右目に違和感のある女性

みなさん、たまに目が痙攣したように震えたりすることはあると思います。しかし右目だけが痙攣することがあったりした時不思議に思いませんか。

病気かなと悩んでいる方もいると思います。今回は右目が痙攣する原因や病気の可能性、対処方法をご紹介します。


   


右目が痙攣する5大原因!病気・治療方法とは


1) 右目が痙攣する5つの症状

(1) 目が乾燥

テレビが好きな方やパソコン作業をする方に多いです。テレビが画面に集中していると、まばたきの回数が減ります。

それによって、乾燥し、目がショボショボするなど起きます。人によっては両目や片側だけの目が痙攣したりする方がいます。

(2) 目が眩しくなる

太陽や電気などを見て、眩しく感じることはありますが、光や太陽など微量の光でも、眩しくなり目が痛くなることがあります。それに伴い、右目だけが痙攣したり両目が痙攣することなどあります。

(3) 涙が出にくい

目は涙によって守られていますが、涙の分泌が減少することなどにより痛みや乾燥や疲れが出て両目や片目だけが痙攣するなどが起きます。

(4) 頭痛

頭痛がひどい方など、目が疲れたりしやすく両目や片方の目が痙攣することなどがあります。右目だけの場合や左目だけの場合もありますが、脳の病気がひそんでいる可能性があります。

(5) 片側顔面麻痺

術後の後遺症や病気の初期症状などで、片側の顔面が麻痺することがあります。それによって、右目が痙攣したり左目が痙攣したりと様々な症状が出現します。

2) 右目が痙攣する5大原因

(1) スマホパソコン

パソコンの作業を長時間したり、寝る前などスマホを暗い中見続けたりすることによって、目が疲れたりまばたきの回数が減ることによって両目や片目など痙攣することがあります。

(2) ストレス

ストレスが溜まりすぎていたり、精神疾患に患い治療している方など神経伝達物質の減少などにより目の痙攣が起こることがあります。両目の痙攣や右目や左目の痙攣と人によって様々です。

(3) 睡眠不足

睡眠不足や睡眠時間が少ないことなどにより、目が疲れたりなどして右目が痙攣したり両目が痙攣したりします。個人差はありますが、目が開けられなくなるほど痙攣がひどくなることがあります。

(4) 術後後遺症

脳や目などの手術を受けた方などで、稀に顔面麻痺や右目の痙攣や両目の痙攣など起こることがあります。

(5) 病気

病気の初期症状や症状として右目だけの痙攣や両目の痙攣と出ることがあります。目の痙攣にも軽度から重度とあります。目の病気の場合もあれば脳の病気の症状としてでることがあります。

3) 右目が痙攣する場合の3つの対処法

(1) 市販薬「目薬」

仕事中や勉強中などに、目がピクピク痙攣してくることなどがあります。目の疲れや目の乾燥の場合などもあるので、市販薬の薬などで、一時的に目を潤して様子を見てみましょう。

それでも右目の痙攣や両目の痙攣などが止まらない場合などは、すぐに受診をするようにしましょう。

(2) 保温

目の血流が悪くなることにより、目の疲れや右目や左目の痙攣、両目の痙攣まで出ることがあります。

休憩時間や寝る前などに、温めたタオルや目を温めるアイマスクなど販売されているので使用して血流を良くすることで軽減されることがあります。

(3) 遠い景色を見る

視界がぼやけて見えたり、乱視など物が二重に見えたりする方などにも痙攣などが起きることがあります。ですので、遠い景色を眺めたりして休憩したりすると、目のピントが合うようになったり、痙攣が軽減されることがあります。

※上記の対処方法はあくまでも瞬間的な対処方法となります。痛みや違和感が続く場合は、速やかに専門医で検査を受けましょう

Doctor and surgeon reading notes

4) 右目が痙攣する場合に考えられる5つの病気

(1) 眼精疲労

パソコン作業を長時間したりテレビの見すぎなどによって、目が乾燥することなどによって慢性化する病気です。

目の血流などが悪くなることによって発病しやすくなることが特徴です。目の乾燥による痛みや、両目や片目の痙攣なども症状としてあります。

(2)白内障

目の中にある水晶体という部分が濁り、目が白くなったりする病気です。30代後半から発病する可能性が高い病気です。

初期症状など気づくことが少なく、進行するにつれて、視界が白みがかかって見えたりすることがあります。両目が痙攣したり右目だけだったり左目だけ痙攣したりと人により症状の出方も違うのが特徴です。

(2) 緑内障

目の眼圧が高まることにより、視神経に障害が起きる病気です。適切な治療を受けないと失明する可能性もあり危険な病気です。

視界が狭く感じたり、光が普段よりも眩しく感じたりなど様々な目の症状が出てきます。その中で、両目の痙攣や片目、右目だけの痙攣や左目だけの痙攣などもあります。

(3) 脳梗塞

脳の血管が詰まることによって、脳の組織などが壊死したりする病気です。それによって、身体に様々な神経障害などを起こし、場合によっては詰まった血管が破裂し出血するなど命に関わる危険な病気でもあります。

