車椅子に座る認知症の男性

厚生労働省は10年後の2025年には全国で認知症を患う人の数が700万人を超えるとの推計値を発表しました。65歳以上の高齢者のうち、5人に1人が認知症になる計算になります。

国としても認知症対策を早急に策定しているほど、身近な「認知症」今回は、この「認知症」について種類や症状予防法をお伝えします。


   


4種類の認知症!15の症状とは


1)そもそも認知症とは

かつては「痴呆症」といわれていました。人間の活動のほとんどコントロールしている脳の細胞が様々な原因で死んでしまったり、働きが悪くなったりしたために障害が起こり、生活するうえで支障が出ている状態のことを指します。


2)認知症の4つの種類

(1)アルツハイマー型認知症

認知症の約60パーセントが、このアルツハイマー型認知症です。認知症の中で一番多いとされており、男性よりも女性に多く見られます。また脳血管性の認知症などの患者数が横ばいであるのに対して、増加の傾向があるとの報告があります。

(2)脳血管型認知症

約20%は脳血管型認知症といわれ、アルツハイマー型認知症に次いで、患者が多いとされている認知症です。

脳梗塞や脳出血、くも膜下出血などの、脳の血管の病気によって、脳の血管が詰まったり出血したりし、脳の細胞に酸素が送られなくなるため、神経細胞が死んでしまい認知症が起こります。

男性の方が女性よりも多く発症し、よくなったり悪くなったりを繰り返し進行します。

(3)レビー小体型認知症

アルツハイマー型が、女性の発症率が高いのに比べ、レビー小体型は男性の方が多く、女性の約2倍と言われています。脳の広い範囲にレビー小体という異常な蛋白がたまり、脳の神経細胞が徐々に減っていく進行性の病気です。

レビー小体とは、神経細胞に出来る特殊なたんぱく質です。このレビー小体はレビー小体が人がものを考える時の中枢的な役割を持っている脳の大脳皮質や、呼吸や血液の循環に携わる脳幹にたくさん集まってしまいます。

レビー小体がたくさん集まっている場所では、神経細胞が壊れて減少している為、神経を上手く伝えられなくなり、認知症の症状が起こります。

(4)前頭側頭型認知症

前頭葉や側頭葉が委縮して起こる認知症です。前頭側頭型認知症とは、若年性認知症など若い人でも発症する認知症で、頭の前にある前頭葉と横にある側頭葉の委縮によって認知症が起こります。

老人の手


3)認知症の15の症状とは

認知症には、「中核症状」と「周辺症状」の二つの症状があります。それぞれに症状がちがいますので、分けてご説明します。

(1)5つの中核症状

脳の神経細胞が死んでいくことによって直接発生する次のような症状で、周囲で起こっている現実を正しく認識できなくなることを言います。

・記憶障害

いわゆる認知症といったときにまず出てくる障害が記憶障害です。 昔のことや、直近に会った事柄が、記憶からすっぽりと抜け落ちてしまう障害です。

短期記憶障害(記銘力障害)と、長期記憶障害の大きく2種類に分かれます。

・見当識障害

時間や季節感の感覚が薄れ、その後に迷子になったり遠くに歩いて行こうとしたりするようになります。さらに病気が進行すると、自分の年齢や家族などの生死に関する記憶までもなくしてしまうことがあります。

・実行機能障害

行動するための段取りが取れず、実行出来ないのが実行機能障害です。例えば、テレビのリモコンなど電化製品が使えなくなるということが挙げられます。 

どこを押せば電源が入るのか、どこを押せばチャンネルが変わるのか、ということが分からなくなってしまうのです。

・判断力の障害

思考スピードが低下して、二つ以上のことが重なると話している相手が誰かわからなくなるなど考え分けることができなくなるほか、些細な変化やいつもと違うできごとで混乱を来す、などの症状が起こりやすくなります。

