ベッドで眠れない女性

寝たいのに寝れないのは、とても辛いことだと思います。昼間の活動の際、眠くなるのはとても辛いでしょう。

そんなこともあり、今回は寝たいのに寝れない場合の対処方法についてご紹介していきます。睡眠障害の種類・症状の違い・対処方法をお伝えします。


   


寝たいのに寝れない!4種類の睡眠障害と対処法とは


1)睡眠障害の4つの種類と症状の違い

(1)不眠症

夜なかなか眠れない症状を不眠症と言います。

(2)過眠症

夜寝ているにもかかわらず、日中強い眠気が続く場合を過眠症と言います。

(3)概日リズム睡眠障害

体内時計と昼夜のサイクルが異なるため、夜眠れなかったり、日中寝てしまう症状のことを言います。

(4)睡眠呼吸障害

睡眠中に異常な呼吸をする症状です。有名なものとしては、睡眠時無呼吸症候群があります。

※30分以上経っても眠れない場合は、入眠困難といいます。若い人に多い症状です。しかし、一度寝てしまえば朝まで眠ることが出来るケースもあります。

2)寝たいのに寝れない5大原因

(1)生活環境の変化

生活環境が変化すると、眠れなくなることがあります。一見ストレスに感じないことであっても、生活環境の変化はストレスになるものです。

例えば、就職や転勤、引っ越し、結婚などです。これらの環境の変化があった時には、緊張をしてしまうため、眠れなくなります。眠るためにはリラックス(副交感神経を優位)する必要があります。

(2)悩み・不安

悩みや不安があると、体が興奮・緊張してしまい、交感神経が優位になります。交感神経が優位になると、なかなか眠ることはできません。

(3)メラトニンの分泌不足

メラトニンは、睡眠を誘う作用があるため、睡眠ホルモンとも言われています。メラトニンは本来夜に多く分泌されるのですが、夜に強い照明を浴びていると、分泌が抑えられて、眠れなくなります。

(4)仮眠のとりすぎ

昼寝や仮眠のとりすぎも、眠れなくなる原因の一つです。一般的に昼寝や仮眠はいいこととされていますが、それは短時間の場合です。

長時間寝てしまうと、本格的な睡眠となってしまい、睡眠のリズムが狂ってしまいます。そのため、仮眠をとるときは必ず時間を決め、短時間の睡眠に留めるようにしてください。

(5)PC・スマホ

寝る前にPCやスマホを使っていると、光で目や頭が冴えてしまい、眠れなくなります。もし、これが思い当たるのであれば、寝る前にPCやスマホを使うことを止めるようにしましょう。

3)それぞれの睡眠障害への対処方法とは

(1)不眠症

サプリメントや睡眠薬を使って眠れるようにします。また、マッサージを行うことも有効です。

(2)過眠症

ストレスを取り除いたり、生活習慣の改善にとりかかります。薬物療法も場合によっては行われます。

(3)概日リズム睡眠障害

昼間に寝てしまうのを止め、寝たとしても短時間の昼寝程度に留めます。太陽の光を浴びることで体内時計をリセットします。

(4)睡眠呼吸障害

ダイエットをしたり、睡眠外来で検査をしてもらいます。仰向けではなく横向きで寝たり、専用のマウスピースを使うなどをします。

senior woman and doctor with tablet pc

4)熟睡の為にできるその他の対処方法とは

(1)サプリメント

熟睡したいけど、睡眠薬を使うのは抵抗がある場合、まずはサプリメントを使ってみることをおすすめします。熟睡のためのサプリメントは色々あり、グリシン、GABA、アガリクス、トリプトファンなどがあります。

(2)睡眠薬

どうしても眠ることができない場合には、睡眠薬を使う方法もあります。また、作用時間の少ない睡眠導入剤もあります。

薬を使うと多くの場合、すぐに眠ることができ、とてもメリットの大きいのが睡眠薬ですが、デメリットもあります。

依存性があるため、止めるのが難しくなる傾向があるからです。毎日使う場合には注意が必要となります。

(3)ヒーリング・リラクゼーション

マッサージやアロマテラピーなどで施術を行い、自律神経を整えたり、副交感神経を優位にしたりします。副作用がありませんので、安心して活用することができます。

マッサージは、サロンで行うことができるだけでなく、自分で行うこともできます。その際は、痛みを伴わない程度にやるのがポイントです。

また、アロマテラピーは自分の好みを重視してください。例えば、ラベンダーは不眠に対して有効ですが、もし苦手だった場合、他の香りを選ぶようにすると良いでしょう。

(4)睡眠外来

睡眠外来とは、睡眠障害の治療に特化した医療機関のことです。ここでは、睡眠障害の原因を特定することができ、それに応じた治療や薬の処方を行うことができます。

一般的に治療というと薬を使うイメージがありますが、そうとは限りません。

5)寝れない症状が続く場合に考えられる病気

寝れない症状が続く場合、不眠症の可能性があります。眠るまで時間がかかってしまう場合は、入眠困難の不眠症と言います。

中途半端な時間に起きてしまう場合は、中途覚醒の不眠症と言います。朝早く起きてしまう場合は、早期覚醒の不眠症と言います。

Doctors who have medical records and doctors have a tablet

6)症状が続く場合にすべき5つの検査方法

(1)睡眠ポリグラフ検査

一泊入院が必要な検査です。体にセンサーを付けて、睡眠中の脳波を記録します。

(2)反復睡眠潜時検査

脳波や入眠過程に異常がないか調べる検査です。昼間の眠気の強さを客観的に評価します。

(3)覚醒維持検査

眠気を我慢して起きていられる能力を調べる検査です。

(4)アクチグラフ

腕時計のようなセンサーを手首に1,2週間つけ記録し、睡眠と覚醒のリズムを把握することができます。

(5)睡眠日誌

寝床についた時間や寝付いた時間、起きた時間などを毎日記入します。

7)寝たいのに寝れない症状へ日常からできる4つの予防ポイント

(1)起床・就寝時間を一定に

遅くまで起きているのではなく、毎日同じ時間に布団に入るようにしましょう。また、遅くまで寝るのは止め、毎日決まった時間に起きるようにしましょう。

(2)太陽の光を浴びる

太陽の光を浴びることで、体内時計をもとに戻すことができます。朝太陽の光を浴びる習慣にしていれば、自然と夜眠くなり、眠ることができます。

(3)適度な運動

適度な運動をすることで、眠りやすくなります。あまり激しい運動をすると気分が高まってしまい、逆効果となってしまいます。そのため、ウォーキングやジョギングを1回30分~1時間行うくらいが良いでしょう。

(4)寝る前のリラックスタイム

寝る前はリラックスをして副交感神経を優位にすることが重要です。寝る前にリラックスをするためには、ぬるめのお風呂に入ることをおすすめします。


   


今回のまとめ

1)睡眠障害の4つの種類と症状の違い

2)寝たいのに寝れない代表的な症状

3)寝たいのに寝れない5大原因

4)それぞれの睡眠障害への4つの対処方法

5)熟睡の為にできる4つのアイディア

6)寝れない症状が続く場合に考えられる病気

7)症状が続く場合にすべき5つの検査方法

8)寝たいのに寝れない症状へ日常からできる4つの予防ポイント