診察中の男性医師

風邪の症状が、寒気からくる・鼻水からくる・喉の痛みからくるなど、人により様々なケースがあります。では、風邪のひきはじめが喉の痛みからくる人何がは原因なのでしょうか?風邪で喉が痛くなりやすい原因や対処法をご紹介します。


   


喉からくる風邪を解説!喉風邪の2大原因と対処方法とは


1)風邪にも種類がある?風邪の5つの種類と特徴の違い 

一口に「風邪」と言っても、多くのウィルスや症状などの種類があります。 

(1)一般的な風邪 

鼻水・鼻づまり・咳・熱が主な症状で年間を通して何度かかかりやすく、比較的軽度ですみます。しかし、ウィルスの種類によっては、喘息や気管支炎の原因になる場合もあります。 

(2)喉の風邪 

喉が炎症を起こし、発熱や痛みやゼイゼイ・ヒューヒューといった喘鳴があらわれます。 

(3)お腹の風邪 

ウィルスが飛沫感染して腸で増殖し、腹痛や下痢・嘔吐などの症状があらわれます。 

(4)インフルエンザ 

38~40度ほどの熱が3~4日続き、全身倦怠感や食欲不振、重症の場合は痙攣などがあらわれます。 

(5)夏風邪 

咽頭炎・結膜炎などがあらわれ、38~40度近い高熱が出ます。屋外プールなどで感染するケースが多く見られます。 

2)喉からくる風邪の2大原因とは 

風邪が喉からくる一番の原因は、「喉が弱い」ということです。では、喉が弱い原因とは何なのかをご紹介します。 

(1)鼻が悪く口呼吸をしている 

日頃から意識せずに口で呼吸している状態だと、喉の粘膜に負担がかかります。鼻には、空気中のホコリや細菌を取る鼻毛があったり、吸い込んだ空気が肺や喉に刺激を与えないように湿度や温度を保つ働きがあります。しかし、口にはそれらがないので、細菌やホコリ・乾燥した空気を直接喉に送り込んでしまいます。なぜ口呼吸になるかというと、それは鼻の通りが悪いからです。もともと鼻の通りが悪いと、それが普通と思いこんでいるので、まさか自分の鼻は詰まり気味だとは考えもしません。しかし、鼻呼吸が上手くいかないので、意識せずとも口呼吸になってしまいます。その結果、喉に炎症が起きやすくなり、風邪をひきやすくもなります。 

(2)扁桃腺が大きい「扁桃肥大」 

扁桃腺とは、主に喉の左右にある膨らんでいる「口蓋扁桃」の部分のことを言います。この部分には、細菌の侵入を防ぐために抵抗しようとして、扁桃腺が大きくなることがあります。扁桃肥大は免疫機能が低い子供によくみられますが大人にもみられる症状で、呼吸がしづらい・鼻づまりがある・いびきをかくなどの症状を伴います。 

3)試せる応急処置はあるの?喉風邪へ試したい対処方法とは 

(1)うがいをする 

喉の粘膜に付着した菌やウィルスを排除するためにうがいをします。うがい薬やカテキンが含まれている緑茶などでうがいをすると効果的です。 

(2)薬を使用する 

喉の炎症を抑えるドロップや喉スプレー・風邪薬などを使用します。飴は、なめることで唾液が発生し、口の中の粘膜を守る・乾燥を防ぐという効果をもたらします。 

(3)喉を温める 

体温が1度上がると、免疫力が5倍になると言われています。マフラーやスカーフ・ネックウォーマーなどで喉の部分を温めます。 

(4)温かい飲み物を飲む 

水分を補給して喉に潤いを与えます。また、お茶には免疫力を高める効果があります。身体が温まる緑茶や紅茶・ハーブティーといった身体の温まるものを飲みます。さらに、ハチミツには殺菌作用があるので、小さじ一杯ほど入れて飲むのも効果的です。 

