ドクターのカルテを見る男性の患者

耳の後ろが、なんか痛い。そんな経験ある方もいらっしゃると思います。そんな痛み、感じた事ないと思われる方も、実は様々な病気のサインかもしれません。

今回は耳の後ろの痛み、頭痛、また神経痛についても触れてお伝えをしていきます。


   


耳の後ろの頭痛の6大原因!3つの解消法とは


1)耳の後ろの3つの痛み

「後頭神経痛」あまり聞き馴染みのない病気かもしれません。しかしながら、神経痛の中では発症が多い方の病気であり、また、現代社会に生きる私たちの誰でも、十分起こりうる病気です。  

痛みの特徴としては、

(1)後頭部

(2)側頭部

(3)頭頂部

の3つの部位にかけて、ぴりっとした痛みが走ります。数日から週間持続するのが特徴です。

脈打つような痛みと一緒でなければ、「後頭神経痛」を疑うことができます。原因としては、神経痛なので、神経が圧迫されていてる、刺激されていることが考えられます。

しかし、中には腫瘍から圧迫されて痛みが発症している場合もあるので、注意が必要です。また、頭の片側が痛む事が多いため、片頭痛と勘違いしてしまっている方も多いのが特徴です。

なかなか、治らないので調べてみると、後頭神経痛であったという事も、少なくありません。


2)後頭神経痛の原因と頭部の構造  

神経の圧迫が主な原因ですが、頭部には主に3本の神経が走っています。    

耳の後ろ付近にある「大耳介神経」、側頭部にある「小後頭神経」、後頭部から頭頂部にかけてある「大後頭神経」です。

後頭神経痛は、この3本のいずれかが、その付近の筋肉などにより、圧迫されることから、発症される痛みとなります。  

耳の後ろがどうも痛いと感じる頭痛が、後頭神経痛である疑いが出てくるのは、この神経がある為です。    


3)後頭神経痛のその他の症状  

後頭神経に生じた痛みが、目や額の神経に伝わると下記の症状が現れます。

(1)目の奥の痛み

(2)まぶしさ

(3)目の疲れ

などに表れる事もあります。  

後頭神経痛も定期的に痛み、上記のように目にも表れるため、先ほども述べた通り、片頭痛と勘違いされてしまう方も多いのです。

Doctor listening to patient


4)後頭神経痛の主な6つの外的要因   

腫瘍からの圧迫による、痛みはすぐ検査をしなければいけませんが、その他の要因としては下記が考えられます。

(1)血管の圧迫

(2)頸椎の異常

(3)肩こり

(4)高さがあっていない枕の使用

(5)歯の病気

(6)前かがみの姿勢

すなわち、現代社会の人のほとんどが、使用しているであろう、パソコン、スマートフォンの長時間の使用からも、頭部の筋肉から神経が圧迫され、後頭神経痛に繋がってしまうことがあるのです。

また、現代社会=ストレス社会と言われるように、ストレスを感じてしまうと身体の筋肉が硬直しますが、その連続によって、神経が圧迫され痛みを発症してしまうことがあります。


5)後頭神経痛の3つの予防策     

まず、最初にお伝えしておかなければいけないのは、「頭部の痛みは、決して簡単に思わない事」です。   

頭部はデリケートな部位であるが故に、軽度の痛みでもすぐ感じとってしまいますが、決して安易に自己判断することなく、お医者さんに頼る事を忘れないようにしてください。 

さて、後頭神経痛の、身近で出来る対応策ですが、  

(1)血流改善

・湿布や鎮痛剤の服用

・マッサージ

・温かいタオルを幹部に充てる

などです。筋肉から神経の圧迫が要因であることが多いので、筋肉の硬直を緩める、血液の流れを良くすることが効果的です。

筋肉からの圧迫が緩まれば、神経への反応も弱まるので、効果的と思われます。

(2)柔らかい枕に改善

硬い枕に、寝ていると圧迫される度合いも強くなってしまうので、ご自分の寝具も一度見直してみましょう。インターネットサイトでも検索すると、自分専用のオーダーメイド枕を調整して実際に作ることが可能です。 この際に活用していてはいかがでしょうか。

(3)スマホの断捨離

皆さん、スマートフォンを見ている姿勢を思い浮かべてください。真っ直ぐ前を見て、操作されている方はそうそういらっしゃらないと思います。

多くの方が、首を支点に、頭だけが垂れ下がったような状態で操作されているのではないでしょうか。そして、その姿勢は自ずと首に負担をかけ、知らず知らずのうちに神経を圧迫している可能性があります。

ちなみに、「頭を前に60度傾けている状態だと、脊柱と周辺の筋肉にかかる負荷(圧力)は、27kg増えるそうです。   

生活に欠かせなくなってきているスマートフォンですが、たまには身体を休ませて上げる事も意識してください。  

知らぬ間に、貴方の健康な身体に大きな負荷をかけてしまっているかもしれません。


   


今回のまとめ 

(1)後頭神経痛の原因と頭部の構造 

(2)後頭神経痛のその他の症状 

(3)後頭神経痛の主な外的要因 

(4)後頭神経痛の予防、対応策  

(5)要注意なスマートフォン