喉の検査をする医師

あなたは日常生活の中で自分の喉の奥が赤い症状を見て、病院できちんと検査してもらうべきか悩んだことはありませんか。今回の記事では、喉の奥が赤く痛む原因や痛い症状への対処方法、喉の奥の赤み・痛みの検査・治療方法などについて紹介していきます。


   


喉の奥が赤いのはなぜ?痛みの4大原因と対処方法とは


1)どんな症状が現れる?喉の奥が赤い場合の症状とは

(1)痛みを伴う

喉の奥が赤い症状の他に喉の痛みを伴う場合、ウイルスや細菌などによる扁桃などの炎症反応であり痛みと同時に咳や痰が出ることもあるようです。

(2)痛みが無い

喉の奥が赤い症状があっても痛みなどの症状がない場合は、咽頭ガンなど病気の発症から炎症反応として赤く腫れる症状が出ている可能性があります。病院などできちんと検査してもらいましょう。

2)痛むのはなぜ?喉の奥が赤く痛む場合の4大原因とは

(1)ウイルス・細菌

喉の奥にある扁桃という部分が、ウイルスや細菌の侵入および体の免疫機能が低下することで炎症を発症して喉の奥が赤く痛む原因になることがあるようです。

(2)乾燥

生活空間の空気が乾燥していると、喉の粘膜が傷つきやすくなるほかにウイルスへの抵抗も鈍くなり喉の炎症につながることで、喉の奥が赤く痛む原因になることがあるようです。

(3)アルコール・タバコ

度数の高いアルコールは刺激物であり摂取することは、喉の粘膜を刺激し傷つけるので粘膜の傷から炎症につながり喉の奥が赤く痛む原因になることがあります。また、喫煙でタバコに含まれているタールも刺激物であり喉の粘膜を傷つけるので赤く痛む原因になることがあります。

(4)病気

口内炎やガンなど喉の奥で病気を発症することは、喉の奥に炎症反応を起こし赤く腫れる原因になることがあります。

3)試せる応急処置はあるの?痛い症状への対処方法とは

(1)マスク

マスクの着用は、喉の保湿につながり喉の痛みを抑えるだけでなく乾燥による喉の粘膜の傷つきを抑えます。また、濡れマスクの使用はより喉の保湿に効果があります。

(2)休養

疲労やストレスなどから体の免疫力低下を招き、扁桃などの炎症を引き起こしていることがあります。睡眠など休養をきちんととることが、身体の免疫力を正常に戻すことにつながり対処方法として有効なことがあります。

(3)うがい

うがいは、喉を潤すだけでなく喉に付着したウイルスなどを洗い流す効果があるので対処方法として有効なことがあります。

(4)アルコール・タバコの制限

アルコールやタバコの成分であるタールは喉に刺激を与えて、喉の炎症を悪化させることがあります。喉に痛みの症状があれば、アルコールおよびタバコの摂取を制限することが対処方法として有効なことがあります。

(5)市販薬

症状が長期化などしてないようであれば、市販されている症状にあった薬を服用することで症状が治まることがあります。

(6)病院へ

症状が強い場合や長期化しているようであれば、きちんと病院にて検査を行ない適切な処置をしてもらうことが対処方法として有効です。

聴診器を持つ看護師

4)これって病気?病気かどうかのチェック項目と判断基準とは

(1)咽頭痛

咽頭痛は喉の炎症による喉の痛みであり、ウイルスなどによる風邪であれば一週間程度で治まるなどの変化がありますが、喉の痛みで水も飲めない場合やいつまでも治まらない場合は、咽頭ガンなどの病気の可能性もあるので病院にてきちんと検査しましょう。

(2)腫脹

腫脹は扁桃などが炎症により腫れ上がることです。腫脹により熱を出して寝込んでしまうことを何度も繰り返すや扁桃などの肥大により睡眠時無呼吸症候群を引き起こしているようであれば、病院にて扁桃摘出術などの治療を行なうことがあります。

