カルテに記入をしている女医

耳の外側が痛い場合、腫れている、炎症で赤くなっているなど、大抵何らかの外見的特徴が現れていることが大半です。これを放っておくと耳が変形する可能性もあります。ここでは、耳の外側が痛い場合の原因や対処方法について解説していきます。


   


耳の外側が痛い?気になる3大原因と試したい対処方法とは


1)そもそも耳の外側とはなに?構造や役割とは

耳の外側とは、一般的に耳介と呼ばれていて、耳たぶを除いて軟骨の上を皮膚が覆っている構造をしています。軟骨は弾力のあるエラスチンというタンパク質でできており、耳介を一定の形状に保つ働きをしています。耳介の主な役割は外部の音を拾い集めることです。また、耳介に存在する溝や突起は、外部の音を共鳴させて聞き取りやすくする効果があります。人は耳介の筋肉が退化しているため、耳介を動かすことは困難です。

2)なぜ症状が現れる?耳の外側が痛い3大原因とは

(1)外傷

スポーツなどで耳に傷をつける、フルフェイスのヘルメットを長時間付けているといった耳への圧迫が原因で症状が現れます。

(2)細菌感染

細菌が傷口から感染して痛みを引き起こします。なので、ピアスの穴を開けるなどすると感染のリスクが高まります。細菌感染の原因菌として最も多いのが黄色ブドウ球菌や緑膿菌です。耳介は皮膚が薄いので、容易に感染します。

(3)ストレス

ストレスによって身体の免疫力が弱まります。そのため、細菌やウイルスに感染する恐れが高くなります。

※耳が腫れていたら患部を氷で冷やすことで症状が落ち着くこともあります。この時直接耳に氷を当てると凍傷の恐れがあるので、タオルなどを間に挟むと良いでしょう。症状が軽い時は耳介が若干赤く腫れますが、進行すると腫れが目立ってきます。また、熱を持ち、強い痛みを感じることもあります。

3)症状が続く場合は注意!可能性のある3種類の病気とは

(1)耳介軟骨膜炎

耳介を構成する軟骨はデリケートで、ちょっとした刺激を与えると炎症を起こしてしまいます。例えば切り傷、虫刺され、やけど等が挙げられます。耳介軟骨膜炎は免疫力が低下していると発症しやすくなります。また、糖尿病の患者にも多く見られます。耳介軟骨膜炎は、耳介の軟骨と軟骨膜の間に膿が溜まった状態です。症状としては、まず耳介の表面が赤く腫れ、これが次第に耳介全体を覆っていきます。大抵の場合発熱、痛みを伴います。治療しないと軟骨が壊死し、耳介の形状に歪みが発生します。

(2)耳介血腫

ある特定の部位に血液が大量に溜まり、固まった状態を血腫と言います。耳介血腫とは、耳介の皮下、軟骨膜下に血液が溜まり、腫れあがることです。耳への圧迫、摩擦や打撲が繰り返されることで発症します。

(3)耳性帯状疱疹

耳性帯状疱疹はラムゼイ・ハント症候群とも呼ばれます。過去に水痘・帯状疱疹ウイルスに感染した際に、ウイルスが神経節に潜伏します。身体の抵抗力が低下している時や疲労蓄積時にこのウイルスが再び活動を始め、耳性帯状疱疹は発症します。症状の現れ方としては、まず耳の後ろに鈍痛を感じ、数日後に耳介、外耳道に発疹が生じます。付随する症状として、顔面神経麻痺、めまい、難聴があります。

doctor giving pills to woman at hospital

4)専門家での検査を!症状が気になる場合へ試したい検査・治療方法

病気かもしれないと思ったら、早めに耳鼻咽頭科で診てもらいましょう。

(1)検査方法

・耳介軟骨膜炎

耳介軟骨膜炎の検査には問診や視診、CTを使用して炎症がどこまで広がっているのかの確認がされます。

・耳介血腫

症状が現れた経緯の問診をし、耳の状態を視診、場合によっては血液検査で耳介血腫かどうかを判断します。

・耳性帯状疱疹

視診と共に聴力検査や平衡機能検査が行われます。診断を確定させるために血液検査やウイルス抗原検査がされることもあります。あるいは、疱疹か唾液に含まれる水痘帯状疱疹ウイルスを検出するのが確実な方法です。

(2)治療方法

・耳介軟骨膜炎

治療が遅れると耳介が変形してしまうので、早期治療が推奨されます。まず、多くの菌に効果のある広域スペクトラム抗生剤と、炎症を抑える消炎鎮痛薬の投与が行われます。酷い炎症には副腎皮質ステロイドが用いられます。または入院して手術を行うこともあります。耳介を切開して膿を取り除き、最長で10日間ほど抗菌薬の点滴が行われます。

・耳介血腫

腫れている部分に針を刺し(穿刺)、血液を抜き取って治療します。一度だけで改善しない場合もあり、その際は何回か穿刺を行う必要があります。穿刺で効果が見られない場合は、耳を切開してドレーンという専用の器具を取り付け、血液を継続的に排出させます。そして、再度血液が溜まらないように耳介を圧迫します。

・耳性帯状疱疹

抗ウイルス剤のアシクロビル、炎症を抑える副腎皮質ホルモンの注射が行われます。また、顔面の麻痺には顔面マッサージが施されます。

5)生活習慣から改善を!耳の外側が痛い症状への予防習慣とは

身体的ストレス、疲労からきている耳の外側の痛みには、十分な睡眠や休養を取ることが大切です。また、耳の痛みを予防するには免疫力を高めることも重要です。免疫力は腸内細菌の数を増やすと高めることができるので、ヨーグルトや乳酸菌飲料、腸内細菌の栄養になる食物繊維の摂取を心がけましょう。


   


今回のまとめ

1)そもそも耳の外側とはなに?構造や役割とは

2)なぜ症状が現れる?耳の外側が痛い3大原因とは

3)症状が続く場合は注意!可能性のある3種類の病気とは

4)専門家での検査を!症状が気になる場合へ試したい検査・治療方法

5)生活習慣から改善を!耳の外側が痛い症状への予防習慣とは