パソコンを確認している医師

空気圧の関係で飛行機や標高の高いところに行くと耳に痛みまたは違和感をもつ人は多いと思います。そんな耳の症状でも耳の付け根に痛みを感じたことはないでしょうか。耳の付け根が知らない内に炎症してしまっている状態・・。そんな耳の付け根の痛みの原因や治療法をご紹介します。


   


耳の付け根が痛いのはなぜ?痛みの3大原因と対処方法


1)どんな症状が現れる?耳の付け根の痛みの代表的な症状とは

触っていなくても耳に違和感、かゆみが痛みと同時に起こる場合が多いです。また、耳なりや聞こえが悪くなることもあり、水が耳内に溜まったような感覚がします。耳の付け根にしこりのようなものがあり、触ると痛みがでるような場合もあります。

2)痛むのはなぜ?耳の付け根が痛む3大原因とは

(1)リンパの炎症

耳の後ろ側にはリンパ線があり、このリンパにウィルスや細菌の侵入により炎症が起きると痛みまたは腫れなどが引き起こされます。リンパ線が腫れる原因は多岐にわたりますが疲れが蓄積し、風邪気味になると注意が必要です。

(2)粉瘤

表皮嚢腫とも呼ばれるこのしこりは皮膚の良性腫瘍の1つとして知られています。ニキビのようにつまむことで中から白いものがでてくるものもあります。触ると痛みがありますが、重大な病気ではなく、放置していても治る場合がほとんどです。

(3)耳の異常

耳の中にウィルスや細菌が侵入することで炎症をおこし、痛みの症状が出る場合があります。プールで泳ぐことで水が耳の中に入った状態が長いとそこから炎症を起こす場合もあります。炎症の箇所によっては聞く機能にも異常が出る場合があります。

3)試せる応急処置はあるの?痛みへの対処方法とは

以下は原因によっては効果がないことがあります、早い段階で内科、歯科、耳鼻科のある総合病院で原因を突き止めましょう。

(1)触らない

痛みのある場合は細菌やウィルスにより炎症が起きている可能性があります。綿棒や手で痛みのある箇所を刺激しないようにしましょう。また、痛みや違和感がある場合はイヤフォンの使用も控え、早急に病院に行く用意しましょう。特に幼児は知らない内に清潔でない手で触ってしまう可能性が高いので注意しましょう。

(2)冷やす

痛みがあり炎症している場合は氷で一時的に冷やすことで症状を和らぐ効果があります。しかし、冷やしすぎると血行が悪くなり治りが遅くなる場合があるので痛みが少し和らいだ時点で冷やすことはやめましょう。

4)これって病気?病気かどうかのチェック項目と判断基準とは

耳は目と同様に繊細な場所であるため、痛みや違和感が3日以上ある場合は耳鼻科で診察をうけるようにしましょう。粉瘤や傷による痛みであれば免疫機能で2日も立てば痛みの症状は和らぎますがそれ以上の場合は原因が他にある可能性が高いです。また、耳の聞こえが左右で異なる、耳鳴りがするといった症状もあればすぐに原因を突き止めた方がいいでしょう。

Doctors who have medical records and doctors have a tablet

5)症状が続く場合は注意!考えられる3種類の病気とは

(1)中耳炎

耳の鼓膜の奥に空間がありそこを中耳といいます。風邪などでウィルスや細菌が鼻から侵入することで中耳に炎症を起こすことで発症します。そのため、鼻水や喉の痛みといった風邪のような症状と同時に起きる場合があります。10歳以下の子供に起きやすく風邪をひくと中耳炎にもなっている可能性が高いです。症状としては痛みや熱といった症状の他に急な腫れが特徴です。腫れは2~3日かけてゆっくり収まっていきます。

(2)外耳炎

鼓膜より手前側にあり、耳かきなどで掃除をする部分が外耳となります。外からの衝撃や耳かきなどで傷がいくことで細菌やウィルスが炎症を起こしやすくなり、症状としては痛みやかゆみが起きます。自然治癒しない場合は悪性外耳炎となり膿がたまり、耳が聞こえにくくなる場合があります。

(3)流行性耳下腺炎(おたふく)

一般的におたふく風邪と呼ばれており、ウィルスにかかり、1週間ほどの潜伏期間を経たて発症をします。片方あるいは両方の唾液腺が大きく腫れ、髄膜炎を引き起こす場合もあります。腫れは大きく、喋ることや食べることにも支障がでます。痛みのほかに発熱や頭痛などの症状も起こります。

6)治まらない場合は専門家へ!耳の付け根が痛い症状への検査・治療方法

(1)検査方法

‐内視鏡検査

内視鏡を耳に挿入して、炎症の有無、度合を調べます。痛みがひどい場合や膿が出る場合は他の病気に発展してしまっている場合もあります。検査は1時間以内で終わり、費用も3000円ほどですが、他の聴力検査や鼓膜の動きをみるティンパノメトリ―検査と同時に行う場合もあります。

‐唾液検査

流行性耳下線炎の場合は唾液の成分を調べることで炎症を引き起こしているウィルスを調べます。検査自体は30分以内で終わりますが結果がでるのに1週間ほど要する場合があります。

(2)治療方法

‐薬の服用

ウィルスや細菌による炎症の場合はその原因に効く抗生物質を服用する場合があります。おたふく風邪などは特定の薬はないので熱をさます解熱剤や痛み止めなど服用する場合もあります。その場合は免疫機能が治癒する重要な要素となります。

‐鼓膜切開

膿によって耳の聞こえが悪化していく場合、生活にも支障がでるため鼓膜の切開を行い膿を排出する場合があります。しかし、一時的な治療法である一方、切開により体への負担もかかるため切開したほうがいいかは医師としっかり相談をしましょう。

7)生活習慣を改善しよう!症状へ実践したい予防習慣とは?

(1)睡眠を十分にとる

細菌やウィルスに侵入されても免疫力があれば病気になる可能性は低くなります。免疫力を維持するためには十分な睡眠が欠かせません。毎日最低でも6時間以上は寝ること、また寝つきが悪く、夜中起きてしまう人は睡眠1時間前にスマホ画面を見ることや食事をすることは控え、ゆったりとした音楽を聴く、読書をするなどして脳をリラックスさせるようにしましょう。

(2)バランスの良い食事

毎日の食事が偏ることで体内の栄養も偏りがちとなり、仕事や家事をする上でエネルギー不足に陥ると細菌やウィルスが侵入しやすい体になります。そうならないためにも肉、野菜、魚などをバランスよく摂取し、上部な体作りをする必要があります。特に日本人は牛乳、小魚などからとれるカルシウムやレバーやアサリからの鉄分が不足しがちといわれています。あさりの味噌汁や焼き魚、豆乳をコーヒーに混ぜるなどしたものを食事に取り入れるなどして肉類、魚介類、野菜類をバランスよく摂取することを意識して食事をするようにしましょう。洋食が好きな人も1日1回は和食を取り入れることで不足しがちな栄養を取りやすくなります。


   


今回のまとめ

1)どんな症状が現れる?耳の付け根の痛みの代表的な症状とは

2)痛むのはなぜ?耳の付け根が痛む3大原因とは

3)試せる応急処置はあるの?痛みへの対処方法とは

4)これって病気?病気かどうかのチェック項目と判断基準とは

5)症状が続く場合は注意!考えられる3種類の病気とは

6)治まらない場合は専門家へ!耳の付け根が痛い症状への検査・治療方法

7)生活習慣を改善しよう!症状へ実践したい予防習慣とは?