(3)咽頭異常感

のどの違和感である咽頭異常感は、軽い喉の炎症が多いようですが症状が長期化する場合は咽頭ガンなど病気の可能性もあるので、病院にてきちんと検査してもらいましょう。

(4)嚥下障害

嚥下障害は食べ物や水などが飲み込みづらい症状で、こういった症状は咽頭ガンなど物理的になっている場合と神経疾患などにより機能的になっている場合があります。嚥下障害が長く続くようであれば早めに病院にてきちんと検査を受けましょう。

(5)嗄声

嗄声は声が嗄れる症状で、咽頭炎やポリープの可能性があります。また、声帯にある神経の麻痺が原因となっていれば、脳の病気などが隠れていることがあるので、神経に異常がないかなどの検査が必要です。

5)症状が続く場合は注意!考えられる4種類の病気とは

(1)咽頭炎

咽頭炎は喉の奥にある咽頭といわれる部分が炎症を起こしている状態です。咽頭は、ウイルスなどから身体を守る免疫作用に関わっており、感染があれば炎症反応を起こし咽頭の部位が赤く腫れる症状が見られるので可能性として考えられる病気です。

(2)扁桃炎

扁桃炎は喉の奥にある扁桃と呼ばれる部分が炎症を起こしている状態です。扁桃は、ウイルスなどから身体を守る免疫作用に関わっており、感染があれば炎症反応を起こし扁桃の部位が赤く腫れる症状が見られるので可能性として考えられる病気です。扁桃炎は、扁桃が炎症を起こし肥大するので口を開けることで扁桃の腫れを目で確認することができます。

(3)口内炎

口内炎は、口腔内の粘膜にできる炎症の総称といわれています。口内炎は、唇や頬の裏側にできることが多いですが細菌が繁殖しやすい口腔内環境によって粘膜が傷つくことや免疫力の低下により発症するので、口腔内の喉の中咽頭の部分に発生することもあり可能性として考えられる病気です。

(4)喉頭ガン

咽頭ガンは、咽頭といわれる部分で悪性腫瘍ができる病気といわれています。咽頭は、上咽頭・中咽頭・下咽頭に分かれます。中咽頭に悪性腫瘍ができると、扁桃という部分が免疫反応で炎症反応を起こし赤く腫れ上がるので、可能性として考えられる病気です。

Doctor talking to his female senior patient

6)治まらない場合は専門家へ!喉の奥の赤み・痛みへの検査・治療方法

喉の症状が治まらない場合は、専門科である耳鼻咽喉科を受診しましょう。今回は中咽頭ガンであった場合の検査・治療方法を紹介します。

(1)問診・視触診

問診では、患者の自覚症状などが病院の医師から質問されます。視診では、医師が咽頭鏡と呼ばれる器具を使用して、患者に発声をしてもらい咽頭の状態を確認します。また、触診では頸部のリンパ節などの状態を医師の手で確認します。

(2)咽頭内視鏡検査

咽頭を詳しく確認するために、口や鼻などから先端にカメラが付いた咽頭ファイバースコープを挿入してモニター画像から医師が咽頭を確認します。

(3)生検

医師が診察して咽頭に気になる病変があれば、局所麻酔および全身麻酔を行なってからファイバースコープで観察後、鉗子にて病変の一部を切り取り顕微鏡にてガンかどうかの診断が行ないます。生検の組織診断は、結果が判明するまでに一週間程度かかるといわれます。

(4)CT・MRI検査

CT・MRI検査により頸部の断層撮影を行ない、撮影された画像から咽頭のガンが広がっていないかの確認が行われます。

(5)放射線治療

早期発見の場合には、放射線治療が主になるといわれています。放射線治療は、放射線を利用して体内でのガンの増殖を抑えて治療を行う方法といわれています。この治療は、手術後の補助的な治療や痛みの軽減の為などの場合でも行われることがあるようです。放射線治療には、副作用として咽頭炎や皮膚炎などがあるので喫煙は副作用の症状を悪化させることがあり放射線治療中は禁煙することが必要です。

