喉の痛みのある女性

今回は、日常生活への甚大な影響を及ぼす可能性のある喉のイガイガや咳の種類による原因や考えられる病気の種類についてご紹介させていただき、それぞれに対応する原因や治療法、対処法に関して皆様の役に立つ情報をご紹介させていただきます。


   


喉のイガイガが続く・・!咳が出る3大原因と対処法とは


1)種類の解説!咳の2つの種類と症状の違い

(1)乾性咳

この種類の咳は、風邪などの際に起きる痰絡みの咳と違い喉が炎症を起こし水分が足りないために異物を無理やり排出しようとして起こる生理的な現象に近い咳となっております。このような咳が出る場合には、マスクなどで口内及び喉を潤すことで無理なく異物などを排出することができ、体調維持を行うことが出来ます。

(2)湿性咳

この種類の咳は、風邪などで細菌が体内に侵入することを防ぐために痰として異物を排出されるよう風邪症状として現れる咳となっております。身体に極力負担を掛けないようにするために、湿り気のある咳により効率よく免疫力を保つことが可能となります。

2)なぜ現れるのか?喉がイガイガして咳が出る場合の2大原因

(1)感染症

原因の一つとして挙げられるものとして、感染症が疑われることがあります。一般的に風邪やインフルエンザなどのように、気道を経由し感染する病気の場合には喉を細菌や異物が傷つけるためにイガイガするという症状として咳や痰を誘発させることがあります。

(2)物理的要因

喉の粘膜は大変傷つきやすい組織となっております。物理的要因としては、たばこによる有害物質を含む気体やアルコール類の過剰摂取により成分により喉の粘膜を傷つけてしまいイガイガの原因となることがあります。また、空気の乾燥が著しい際に口呼吸を行うことで喉の粘膜が乾燥し表面が荒れたような状態となり、感染症の危険性も上がってしまうので、注意が必要となります。

患者にカルテを説明している医師

3)自分でできることは?喉のイガイガ症状への3つの対処法

(1)免疫力を高める

具体的には、喉の状態を常に最高にしておくこととなっております。方法としては、口内及び喉の湿度をあげておくことで細菌が侵入した場合に対応できるようにしておきます。また、加湿器やマスクなどで意図的に湿度をあげて喉の状態を良くしておくことをオススメします。

(2)刺激物を食べない

喉がイガイガする際に注意すべき点として、食事による損傷が挙げられます。具体的には、味覚を刺激する酸味などの味や極端な暑さや冷たさのものを摂取すると喉や体全体の負担となりますので、程よい味付け及び温度のものを栄養バランスよく食べることで喉のイガイガをケアすることが可能となります。

(3)息抜き・ストレス解消

精神的な負担により喉のイガイガの原因となることがあります。この場合、日常から少し離れた視点で生活を行うことで心身への重圧を解放してあげることで症状が改善されることがあります。具体的には、個人の好きなことを行いストレスを解消していくことで身体の異常を解消することが可能となります。

4)症状が治まらない・・考えられる3種類の病気とは

(1)風邪

この病気は、喉の炎症によって細菌が体内で活動をし始め個人差はあれど喉にイガイガ等の形で症状がみられるものとなっております。軽度に考えても良い場合と、重症になりかねない場合があるため風邪を引いた際には身体を温め病院への受診をオススメします。

(2)インフルエンザ

この病気は、近年乾燥している冬の時季に猛威を振るう気管支系の病気となっております。インフルエンザは、高熱と倦怠感、激しい喉のイガイガによる咳症状が現れる病気となっており、死亡例もあるため日頃からの予防策をしっかり立てることをオススメします。インフルエンザにかかると、一週間以上の自宅謹慎により絶対安静が必要となります。

(3)咳喘息

この病気は、世界中に何万人という単位で患者が存在する病気となっており日本国内でも何千人という単位で死亡例が確認されております。症状としては、1ヶ月以上乾性咳が続き呼吸器官へダメージを与えるため心身へのダメージも相当なものとなっております。また、呼吸困難や胸の痛みなどを伴うことがあるため早急に呼吸器科の病院への受診を行い診察や治療を施してもらうことをオススメします。

