カルテに記入をしているドクター

喉がイガイガするような違和感や痛みで眠れないことが風邪やインフルエンザの時には多いと思います。喉のイガイガは乾燥や、風邪・インフルエンザのようなウイルス感染が始まりとなり悪化する事で更なる病気へと繋がっていくので初期での対処が必要となります。 


   


喉が痛くて眠れない?試したい5つの処置と原因とは


1)痛みにも種類がある?喉の痛みの種類と症状の違い 

喉が痛い時には、喉の奥が赤くなり唾を飲むと痛かったり、痰が絡みイガイガと乾いたように痛むなど痛み方にもいく通りかあるようです。痛み方の違いによってそこから引き起こされる病気の種類も変わってきます。 

2)どんな症状が?喉が痛くて眠れない場合の代表的な症状とは 

乾燥によって咳がつき喉がイガイガしたり痰が出るなどの症状が現れたり、喉の奥が赤く腫れ炎症を起こし唾を飲む度に痛むなどして眠れないなんて経験をした事が一度はあるでしょう。 

3)喉が痛くて眠れないのはなぜ?症状の3大原因とは 

(1) 細菌、ウイルス 

主に風邪やインフルエンザなどの感染により喉が炎症を起こし赤く腫れ痛みが出たり痰が絡んだようなイガイガとする症状が出ることがあります。 

(2) 喫煙 

長年の喫煙により気管が細くなるや肺が弱るなどして、乾いた咳や喉のイガイガの原因となります。また喫煙者でなくても副流煙によって症状が出る場合もあります。 

(3)乾燥 

特に冬場のように部屋が乾燥している時に喉が痛くて眠れない事が多いといいます。これは乾燥によって喉の奥が乾き咳が出たり痰が絡んだりと常に喉の奥に痛みや違和感のようなものがあり気になって眠れないようです。 

4)試せる処置はあるの?症状への対処方法とは 

(1) 喉を温める 

体温が下がると免疫力は低下しますが、逆に温め1度上がると免疫力は5倍になるといいます。冬場はマフラー、夏場でもタオルやスカーフを巻くなどする事でだいぶ違います。 

(2) 保湿 

喉の疾患には乾燥が大きく関係しており、乾燥を防ぐ事で格段に喉の痛みが防げるようになります。加湿器を使ったりマスクを着用して風を防ぎ口周りの湿度を保つようにすると良いでしょう。またマスクはウイルスや細菌への対策にもなります。 

(3) 水分補給 

水分をしっかり補給する事で乾燥を防ぎます。特に殺菌作用のあるカテキンや炎症を抑えるタンニンを含む緑茶や紅茶を飲むようにすると良いでしょう。 

(4) うがい 

うがいは喉の奥の殺菌に効果があります。薬用のうがい薬や塩水などでうがいをするとなお良しです。 

(5) のど飴 

のど飴も喉の痛みには効果があります。ただ寝ながら舐めるのは危険ですので寝る時に舐めるのはやめてください。 

※上記はあくまでも対処方法となります。症状が続く場合は、自己判断をせずに速やかに専門医へ相談をしましょう 

Woman wearing a mask has a cough

5)これは病気の疑いも?病気かどうかのチェック項目と判断基準とは 

喉が痛い場合に下記症状が複数見られると病気の可能性があるので病院で診てもらうようにしましょう。 

発熱や頭痛 ・吐き気・咳が止まらない ・声枯れ ・痰が酷い ・頚部痛・食欲不振 ・倦怠感・悪寒・鼻水が止まらない 

6)症状が続く場合は要注意!考えられる5種類の病気とは 

(1) 風邪・インフルエンザ 

喉の奥が痛くなる原因の代表的な病気で喉の炎症の初期段階とも言えます。ここで拗らせたり、悪化する事でまた違う病気の原因となります。 

(2) 扁桃腺炎・咽頭炎・声帯炎 

・扁桃腺炎(急性) 

疲労や風邪をひき抵抗力が落ちている時に喉の両脇にある扁桃腺に細菌が入り込み発熱、頭痛、頚部痛などを引き起こす病気です。 

・咽頭炎(急性) 

