マンゴーフルーツ

現代社会では何かと目を酷使しがちです。その結果、目が疲労してしまうないいていう覚えはありませんか。目の疲れは、目だけでは無く、体の色々なところに悪い症状を引き起こします。

目に良い果物を食べることで、目の疲れを予防しましょう。


   


【まとめ】目に良い果物6選!目とフルーツの関係を解説


1)目の疲労が続くとどうなる?眼精疲労の代表的な症状とは

目を使う作業を続けることで目が疲労してしまった状態を眼精疲労と言います。眼精疲労になると、眼痛、眼のかすみ、まぶしさ、充血などの症状が現れます。また目以外にも頭痛や肩こり、吐き気などの症状が引き起こされる場合もあります。

2)放っておくとキケン?目の疲労から考えられるリスクとは?

眼精疲労の直接的な原因は目の疲労ですが、通常江あれば一晩ぐっすりと眠れば回復するはずです。ところが眼精疲労の症状がずっと続くと言った場合には,眼精疲労と言う症状の背後に別の原因が潜んでいるおそれもあります。

眼精疲労が長く続いた結果、別の病気に発展してしまう可能性もあります。そのため、症状が現れた際には、早めに回復させるようにしましょう。

3)目にはこの栄養素を!目に大切な◯大栄養素とは

(1)アントシアニン

アントシアニンは、抗酸化作用を持つポリフェノールの一種です。目の病気の原因となる活性酸素を除去してくれる働きがあります。積極的に摂取することで近視や白内障、老眼を予防できるので、目が疲れにくくなります。

(2)ビタミンA

ドライアイを防いで目の潤いが少なくなると目の疲れは格段に増してしまいます。そのためにも、目の潤いを絶やさない涙を生成するために重要な役割を果たす、ビタミンAを積極的に設置しましょう。ビタミンAは涙の一部であるムチン層の生成に働きかけてくれます。その結果、涙の分泌量を増やすことが出来ます。

(3)ビタミンB群

ビタミンB群を摂取することで、目に良い効果があります。ビタミンB1は目の周辺の筋肉の疲労を緩和してくれます。ビタミンB2は目の粘膜の正常化を助けてくれます。

ビタミンB6は水晶体の代謝と免疫機能を高めることによって、目が疲れ難くなります。ビタミンB12は視神経の機能を正常に保ってくれます。

(4)ビタミンE

ビタミンEは、血行を促進してくれます。その結果、疲れ目やドライアイを予防する効果があります。また老眼を予防する効果もあります。

(5)亜鉛

亜鉛は視神経の伝達を助けます。また皮膚や粘膜の維持に効果があります。積極的に摂取することで、視神経の機能低下を予防することが出来ます。

4)毎日果物を!目に良い果物6選

(1)ブルーベリー・カシス・ぶどう

ブルーベリーやカシス、ぶどうといったベリー類はアントシアニンを豊富に含んでいます。これらのベリー類を食事の後のデザートとして積極的に摂取し、目の運動を行うことで目が疲れにくくなります。

またぶどうにはビタミンB1も含まれており、特に干しぶどうに多くのビタミンB1が含まれますので、目に良い相乗効果が期待できます。

(2)マンゴー

マンゴーはビタミンAを豊富に含む果物です。季節によっては手に入りにくいこともありますが、その場合はニンジンやカボチャなどの野菜も一緒に摂取することで十分なビタミンAを摂取することができます。

(3)アボカド

アボカドにはビタミンB6やビタミンEといった栄養を含んでいます。また亜鉛も含んでいます。サラダなどに加えて食べることで他のビタミン類も一緒に摂取できるので、毎日の食卓にアボカドを使った料理を一皿加えることを心がけてみましょう。

(4)

栗は亜鉛を豊富に含んでいる果物です。亜鉛は加熱しても壊れない栄養素なので、ゆで栗を食べたり天津甘栗を食べても良いでしょう。栗の入ったスイーツを食べても同じ効果が期待できます。

※生で食べられるフルーツは出来るだけ生で食べるように心がけましょう。ビタミン類は加熱することで効果が薄れたり無くなってしまうものもあるため、生で食べた方が目に良い栄養を効果的に摂取できます。

Plate of healthy fresh fruit salad

5)ここに注意!果物を摂取する上での注意点とは?

ここまでに紹介した目に良い果物を摂取する上での注意点ですが、食べ過ぎに注意しましょう。ブルーベリー、カシス、ぶどうといったベリー類は一度に多くを食べ過ぎるとおなかが緩くなってしまうことがあります。

また種類によっては糖分も多いため、カロリーも少し気になります。マンゴーは食べ過ぎることでアレルギー症状が出る場合があります。

マンゴーアレルギーの症状が出ると、顔や口の周りに水疱ができて強い痛みを伴います。アボカドは資質が多いため、食べ過ぎることで胃痛や胃もたれの症状が出る場合もあります。栗は生で食べるとデンプン質が分解されておらず消化しづらい状態のため、胃もたれの原因になる可能性があります。

6)毎日の生活から改善を!目に効果的な習慣とは?

(1)パソコン・スマホのこまめな休憩

目の疲れは普段の生活習慣が原因で起きていることが多くあります。特に現代社会ではパソコンやスマホの画面を長時間眺めて、目を知らず知らずのうちに酷使している状況があります。

1時間作業したら5分休むと行った意識して休憩を挟むようにすることで目の疲れを和らげることができます。

(2)適度な運動

またデスクワークの時などは特に、一定の姿勢をずっと続けることとなります。その結果血流が滞り、目の周辺や方など、悪影響を及ぼしかねません。30分〜1時間に1度でも、気づいたときに少し肩甲骨周りをほぐしたり、肩を回すなどして、同じ姿勢から解放してあげましょう。

適度な運動を行うことで、目の周辺やそこにつながる、首や肩の筋肉の緊張を緩め、目の疲れを起きにくくするようにしましょう。

7)目にはサプリメントも効果的?

目に良い栄養を果物だけで取り続けるは以外と大変です。そんな時にはサプリメントで栄養を補いましょう。

選ぶサプリメントは、アントシアニンやビタミンA,ビタミンB群、ビタミンEを含んだもの。それから亜鉛を含んだサプリメントを普段の食事にプラスして摂取してください。そうすることで疲れにくい目を手に入れることができます。


   


今回のまとめ

1)目を使う作業を続けること眼精疲労になる

2)眼精疲労になると、眼痛、眼のかすみ、まぶしさ、充血などの症状が現れる

3)眼精疲労は頭痛や肩こり、吐き気などの症状も引き起こす

4)眼精疲労を予防するためアントシアニンやビタミンA,ビタミンB群、ビタミンE、亜鉛を積極的に摂取しよう

5)目にはブルーベリー、カシス、ぶどう、マンゴー、アボカド、栗といった果物が良い

6パソコンやスマホの長時間利用などの生活習慣を改善して目の疲れを予防しよう