診察中の医者と患者

話すと匂いが気になる、喉が臭いという経験をお持ちの方もいるのではないでしょうか。あまり経験のある方は多くはいないかと思いますが、人から匂いを指摘されたり、自分で何か匂いを感じるといった場合、どのような病気の可能性があるのか見て行きましょう。


   


喉が臭いのはなぜ?試したい対処方法と2大原因とは


1)なぜ症状が現れる?喉が臭い症状の2大原因

大きく分けると、病気では有りませんが膿栓というカスなどがたまり白い塊が出来て悪臭を放つものと、鼻づまりなどが原因で膿が混じった臭い鼻水が流れることによりおこる後鼻漏というものがあります。

(1)膿栓

膿栓というのへ扁桃腺に溜まったカスと野様なもので、臭い玉と呼ばれることがあります。呼ばれる由来としては悪臭を放つということです。病気では有りませんが、免疫攻撃により死滅した細菌やウイルスの死骸、食べ物のカスなどが溜まり3mm程度の白い粒上の塊となります。通常は奥に隠れているものですが、口の奥をのぞくと白い塊が確認できたり何らかの衝撃で口から飛びだしたりすることもあります。原因としては免疫を担うリンパが免疫の攻撃によって死滅し、細菌やウイルスの死骸が集まり塊が出来るというものです。

(2)後鼻漏

原因としては、鼻づまりが原因といわれています。鼻水が喉に流れてしまう為に、蓄膿症を併発していると膿が混じった臭い鼻水が喉に流れてしまい匂いの原因になります。花粉症や鼻かぜなどで細菌が鼻腔を経て副鼻腔まで感染し炎症を起す可能性もあります。炎症を起して副鼻腔に膿や分泌物が溜まり、これが慢性化してしまったものを慢性副鼻腔炎と言います。副鼻腔に膿が溜まるとその刺激により鼻づまりをおこして後鼻漏を起したり、アレルギー性鼻炎やポリープなどが原因となることもあります。

2)試せる応急処置とは?臭い症状への対処方法とは

(1)膿栓

放置しておいても問題はありませんが、話すたびに悪臭が放たれてしまい笑って話せなくなってしまったりということで周囲の目が気に成るという点が一番大きいと思います。そういった場合には耳鼻科を受診するなどして、除去してもらいます。また、自分自身で喉に違和感を感じる場合には早めに医療機関を受診したほうが良いでしょう。

(2)後鼻漏

基本的に原因は鼻づまりが原因となってはっしょうします。そのため、鼻づまりがおこらないようにする事が大切です。アレルギーが原因であればアレルゲンを取り除くようにしたり、医療機関を受診して内服薬を服用するなどして鼻づまりをおこさないようにしましょう。

Women are receiving medical attention

3)症状が続く場合は注意!可能性のある5種類の病気とは

(1)蓄膿症

副鼻腔に膿が溜まる病気です。黄色い膿が鼻水と一緒に喉に垂れると痰のようになり喉にくっつきます。蓄膿症による海は細菌が混じっている為、膿自体が匂ってしまいます。喉に細菌が増えることによって口臭が強くなってしまい、喉が臭いという表現で表されることもあります。

(2)急性副鼻腔炎

風邪を引いたときに、菌が感染してしまい鼻づまりを起こすというものになります。アレルギー性鼻炎でも同じ症状を起します。免疫力が低下しているときに症状を発症しやすいといわれますので、疲れているときなどは注意が必要です。

(3)慢性副鼻腔炎

急性副鼻腔炎がまんせいかしてしまったものになりますが、いわゆる蓄膿症と同じ症状になります。鼻づまりがひどくなり鼻づまりから頭痛を起す人もいます。

(4)膿栓

臭い玉とも呼ばれる口臭のだいひょうでもあります。一般的には扁桃腺と呼ばれる部位にできますが、舌の根元にある舌扁桃にも出来ることがあるので注意が必要です。蓄膿症でないとわかった場合、膿栓の可能性もあります。また、喉に違和感を持つ人が多いので、喉がイガイガすると言う場合には膿栓の可能性があるということを覚えておきましょう。

(5)膿汁

膿汁は扁桃から分泌される免疫物質に、細菌が繁殖した粘液のことを言います。ここに食べかすなどの汚れが混じり固まると膿栓になります。膿汁は黄色や茶色い粘膜で苦く、奥歯のほうから口に流れてくる為痰と間違えられることが有ります。喉から口臭がするという場合には膿汁が原因かもしれません。

(6)後鼻漏

これは病気ではありませんが、蓄膿症やアレルギー性鼻炎など何らかの病気が原因となって鼻水が喉に垂れる症状を言います。鼻水が喉にたまらないように、鼻をかむなどをして鼻水が喉に垂れないようにしましょう。

4)専門家での検査を!症状が気になる場合へ試したい検査・治療方法

(1)検査方法

まずは耳鼻科を受診しましょう。蓄膿症などは基本的に内視鏡検査を行います。奥に溜まる膿を見つけることで蓄膿症だと判断する事が出来ます。また、MRIを受診する事で鼻の奥の膿のたまり具合というものがわかります。また、レントゲンについてですがレントゲンで蓄膿症の悪化状況もわかりますので、レントゲンで画像診断を行う場合もあります。

(2)治療方法

基本的に予防をするためにはうがいをするということが重要になります。細菌を増やさないということが予防や治療に繋がります。また、喉に細菌が繁殖しやすいのは喉が乾燥したときで、唾液が少なくなってしまうと細菌は喉にたまってしまいます。喉が臭い人の特長には唾液の分泌が少ないか口呼吸になってしまっていることが多いのでこまめにうがいをする事が予防にも治療にもなります。

5)生活習慣から改善を!喉が臭い症状への予防習慣とは

生活習慣の中では喉の細菌を増やさないようにうがいや歯磨きといった口腔ケアをしっかりと行うことが重要に成ります。舌のケアも重要に成ってきますので、生活習慣のなかにうがいというものを取り入れていきましょう。また、乾燥したときに細菌はふえやすくなりますので、加湿器などの利用もするとよいでしょう。


   


今回のまとめ

1)喉が臭い原因には2つの種類がある。

2)喉が臭い場合には5つの病気が考えられる。

3)予防と治療はうがいが重要である。