアントシアニンを摂取しようと思うと両手いっぱい程のブルーベリーが必要です。

よって、摂取の際は、健康食品やサプリメントでの摂取が望ましいです。

(2)ビタミンA

涙を生成する際に必要な粘膜の形成・修復を助ける効果があります。ドライアイ等からくる眼疲労に効果的です。ビタミンAの1日摂取量は、成人男性の場合850μgRAE、成人女性の場合650μgRAEです。

(3)ビタミンB1

目の周辺の筋肉の疲れを緩和させる効果があります。ビタミンB群はアルコールにより、大幅に減少しますので、摂取の際はアルコールを控えましょう。

ビタミンB1の1日摂取量は、成人男性の場合1.4mg、成人女性の場合1.1mgです。

(4)ビタミンB2

目の粘膜を正常化する働きがあります。ビタミンB2の1日摂取量は、成人男性の場合1.6mg、成人女性の場合1.2mgです。

(5)ビタミンB6

目の水晶体の代謝と、免疫機能を高める効果があります。ビタミンB6の1日摂取量は、成人男性の場合1.4mg、成人女性の場合1.2mgです。

(6)ビタミンB12

視神経を正常化する働きがあります。ビタミンB12の1日摂取量は、成人男性・女性共に2.4μgです。

(7)ビタミンE

血行促進効果により、眼疲労やドライアイを防止する働きがあります。又、老眼予防の効果もあります。ビタミンEの1日摂取量は、成人男性の場合6.5mg、成人女性の場合6・0mgです。

(8)亜鉛

視神経の伝達を助ける働きがあります。又、目の粘膜の健康維持も期待できます。

こちらもアルコールと一緒に摂取すると激減してしまう栄養素ですので、摂取の際はアルコールを避けて下さい。亜鉛の1日摂取量は、成人男性の場合12mg、成人女性の場合9mgです。

3)目の疲れに効く・目にいいお茶5選

(1)目薬の木茶(メグスリノキチャ)

全世界で日本にだけ自生しているカエデ科の落葉樹です。名前から分かる様に、江戸時代から目薬や洗眼薬として使われてきました。

そんな目薬の木茶の効果は、疲れ目・かすみ目の改善や白内障の進行を止める効果があります。又、目薬の木に含まれる「ロドデンドロール・タンニン」の効果により、ただれ目・はやり目・ものもらい等にも効果的です。

目薬の木茶はノンカフェインですので、妊婦さんでも取り入れやすいです。そして目薬の木茶の効果を高めるなら、温かくして飲む事と、ビタミンCと一緒に摂取する事をオススメします。

(2)ハブ茶

ハブ茶はエビスグサという植物の種子(決明子)が原料のお茶です。中国では目に活力や明かりを与えるとされ、目の疲れや目の充血の民間薬として使用されてきました。

ハブ茶にはクセがあまりありませんので、ホットでもアイスでも飲みやすいです。カフェインも含まれていませんので、毎日の健康にオススメです。

(3)菊花茶

菊花茶は中国ではお馴染みのお茶です。目に良いと言えばブルーベリーですが、漢方の本場中国では菊花茶が目の不調改善に取り入れられます。

菊花茶の効果は、眼疲労改善(消炎・鎮静)の効果があります。又、リラックス効果もありますので、ストレスからくる眼疲労に効果的です。

菊花茶もノンカフェインですので、就寝前のリラックスタイムに取り入れると良いでしょう。

(4)アイブライトティー

アイブライト(和名:コゴメグサ)は、ゴマノハグサ科の一年草です。名前に「アイ」と付いているだけあり、目の不調改善に効果的です。

アイブライトには、目に必要な栄養素であるビタミンAやビタミンEが豊富に含まれています。目の酷使による眼疲労や充血を解消する働きや、花粉症による目のかゆみ等にも効果があります。

花粉症シーズンの前から飲み始めると効果を得る事ができるでしょう。

(5)赤ブドウ茶

ワインの原料である赤ブドウの葉で作られたお茶です。赤ブドウの葉には、ワインよりもポリフェノールが多く含まれており、その中には眼疲労に効果的なアントシアニンも含まれています。