(5)マシュマロを食べる 

マシュマロに含まれるゼラチンは、喉の炎症した粘膜を覆う作用があると言われています。 

(6)乾燥させない 

部屋が乾燥しないように加湿器を使用したり、喉の乾燥を防ぐためにマスクを着用します。 

(7)喉に良い食べ物を食べる 

喉の痛みに良いとされる代表的なものは、「大根のハチミツ漬け」です。大根を賽の目に切り、ハチミツに一晩着けておいたものです。その他には、生姜茶・ゆず茶・ネギなどがあります。 

(8)玉ねぎのスライスを枕元に置く 

玉ねぎを切って置いておくと、硫化アリルが気化します。硫化アリルは、鼻や喉の粘膜の炎症を鎮めたり殺菌する作用があるので、喉の痛みに効果があると言われれいます。

Doctors who have medical records and doctors have a tablet

4)症状が続く場合は注意!考えられる4種類の病気とは 

(1)咽頭炎 

口の中には咽頭という部分があり、口蓋扁桃・口蓋垂(のどちんこ)・咽頭扁桃があり、これらの部位が炎症を起こしていることを咽頭炎と言います。ウィルスや菌の感染で炎症が起こり、咽頭が赤く腫れ、喉の痛み・発熱・倦怠感などがあらわれます。 

(2)扁桃腺炎・扁桃腺周囲炎 

のどの左右にふくらんでいる部分である扁桃腺(口蓋扁桃)が赤く腫れ、飲み込む際に痛みを感じます。悪化すると頭痛や発熱・扁桃腺に黄白色の膿の付着・倦怠感・関節痛などがあらわれます。過労・ストレス・風邪による免疫力の低下などで菌に感染して発症します。 

(3)喉頭炎 

気道の一部分で、ものを飲み込む・声帯を振動させて声を出すなどの働きをする喉頭部分に炎症がおきる症状です。のどの乾燥感・痛み・声がれ・咳などのあらわれ、扁桃炎や咽頭炎を併発する場合があります。 

(4)口内炎 

歯茎や舌・唇・喉の周囲の粘膜が炎症を起こし、白い円形・楕円形の潰瘍(えぐれているような孔)ができる症状です。過労やストレスなどの免疫力の低下・ウィルスの感染・刺激(歯ブラシの接触・内頬を噛む)などで発症します。 

5)治まらない場合は専門家へ!症状への検査・治療方法

風邪による喉の痛みが治まらない場合は、内科または耳鼻咽喉科を受診します。熱や倦怠感が強い場合は内科受診をおすすめしますが、喉の痛みの場合はやはり「喉の専門家」である耳鼻咽喉科を受診する方が無難です。 

(1)検査方法 

問診・聴診・尿検査などが行われ、耳鼻咽喉科では喉を観察するファイバースコープ検査なども行われます。 

(2)治療方法 

耳鼻咽喉科では、喉の炎症を抑える薬・解熱鎮痛剤の処方や、口から霧状の薬を送り込むネブライザー治療などが行われます。 

6)生活習慣を改善しよう!喉からくる風邪への予防習慣とは 

(1)口呼吸をやめる 

口呼吸をやめて鼻呼吸をするようにします。鼻の詰まり感や異常がある場合は、耳鼻咽喉科を受診して治療を行いましょう。 

(2)アルコール・喫煙・刺激物は避ける 

喉の粘膜を刺激する食べ物の摂取や喫煙は避けましょう。 

(3)うがいをする 

うがいを習慣づけて、のどを潤し菌の侵入を防ぎます。 

(4)規則正しい生活 

睡眠不足や過労は免疫力の低下を招き、風邪などを引きやすくさせます。しっかりと睡眠をとり、栄養バランスの取れた食事を摂取して、免疫力の低下を防ぎましょう。


   


今回のまとめ 

1)風邪にも種類がある?風邪の5つの種類と特徴の違い 

2)喉からくる風邪の2大原因とは 

3)試せる応急処置はあるの?喉風邪へ試したい対処方法とは 

4)症状が続く場合は注意!考えられる4種類の病気とは 

5)治まらない場合は専門家へ!症状への検査・治療方法 

6)生活習慣を改善しよう!喉からくる風邪への予防習慣とは