・感情表現の変化 

その場の状況がうまく認識できなくなるため、周りの人が予測しない、思いがけない感情の反応を示すようになります。

(2)10の周辺症状

周辺症状はその人の性格や環境、人間関係などが絡み合って起きるものです。そのため、症状は人それぞれ異なり、また接する人や日時によっても大きく変わってきます。

ここで挙げる症状はよくみられる症状ではありますが、すべての人に当てはまるわけではなく、その人の環境により強い症状となって現れたり、全く症状として現れない場合もあります。

・徘徊

自分のいる場所や時間の見当識が障害を受け、本人の生活習慣や性格等が影響して「徘徊」という形で元の場所に戻って来られなくなる症状を指します。

・弄便(ろうべん)

大便を手で触れたり掴んだりして、自分の体や寝具・壁など至る所に擦りつける行為を「弄便」と言います。

弄便の原因はオムツ内に失禁したことによる不快感を認知症の進行により介護者に伝えることが出来ず、自らオムツを外して自分で何とかしようとした結果が弄便に繋がると考えられます。 

・物盗られ妄想

認知症が進行すると、いつ、どこに、何をしまい込んだかを忘れてしまいます。「お金・通帳・貴重品」を失くしたと騒ぎ、タンスや引出しの中を1日中探し回ってしまいます。

それでも見つからず被害的な気持ちが出てくると、そのうち誰かが盗んだのではないかと一緒に住む家族や介護者に疑いの目を向けるようになります。

・せん妄

せん妄とは意識障害が起こり、頭が混乱した状態になっている事をいいます。

幻覚を見る事もありますし、言葉をかけても落ち着く事が出来ず、興奮状態となって大声を出したり、暴力が見られる場合もあります。

・幻覚と錯覚

実在しないものを感じる幻覚と見間違う錯覚のことを言います。認知症では幻覚を訴える人が多く見られます。幻覚とは簡単に言うと、実際には無い物を感じるものです。五感すべてに見られるものですが、

特に訴えが多いのは、実際にはそこにないものが見える幻視や、実際にはない音や声が聞こえる幻聴となります。また実際にある物を、別の違う物と見間違ったり聞き間違えたりする、錯覚が起きる事もあります。

・うつ/抑うつ

気分が落ち込む、眠れない、食欲がなく食べない、感情が鈍くなっている、何に対しても興味を示さないなどの症状が現れます。

・暴力/暴言/介護拒否

認知症全般に症状が進むと、暴力や暴言といった問題行動と呼ばれるものが現れる場合があります。誰でも怒る事はあります。でも少々嫌な事があっても、その感情を表に出さずに抑えられているはずですが、

この抑えが利かなくなって、感情がすぐ表に出てしまいます。感情が敏感になっていて、今までの怒りのポイントとは、違った所になっており、ちょっとしたところで怒りのスイッチが入ってしまうのです。

・失禁

場所の見当識が障害されることで、トイレに行きたくても場所が分からなくなったり、尿意を感じる機能が低下し、トイレにいくための行為が遅れ、失禁するようになります。

女性の場合はくしゃみ等で腹圧がかかるとその拍子で失禁されることもあります

・帰宅願望

例えば昔の記憶しか残っておらず「自分の家=幼い頃に過ごした実家」で、今家族と居る家は自分の家じゃないと思い込んでいるかもしれません。

女性の場合では「家事があるから」と、外に出て自分の家から帰ろうとすることもあります。 

このような症状が1日の中では夕方にかけて起こり易くなる事から「夕暮れ症候群」と言われる事もあります。 

・異食

異食とは食べられない物を口にしたり、実際食べてしまう事を言います。手の届く範囲のものを何でも口にしてしまう危険性があります。 

Doctor shaking hands to patient


4)痴呆症の3つの予防法

(1)脳のトレーニング

認知症予防は高齢者だけのものではありません。

40代でも自覚がないだけで、脳は少しずつ委縮していっています。名前が出てこないなどの物忘れは、40代でもあるのではないでしょうか。

パズル、囲碁将棋、オセロといったゲームでも脳を使ったトレーニングになりますし、何か新しいことを始めるのも脳に刺激を与えるので効果的です。また、ウォーキングや体操といった簡単な運動でも血流が増加し、脳が活性化されます。