又、血行促進効果もありますので、目の血行を良くし疲れにくくする働きもあります。

ティーポットとお茶

4)食事にも注目?目にいい食べ物5選

(1)ブルーベリー

ブルーベリーの主成分はアントシアニンですので、疲れ目・視力回復・目の毛細血管の強化等の効果があります。ブルーベリーの中でも「ビルベリー」という果実に、アントシアニンが豊富に含まれています。

(2)ケール

ケールには「ルテイン」という成分が含まれています。ルテインは野菜や果物に含まれる色素の一種で、目の網膜にも存在します。

その効果は、目に有害な光や紫外線等から目を守る働きをします。又、目の網膜に関わる病気の予防にも効果的です。

このルテインは、ケールの他ににんじん等の緑黄色野菜、卵黄、蕎麦にも含まれていますので、これらも積極的に取り入れると良いでしょう。

(3)納豆

納豆にはビタミンB2が豊富に含まれています。ビタミンB2には、眼球の表面・角膜・結膜を保護する働きがあります。

又、目の周辺の血行を良くする働きがありますので、充血を解消する効果もあります。

(4)ゴマや落花生

ゴマや落花生等の種実類には、目の健康に欠かせないビタミンB1やビタミンEが豊富に含まれています。よって、疲れ目改善や視力低下の防止効果を得る事ができます。

又、ビタミンEには血行促進効果がありますので、目の血行を良くし、栄養や酸素を確実に送り届ける事ができます。

(5)青魚

青魚にはDHAが含まれており、視神経や網膜等の、目に重要な組織を作り出すのに欠かせません。又、DHAにも血行促進の作用がありますので、目の組織を活性化する効果があります。

そして、摂取したDHAが目の隅々にまで行き渡る事で、視力回復・眼疲労の解消・老眼予防効果を得る事ができます。

5)どんな食べ方・食べ合わせがオススメ?

ここまでにご紹介してきた栄養素や食品は、単品でそればかり食べていても効果はありません。様々な食品と一緒に摂取する事が望ましいでしょう。

目のトラブル解消に効果的なアントシアニンは、野菜や果物等と一緒に摂取すると良いです。そして、ビタミンB群はまとめて摂取する事で相互作用により効果を高める事ができます。

この様に、1つの栄養素・食材だけを摂取するのではなく、バランスの良い食事を心掛けましょう。

6)毎日の生活から改善を!目の病気の予防に効果的な習慣とは?

目の疲れを眼疲労と言いますが、この「眼疲労が続く・重症化する事を眼精疲労と言います。」眼精疲労にならない為にも、目の疲れは早めに改善する事が大切です。

仕事でPCやスマホ等を使う場合はどうする事もできませんが、私用で使う場合は、少し控えめにしましょう。目は使えば使うだけ疲れやすくなりますので要注意です。

目に疲れを感じた際は、目の周辺をマッサージしたり、ホットタオル等で目の血行を良くしましょう。

7)なかなか継続が難しい方は!サプリメントも効果的?

今回ご紹介した目に効果的な栄養素ですが、毎日食事から摂取するのは難しいでしょう。よってサプリメントの摂取がオススメです。

又、眼疲労に効果的なブルーベリーのサプリメントや健康食品等も販売されていますので、目のトラブルにお悩みの方は取り入れると良いでしょう。

 


 


今回のまとめ

1)眼疲労は、目の病気・体の不調・目の酷使・ストレス等が原因で起こる

2)目には、アントシアニン・ビタミンA・ビタミンB群・ビタミンE・亜鉛等の栄養素が必要である

3)目に良い食材や栄養素は、どれもバランス良く摂取する事が肝心である

4)目の疲れを感じたら、マッサージやホットタオルで早めの改善を心掛ける

5)眼疲労改善には、サプリメントや健康食品で必要な栄養を取り入れる事も効果的である