出血など微量の場合など、症状として右目が痙攣したり左目が痙攣したりと症状がでることがあります。左脳の血管が詰まったり出血した際に右目が痙攣する場合があります。

(4) 脳腫瘍

脳内に腫瘍ができることによって、脳神経が圧迫され身体の部位などに障害がでる病気です。腫瘍のできる部位によって症状も異なりますが、右目の痙攣なども症状としてあります。

しかし、一番最初に出る症状は頭痛などです。

(5) うつ病

ストレスや脳の機能が低下することにより、気分の落ち込み、やる気が起きないなど、場合によっては自ら命を絶とうとしたりすることがある病気です。

ストレスがかかることにより、脳の神経伝達物質の機能が低下し、涙の分泌なども少なくなり乾燥したりなどします。それにより両目が痙攣したり右目や左目だけの痙攣などもあります。

5) 右目が痙攣する症状への5つの検査方法

(1) 眼圧検査

目にある角膜という部分に空気をかけて、その角膜の変化などを見て眼圧を調べる検査です。眼圧は日々、変化がある為、症状などがある場合は眼科など通院し検査を行いながら様子を見たりして慎重に診断されます。

緑内障などを疑われた場合などに行われる検査です。眼科などに受診することをお勧めします。

(2) 眼底検査

目の病気が疑われた場合などに行われます。瞳孔から目の中を見る検査で、水晶体や網膜、視神経などに異常がないか調べます。白内障などが見つかることがあります。

(3) CT検査

脳の病気が疑われた場合に行われます。頭の中のX線画像をコンピューターにて処理し輪切りにした画像にて頭部内に異常があるかないかを調べます。

場合によっては、血管内に造影剤を注入しCT撮影することにより、頭部内の血管に異常があるかないかを詳しく調べることができます。

円状の中に入りますので閉所恐怖症の方などは説明することをお勧めします。痛みはなく、約30分程かかります。浴衣のような検査着に着替える為、少し寒いです。

脳腫瘍や脳血管障害「脳梗塞、くも膜下出血」その他脳の病気などがわかります。脳神経内科や総合病院などをお勧めします。

(4) MRI検査

脳の病気が疑われた場合などに行われます。強力な電波と磁石にて、人体の断面を撮影できる検査です。頭部内の断面画像をいろんな角度から見ることができ、CT検査とは違い骨が映らないのでより詳しく調べることができます。

CT検査では確認できない脳梗塞なども見つかることがあります。脳の病気を詳しく調べることができます。頭を固定され、狭い空間に約30分程入る為閉所恐怖症の方は説明することをお勧めします。

痛みはありませんが、大きな音が鳴り響くので落ち着きません。X線撮影と違い微量の被ばくの心配もなく安心ですが、いろいろ事前説明があります。強力な磁石の中に入る為、ネックレスや装飾品などは外したりなどです。脳神経内科や総合病院などをお勧めします。

(5) 心理検査

精神的ストレスで気分の落ち込みや興味ややる気が起きないなど、身体的症状「動悸、右目の痙攣、両目の痙攣。過呼吸」などで精神疾患は疑われます。

軽いIQテストをしたり、ロールシャッハ検査というインクを垂らして染みのような画像を何枚か見せ、この部分が何に見えるかなどストップウォッチで秒数を計りながら、その時の表情なども観察され、性格や傾向などを調べることができます。

それにより精神科医が心の疲れかどうかなど精神的な病変かなど診断されます。身体の検査などを受けても身体症状などが続く場合など、心療内科や精神科をお勧めします。

Closeup on medical doctor woman explaining something

6) 右目が痙攣する症状への2つの治療方法

(1) 薬物療法

目などの病気が原因の場合など、点眼薬にて症状を抑えたり進行をおくらせたりする治療法があります。内服薬なども使われることなどがあります。

脳の病気による場合なども、血液の流れを良くする薬など使われることがあります。鬱状態などには抗うつ剤などが使用されたりします。

(2) 手術

手術によって、症状を取り除く治療法です。緑内障の場合、房水という水液を出やすくする術式があります。白内障の場合は、濁った水晶体を取り人工レンズを入れる術式があります。脳出血には、出血した血腫を取り除く術式があります。

脳梗塞などには、バイパス術という人工の血管を入れ、血流を良くするという術式などがあります。医師や家族などと相談し慎重に決断しましょう。

7) 右目が痙攣する症状への3つの予防習慣

(1) 処方薬を服用

処方薬「術後の感染や再発を防ぐ為」受診にて処方された点眼薬や内服薬などの用法容量を守り服用しましょう。副作用や異変などあればすぐに受診し医師と相談しましょう。

(2) 画面を見すぎない

パソコンやスマホ、テレビなど長時間見すぎたりせずに、目を適度に休ませたりするなど心がけて生活しましょう。

(3) ストレス発散

ストレスは脳の神経伝達物質などの機能を低下させることがあります。軽く運動したり、趣味に没頭できる楽しめる時間を作るように心がけましょう。

時にカウンセリングなどを受けて、悩みなど話したりして専門の方にアドバイスをもらったりすることもお勧めします。


   


今回のまとめ

1) 右目が痙攣する5つの症状

2) 右目が痙攣する5大原因

3) 右目が痙攣する場合の3つの対処法

4) 右目が痙攣する場合に考えられる5つの病気

5) 右目が痙攣する症状への5つの検査方法

6) 右目が痙攣する症状への2つの治療方法

7) 右目が痙攣する症状への3つの予防習慣