(2)バランスのとれた食生活

脳の重さは体重のたった2%にすぎません。それに対して、エネルギーは身体の20%も必要になるのです。脳を働かせるには、まず栄養が必要です。糖分の摂り過ぎも良くないですが、全く摂らないのも脳には良くありません。

中年期以降は無理なダイエットなどはしないようにしましょう。また高血圧による生活習慣病によって脳血管に障害が起こり、認知症が引き起こされる事もあります。

また、1985年から数回に渡り福岡の久山町で行われている調査では、高血圧症の人が正常血圧の人よりも脳血管性認知症になるリスクが3.4倍もある事がわかりました。

50歳以上64歳以下の中年期で高血圧である人は、これよりも高いリスクになる事が判明しています。

出来るだけ、バランスの良い食生活を心掛けましょう。

(3)よく噛む

歯と歯を噛み合わせた時の刺激は、歯根にある歯根膜から脳に伝わります。噛むことを意識して食事をすることで脳は刺激され、活性化されます。

この刺激は、脳の感覚や運動、また記憶や思考、意欲を司っている部分を活性化しているのです。

東北大学が行った、高齢者の歯の残存数とその認知症との関係についての研究では、健康な人では平均14.9本の歯が残っていたのに対し、認知症の疑いのある人では、9.4本と少ないことがわかりました。

残っている歯が少ないほど、記憶や学習能力に関わる海馬や、意志や思考の機能に関係する前頭葉の容積などが少なくなるのです。

また、神奈川歯科大学の研究結果では、残っている歯の数が20本以上ある人に対して、歯が無い、また入れ歯も入れていない人の認知症リスクは1.9倍。良く噛んで食べられる人に対して、あまり噛めない人のリスクは、1.5倍となっています。


4)痴呆症の2つの治療法

(1)薬による治療(薬物治療)

アルツハイマー型認知症の薬物治療には、認知機能を増強して、中核症状を少しでも改善し病気の進行を遅らせる治療と、周辺症状を抑える治療があります。

薬の効果と副作用を定期的にチェックしながら症状に合わせて使っていくので、治療中に気になる変化があれば医師に相談することでより良い治療を行うことができます。

(2)薬以外の治療(非薬物療法)

認知症と診断されても、本人にできることはまだたくさん残っています。家庭内で本人の役割や出番を作って、前向きに日常生活を送ることが大切です。

アルツハイマー型認知症の治療には、書き取りやドリルなどの認知リハビリテーションのみならず、昔の出来事を思い出すこと、家族以外の人たちと交流すること、音楽、絵画、陶芸などを楽しむこと、囲碁、将棋、麻雀などを楽しむこと、ウオーキングなど軽い運動を続けること、ペットを飼うことなども脳の活性化につながります。

また、家族や周囲の人の対応の仕方によって、周辺症状がが改善することも多くみられます。


   


今回のまとめ

1)認知症には4つの種類がある

2)認知症の症状には、脳が損傷を受けたことによる「中核症状」と本人の環境や性格から現れる「周辺症状」がある

3)認知症の予防には、日ごろから脳を働かせることを意識して生活する

4)認知症を治す薬はまだないが、進行を遅らせたり、症状を軽くする薬がある。

5)認知症は家族や周囲の人たちの接し方で症状の改善がみられることがある。

決して他人事ではない「認知症」まだまだ解明されていない部分も多くあり、不安ばかりが先行しがちですが、症状にあった対応で進行を遅らせたり、症状を軽くすることもできる病気です。

正しい知識と認識をもって認知症に向かい合い、日ごろから予防にも心がけましょう。