扁桃腺より下にある喉頭という場所に炎症が起きる病気で風邪をひいた後や声の使い過ぎにより喉頭に赤みや腫れが生じます。また声枯れや、咳、痰なども目立ちます。 

・声帯炎 

声帯は咽頭の上部に位置し振動によって声を出す役割りを持ちます。その声帯が炎症を起こし声帯炎となり、悪化するとポリープや腫瘍などの原因となります。声枯れや喉の痛みが主な症状です。 

(3) 中耳炎 

風邪が悪化すると扁桃腺炎のみならず耳にも炎症を起こし膿が溜まり中耳炎となります。鼻水から菌が耳に移るのが原因で、膿が治らないと耳の聞こえも悪いです。切開をして膿を出す治療などが行われます。 

(4) 気管支炎 

風邪やインフルエンザなどの悪化やマイコプラズマによる感染が原因となり気管支に炎症を起こす病気です。他にも喫煙による慢性の気管支炎、更に悪化すると肺炎となります。 

(5) 肺炎 

肺炎とは、細菌やウイルスなどが肺に入って感染し炎症を起こす病気をいいます。症状は高熱や咳、痰が続いたり、胸が痛く息苦しい、食欲不振に倦怠感 

悪寒、頭痛、それに筋肉痛や関節痛などがあります。また肺炎に至るには喫煙による影響も少なくはありません。 

7)治まらない場合は専門家へ!症状への検査・治療方法 

(1) 検査方法 

喉の痛みには耳鼻咽喉科を受診するのが一般的です。検査はレントゲンや血液検査、場合によって呼吸器検査やCT検査なども行われます。 

(2)治療方法 

・風邪/インフルエンザ 

抗生物質やタミフル、咳止め、抗炎症薬などの内服や点滴による薬物療法による治療が行われます。 

・扁桃腺炎/咽頭炎/声帯炎 

声枯れなどでは安静や禁酒禁煙などが約束され、抗生物質や抗炎症薬などの薬物療法、その他にもネブライザー療法などが行われます。 

・中耳炎 

痛み止、抗炎症薬、抗生物質による薬物療法の他、症状が重く長引く場合には切開によって膿を出す場合もあります。 

・気管支炎/肺炎 

気管支炎の治療は抗菌薬や抗生物質、去痰薬、咳止めによる薬物療法が主に行われ、肺炎の治療でも原因となっている病原体を死滅させる抗菌薬や痰を抑える去痰薬、それに気管支を拡張させ呼吸を楽にさせる気管支拡張薬などによる治療が行われます。 

8)生活習慣を改善しよう!喉が痛くて眠れない症状への予防習慣 

(1) 保湿やうがい習慣 

普段から加湿器などで部屋の保湿や、うがいをする習慣をつけておく事で喉の痛みへの予防となります。 

(2) お酒とタバコを控える 

お酒のアルコールやタバコのニコチンは喉に負担をかけるので控えましょう。特にタバコは喉の粘膜を壊したり、肺や気管支への影響もあるため禁煙できるのであれば禁煙した方が良いでしょう。 

(3) 喉に良い食事 

喉に違和感を感じた時には予防として喉に良い食事を摂るようにします。喉に良い食事とは、つまり体温を上げる効果がある食べ物の事で生姜、大根、れんこん、ねぎ、ゆず、はちみつなどがあります。


   


今回のまとめ 

1)痛みにも種類がある?喉の痛みの種類と症状の違い 

2)どんな症状が?喉が痛くて眠れない場合の代表的な症状とは 

3)喉が痛くて眠れないのはなぜ?症状の3大原因とは 

4)試せる処置はあるの?症状への対処方法とは 

5)これは病気の疑いも?病気かどうかのチェック項目と判断基準とは 

6)症状が続く場合は要注意!考えられる5種類の病気とは 

7)治まらない場合は専門家へ!症状への検査・治療方法 

8)生活習慣を改善しよう!喉が痛くて眠れない症状への予防習慣