(6)外科治療

外科治療には、リンパ節郭清と再建手術があります。中咽頭のガンでリンパ節への転移があれば、リンパ節郭清にてガンの部位およびガンが転移したリンパ組織を切除します。リンパ節郭清では、ガンの部位とその周囲組織も広く切除してしまうので発音や飲み込みの機能低下を招くことがあります。そのため、切除された組織を再建手術により身体の他の部位から切り取った皮膚や筋肉などの組織を移植して機能の低下を防ぎます。

(7)化学療法

化学療法は抗ガン剤治療ともいわれ、放射線治療と同時または前後、外科治療が主であれば手術前後に行われることがあるようです。化学療法である抗がん剤は、がん細胞の増殖を抑えるなどの効果が期待できます。ただし抗がん剤は、がん細胞だけでなく正常な細胞にも影響を与えてしまうので、細胞分裂を繰り返すまたは増殖することで機能の維持をしている器官などにも、抗がん剤の副作用として影響を与えてしまうといわれています。副作用が強く出る場合などは、薬の変更や中断などを行なうこともあるようです。

7)生活習慣を改善しよう!喉の奥の赤み・痛みへの4つの予防習慣とは

(1)食習慣

蜂蜜に含まれるグルコン酸には、殺菌消毒作用がありウイルスなどによる喉の奥の赤みなどの予防に効果があるといわれています。蜂蜜に含まれているグルコン酸の含有量は、蜂蜜の0.3%含まれているといわれています。蜂蜜の過剰摂取は糖類のとりすぎになってしまい身体に良くないので、一日の摂取量はスプーン数杯程度の摂取がちょうどよいといわれています。また、蜂蜜にはボツリヌス菌の芽胞が混入していることがあるといわれているので、大人が摂取して危険ということは少ないようですが、1歳未満の子どもは抵抗力が弱く乳児ボツリヌス症を発症する可能性があるので食べさせないようにといわれています。

(2)生活習慣

乾燥は喉の粘膜が傷つきやすくなるだけでなく、喉で細菌などが増殖しやすい環境になってしまうので予防に良くありません。乾燥している時期などには、マスクを着用して喉の乾燥および細菌などの体内への侵入を防ぐことが予防になります。また、うがいをすることも喉に付着した細菌などを洗い流すだけでなく、喉の保湿になるので予防になります。

(3)睡眠習慣

睡眠などで身体を休めていなければ、疲労やストレス等から身体の免疫力低下を招き予防に良くありません。疲労やストレスを溜め込まないように、きちんと質の良い睡眠をとって毎日の疲労やストレスなどを解消することが予防になります。

(4)運動習慣

運動不足は、筋肉の刺激による体内のリンパの循環を悪くしてしまい、免疫力低下につながるので予防に良くありません。ストレッチや体操など自分の体力にあった運動を習慣にしていくことが、免疫力低下を防ぎ予防につながります。


 

きっかけはお医者さんの言葉でした。

多くのお医者さんが語っているのですが、女性の脚が太くなる原因があります。

正しく”あるもの”を解消できれば3割は細く見えるそうです

3日で太ももマイナス5cmの足痩せに成功した話題の方法とは

 


今回のまとめ

1)どんな症状が現れる?喉の奥が赤い場合の症状とは

2)痛むのはなぜ?喉の奥が赤く痛む場合の4大原因とは

3)試せる応急処置はあるの?痛い症状への対処方法とは

4)これって病気?病気かどうかのチェック項目と判断基準とは

5)症状が続く場合は注意!考えられる4種類の病気とは

6)治まらない場合は専門家へ!喉の奥の赤み・痛みへの検査・治療方法

7)生活習慣を改善しよう!喉の奥の赤み・痛みへの4つの予防習慣とは