咳をしている女性

喉の激痛がある場合は、とても辛いと思います。その多くの場合は、風邪やインフルエンザが原因なのですが、他にも原因はあります。

最悪の場合、癌の可能性もありますの。今回は喉の激痛から考えられる原因・病気の可能性・症状・対処方法などをご紹介します。


   


喉の激痛が続く・・!5種類の病気の可能性と治療法とは


1)喉の激痛の代表的な症状とは

(1)喉が痛い

まずは、喉の痛みです。つばを飲み込むことも辛いくらいの痛みがある場合には、早めに病院で診てもらうことをおすすめします。

(2)喉が乾燥する

喉が痛い時は、乾燥しています。そのため、マスクをしたり、のど飴を舐めるなどすると良いでしょう。

(3)声が出ない

喉の痛みがひどい時は、声も出ないことがあります。声が出せないと日常生活がとても苦しいものとなります。

2)喉の激痛で考えられる原因とは

(1)風邪

風邪をひいて、喉が痛くなることが最も多いです。風邪をひくと、喉にウイルスが入り、痛くなるのです。

(2)声の出しすぎ

カラオケやスピーチなどで、声を出しすぎていると、やはり喉に負担がかかり、痛くなります。このような場合は、できるだけ声を出すことを控え、安静にすることが重要です。

3)喉の激痛が続く・・考えられる5種類の病気

(1)風邪・インフルエンザ

最も考えられるのが風邪・インフルエンザです。風邪・インフルエンザは、のどの痛みだけでなく、鼻水や咳、だるさ、熱などの症状があります。まずは最初に考えるべき病気です。

(2)花粉症

花粉症は、主に鼻水やくしゃみの症状が出るものですが、口呼吸になってしまうため、それが原因で喉が痛くなることがあります。もちろん、花粉も影響して喉が痛くなることがあります。

(3)声帯ポリープ

歌手や教師など声をたくさん出す人に多い病気です。声帯粘膜の血管が破れて内出血を起こし、ポリープができます。通常は、2週間ほど安静にしていれば良くなります。

(4)

喉の痛みが長引いて、咳に血が混ざる場合は癌の疑いがあります。喉頭がんは、お酒やたばこを多くとっている人に多いです。

(5)慢性扁桃炎

風邪のウイルスが扁桃腺に感染して急性扁桃炎になることがありますが、これが何度も再発したりすると、慢性扁桃炎となります。

Doctor and surgeon reading notes

4)症状が続く場合にすべき検査方法とは

(1)内科か耳鼻咽喉科へ

内科か耳鼻咽喉科で診察を受けます。診察にて、目で直接喉の状態を見たり、声を聞いたりします。

(2)ファイバースコープ

喉を詳しく見たり、見ることのできない部分を見たい場合は、ファイバースコープが使われます。軟性と硬性があり、一般的には軟性がよく使われます。硬性は、より詳しく見たい時に使われます。

(3)画像検査

がんなどが疑われる場合は、CTやMRIを行うことがあります。

5)症状が続く場合にすべき治療方法とは

(1)食べ物・飲み物で治す

お茶でうがいをしたり、生姜を食べるなどをして、回復を試みます。特に、痛くなり始めの頃は、とても良いでしょう。

(2)薬で治す

喉の炎症を防ぐ薬を処方してもらい、飲み続けましょう。のど飴やトローチでももちろん良いのですが、より早く確実に治したいのであれば、病院に行って薬をもらうのが良いと思います。

6)喉の痛みへ日常からできる5つの予防習慣とは

(1)乾燥を防ぐ

乾燥すると喉が痛くなりやすいので、加湿を心がけましょう。例えば、マスクをしたり、加湿器を使うなどです。加湿器がない場合は、濡れたタオルを部屋に置いておきましょう。特に冬場は、これらのものを使い、乾燥を防ぐことが重要です。

(2)うがいをする

特に冬場は、ウイルスや細菌が多いのでうがいをすると良いでしょう。うがいをすることで、ウイルスや細菌による感染を防いで、喉の乾燥を防ぐことができます。できれば冬場以外でも行うと良いでしょう。また、イソジンなどのうがい薬を使って行うと良い効果的です。

(3)刺激物を避ける

唐辛子などの刺激物はできるだけ控えたほうが良いでしょう。やはり、喉に刺激があると痛めてしまうことになるからです。特に冬場は、喉が乾燥してしまいますので、喉が痛くならないよう、刺激物は控えめにした方がいいのです。適度に摂取することはいいことかもしれませんが、喉が弱い人の場合は摂らないくらいのつもりでいたほうが良いでしょう。

(4)禁煙・禁酒

たばこやお酒は、喉に悪いです。喉が痛い時はもちろんのこと、痛くなくてもやめたほうが良いでしょう。予防のことを考えると、できれば禁煙・禁酒にしたほうが良いのです。

習慣になってしまうと止めることができずに、喉が痛いにもかかわらず、たばこを吸ったりお酒を飲んでしまうこともあります。このようにならないように、早めに禁煙・禁酒が出来るようになりましょう。特にたばこは喉への負担が大きいので禁煙できるようになったほうが良いのです。

(5)声を出し過ぎない

演説やカラオケなど、大きな声を出し過ぎることは良くありません。喉を痛めるだけでなく、ポリープが出来る可能性もあります。このような場合は、喉から声を出すのではなく、お腹から声を出せるようになると、負担が大きく変わってきます。

また、のど飴を舐めたり、水を飲んだりして、喉を潤すようにしてください。大きな声を出す場合であっても、できるだけ休憩をとって行うことをおすすめします。


 

きっかけはお医者さんの言葉でした。

多くのお医者さんが語っているのですが、女性の脚が太くなる原因があります。

正しく”あるもの”を解消できれば3割は細く見えるそうです

3日で太ももマイナス5cmの足痩せに成功した話題の方法とは

 


今回のまとめ

1)喉の激痛への3つの代表的な症状とは

2)喉の激痛で考えられる原因とは

3)喉の激痛が続く・・考えられる5種類の病気

4)症状が続く場合にすべき検査方法とは

5)症状が続く場合にすべき治療方法とは

6)喉の痛みへ日常からできる5つの予防習慣とは