Sick old patient with throat problems

5)咳が続く場合に・・専門家で試したい検査方法

(1)スパイロメトリー

この検査方法は、筒状の機械へ実力の限り一気に勢いよく息を吹き込みグラフ式に肺活量を測るものとなっております。呼吸器科のある病院では、頻繁に行われている検査方法となっており咳喘息を持っている方は定期的に測定することで症状を軽くするための判断材料とされることがあります。

(2)血液検査

この検査方法は、血液内の成分によりアレルギー反応の有無を調べることが出来ます。咳の原因がアレルギー性鼻炎や花粉症などの際に、血液検査で反応が出た場合に適切な処置を行う判断が可能となります。また、ハウスダストなどで肺活量が衰えている場合にはスパイロメトリー検査と同時に行うことで原因の特定が早急に成し遂げられます。

(3)聴診器検査

この検査方法は、病院で行われる診察で最も一般的なものとなっております。肺の音が直に聞くことができ、異常な音が確認された場合には医師による適切な処置が施され、一番最初に行われる検査でここでの判断が後々に行われる処置に変化が出てくることがあるため、最も重要な役割を担っている検査方法となっております。

6)専門医へ相談しよう!専門家でできる治療方法

(1)薬物療法

この治療法は、咳止めを行い症状保改善させる薬や抗生物質により体内へ侵入した細菌を抑制する薬を摂取することで症状を改善させる薬などの種類のものを使用することがあります。薬物療法は効果的なものとなっておりますが、薬物乱用行為や過剰摂取により体内で薬物耐性ができてしまうと効果を発揮することが困難となりますので、他の治療法と並行して行うことをオススメします。

(2)整体療法

この治療法は、整体院にてツボを押すなどしてもらい身体を解すことで体内の熱を放出することで身体の調子を整える効果が期待できます。咳の原因が心身の疲労だと感じられた方は、整体で身体を温め解し身体の疲れを内側から解消することが効果的となっているためオススメとなっております。

doctor giving pills to woman at hospital

7)日常生活から改善を!咳への3つの予防習慣とは

(1)食習慣

咳が長引かないようにするためには、食習慣からの改善が最も効果的となっております。食事では極力温かいものを摂取し、疲労回復効果の期待できる味噌汁やかんきつ類を食べることをオススメします。また、果物を頻繁に摂取することで栄養素を補うことで風邪などの咳を伴う症状を発生させる病気の対策になるためオススメとなっております。

(2)運動習慣

運動習慣では、咳症状が出てくる病気を抑制するために週一回でも運動を行うことが効果的となっております。また習慣にすることで、新陳代謝のバランスを整えることができるため風邪などの病気に掛かりづらくしてくれる効果がありオススメとなっております。また、有酸素運動であるジョギングやウォーキングを行うことで身体を健康的に丈夫にすることで、咳に負けない身体づくりが期待できます。

(3)睡眠習慣

睡眠習慣では、身体の抵抗力を上げるために重要な習慣となっており、風邪に掛からない身体をつくるために6時間以上の睡眠が望ましいとされています。また、体調がすぐれない際にはできるだけ身体を温めるために睡眠を長く摂り身体の調子を元に戻せるようにすることが大切なこととなっております。長い間動いているなどして披露しているならば、じっくりと休息を摂ることをオススメします。


 

きっかけはお医者さんの言葉でした。

多くのお医者さんが語っているのですが、女性の脚が太くなる原因があります。

正しく”あるもの”を解消できれば3割は細く見えるそうです

3日で太ももマイナス5cmの足痩せに成功した話題の方法とは

 


今回のまとめ

1)咳の2つの種類と症状の違い

2)喉がイガイガして咳が出る場合の2大原因とは

3)自分でできることは?喉のイガイガ症状への3つの対処法

4)症状が治まらない・・考えられる3つの病気とは

5)喉がイガイガして咳が続く場合に・・試したい検査方法

6)咳が続く場合にすべき治療法

7)日常生活から改善を!咳への3つの予防習慣とは