体調不良でベッドにいる女性

あなたは、日常生活の中で目尻が痛くなることで不便に感じることや何かの病気ではないかと気になったことはありませんか。今回の記事では、目尻が痛い症状が続く場合に考えられる病気や目尻が痛む原因、目尻の痛みへの予防習慣などについて紹介します。


   


目尻が痛い・・?放っておけない原因と4種類の病気とは


1)症状の解説!目尻の痛みの3つの種類と特徴の違い

(1)まぶたを押すと痛みを感じる

(2)痛みの他に異物感を感じる

(3)重い鈍痛を感じる

2)痛むのはなぜ?目尻が痛い5大原因とは

(1)異物

目尻には溝があり、異物などたまりやすいです。たまった異物が眼球などを刺激することで、目尻が痛む原因になっている可能性があります。

(2)神経

目尻の周辺の皮膚はとても薄く、眼球周辺には繊細な神経もあります。神経が原因となって痛みを感じている可能性があります。

(3)ドライアイ

ドライアイは、眼が乾く症状だけでなく眼の痛む症状を発症することがあるので目尻が痛む原因となっている可能性があります。

(4)眼精疲労

PCなどによる目の酷使により眼精疲労を引き起こすと、まばたきの回数も減少してドライアイにつながりやすいので、目尻が痛む原因になっている可能性があります。

(5)病気

緑内障や白内障などの病気により、目尻が痛む原因になっている可能性があります。

3)応急処置を!痛みへの対処方法

(1)目薬の使用

目薬はドライアイで痛みを発症している時には、対処法として有効なことがあります。

(2)目を休ませる

眼精疲労で目の筋肉が疲れていると、筋肉痛により目尻が痛んでいる可能性があります。長時間目を酷使した後は、しばらく遠くを見るなどで目を休ませてあげることが対処方法として有効なことがあります。

(3)病院へ

目の病気の場合、病院で適切な治療を受けないと目尻が痛む症状が改善しないこともあります。痛みの症状で気になるようであれば、病院にて適切な治療を受けることが対処方法として有効なことがあります。

Portrait of tensed female doctor with head in hands

4)症状が続く場合に!考えられる4種類の病気とは

(1)緑内障

緑内障は、視神経という器官に障害が起こることで視野が狭くなる病気といわれています。緑内障のうち急性緑内障であれば、症状で眼痛があるので原因となっている病気の可能性があります。

(2)流行性角結膜炎

流行性角結膜炎は、アデノウイルスといわれるウイルスに感染することで発症する病気といわれています。症状としては、結膜炎を発症することから目尻に近い耳前リンパ節が腫れて触れることによる痛みがあることから原因となっている病気の可能性があります。

(3)老眼

老眼は身体が老化することで、調節機能が低下し近くの物に対するピントが合わせることが難しくなるなどの症状といわれています。老眼の症状として目が疲れやすくなることから、眼の周りの筋肉痛により痛みの原因となっている病気の可能性があります。

(4)結膜弛緩症

結膜弛緩症は角膜の周りにある、結膜がゆるむことでしわになり様々な症状を発症する病気といわれています。症状として、たるんだ結膜があることでたるみの摩擦により痛みやゴロゴロするといった症状を感じるので、原因となっている病気の可能性があります。

5)気になる場合は専門家へ!目尻の痛みへの検査方法

目尻の痛みが気になる場合は、眼の病気の可能性があるので眼科を受診しましょう。緑内障が疑われる場合の検査方法を紹介します。

(1)眼圧検査

緑内障は、眼圧の高さが症状の特徴としてあるので眼圧を測定することで緑内障ではないかを判断します。

(2)眼底検査

緑内障は、網膜の神経線維の欠損により視神経乳頭のへこみが大きくなるといわれているので、眼底検査により視神経乳頭の構造と網膜を観察して緑内障の診断に使われます。

(3)画像検査

網膜神経繊維層の欠損を確認するために、画像検査により眼の網膜の断面図を見る検査方法です。

(4)視野検査

緑内障は視野の欠損が自覚症状で気が付きにくい病気なので、視野検査により自覚しにくい視野欠損があるか、その広さの確認を行なう検査方法です。

group of happy doctors meeting at hospital office

6)病気の場合には?目尻の痛みへの治療方法

緑内障の場合の治療方法を紹介します。

(1)薬物治療

緑内障の治療では、薬物治療が治療の基本となるといわれています。薬物治療には点眼薬があり、緑内障の種類や重症度などによって処方されます。目薬の場合、治療の効果としては病状の維持なので長期的に続けていく必要があります。

(2)レーザー治療

レーザー治療では、多くの閉塞隅角緑内障に効果があるといわれる虹彩に孔を開けて眼内の房水の流れを変える方法と一部の開放隅角緑内障に効果があるといわれる線維柱帯に照射し房水の排出を促進する方法の2種類があるといわれています。

(3)手術

手術は、薬物治療およびレーザー治療を行なっても効果が得られなかった場合に行われる治療法といわれています。手術は、眼圧を下げて緑内障の進行を止めるのが目的といわれています。

7)生活習慣を整えよう!目尻の痛みへの4つの予防習慣

(1)食習慣

食事の栄養が偏っていることや不足していることは、目の健康を維持するためにも良くありません。栄養でビタミンAやミネラル、ポリフェノールなどは、目の粘膜を保護したり涙の量を一定に調節してくれたりと目にとって良い効果をもたらす栄養素もあるので、栄養をバランス良く摂取することが目尻の痛みの予防に効果があります。

(2)生活習慣

PCの画面を見て操作をする時、部屋の照明が画面に映り込んでしまうことは画面が見づらくなり目の疲れを招くので目尻の痛みの予防に良くありません。PCを操作する時には、照明や窓の光が画面に映りこまないように工夫することが目の痛みの予防に効果があります。

(3)睡眠習慣

PCや携帯電話などで夜更かしをして目をあまり酷使するのは予防に良くないので、目の筋肉を休ませるためにも質の良い睡眠を取ることが目尻の痛みの予防に効果があります。

(4)運動習慣

目の周りの筋肉が固まっていることは、目の疲れを招き目尻の痛みの予防に良くありません。目を大きく開いて強く閉じるや眼球を回す運動をすることは、目の周りの筋肉の固まりを解消できるので目尻の痛みの予防に効果があります。


   


今回のまとめ

1)症状の解説!目尻の痛みの3つの種類と特徴の違い

2)痛むのはなぜ?目尻が痛い5大原因とは

3)応急処置を!痛みへの対処方法

4)症状が続く場合に!考えられる4種類の病気とは

5)気になる場合は専門家へ!目尻の痛みへの検査方法

6)病気の場合には?目尻の痛みへの治療方法

7)生活習慣を整えよう!目尻の痛みへの4つの予防習慣