Gynecologist analyzing tests results

脳震盪は、一時的な症状だからといって軽く見られていることが多いですが、命に関わる重大な状態に陥る可能性が含まれています。適切な処置が今後の後遺症にも大切になってきます。

今回は脳震盪の代表的な後遺症・症状・対処法・治療法などについてお伝えします。


   


脳震盪の代表的な3つの後遺症!改善方法とは


1)部位別の脳震盪の違い

(1)脳震盪とは

頭部に、打撃等の間接的・直接的な外的衝撃を受けることにより脳細胞が一時的に機能停止またはその一部の損傷によって、一時的および可逆性の意識・記憶の喪失を伴う症状です。

(2)部位別の違い

脳震盪は衝撃により、一時的に機能が失われるのがほとんどですが、同じ衝撃でも脳が頭蓋骨とぶつかることで、損傷することは脳挫傷といい脳の広範囲にダメージを受けます。

また、鈍器などで殴られるなど強い衝撃を受けることにより、脳と頭蓋骨が大きく破壊されることは脳挫滅といい即死や大きな後遺症が残る可能性があります。


2)脳震盪の15つの初期・中期・末期の症状

軽度~中等度の症状

(1) 一時的な意識の喪失

(2) 記憶が無くなる(健忘)

(3) めまい

(4) 頭痛

(5) 吐き気

(6) 反応が鈍い

(7) 視界がぼやける

(8) ふらつき

(9) 感情失禁

(10) 視野狭窄

重症

(11)嘔吐

(12)けいれん

(13)運動麻痺

(14)意識障害の継続

(15)激しい頭痛

また、脳震盪の脳へのダメージの危険度の目安として意識はあるが体が動かせない軽度、意識を失って2分以内の中度、意識を失って2分以上の重度の3段階にも分かれます。


)赤ちゃん・幼児期・成人期の脳震盪の症状の違い

(1)うまく伝えられない

成人に比べて赤ちゃん・幼児期は、頭部に衝撃を受けて脳震盪を起こしたとしても、成人と違い症状を上手く伝えることができません。

(2)脳への影響は大きい

また、赤ちゃん・幼児期の体は未発達なので、成人に比べて衝撃による脳へのダメージも大きく症状も重いので注意が必要です。

happy family mother child little girl reading book


4)脳震盪の代表的な3つの後遺症

一般的には、一時的な脳の機能障害なので後遺症は発症せず自然に治ると言われていますが、脳震盪後症候群を起こすことがあります。

(1)脳震盪後症候群

めまい・頭痛・うつ病・健忘症などの症状が後遺症として現れることがあります。

(2)セカンドインパクト症候群

セカンドインパクト症候群は、脳震盪後の回復しきってない状態の頭部に衝撃を受けることにより、脳に致命的な損傷が生じることをいいます。

(3)脳震盪を繰り返す症状

また、脳震盪は繰り返すと癖になりやすくなる傾向にあります。

脳震盪を繰り返すことは、最悪死につながる可能性もあるので脳震盪で症状が軽い場合であっても病院にて適切な治療を受けるようにしましょう。


5)幼児期・成人期の脳震盪の後遺症の違い

(1)頭蓋内出血の恐れ

脳震盪は、一般的に一時的な脳の機能障害なので自然に回復し、後遺症は残らないと言われています。

ただし、幼児期は成人期に比べ体が未発達な分、脳震盪による脳へのダメージも成人に比べて大きく、頭蓋内出血を起こしている可能性があります。

(2)繰り返しの脳震盪に注意

また、幼児期の場合、成人期と比べて症状があまり出てないからといって、安静にせず動きまわる可能性が高く、すぐに転倒などでさらに頭をぶつけることもあります。

脳震盪は連続して起こすと、脳へのダメージによりセカンドインパクト症候群や命の危険に繋がることがあるので注意が必要です。


6)脳震盪の場合にすべき6つの対処方法

(1) 脳震盪の疑いがあるようなら、試合などの運動は再開させてはいけません

(2) 動かさずに安静にさせ、頭を濡れタオルなどで冷やしましょう

(3) 呼吸・心拍数・体温・意識状態・記憶などの確認

(4) 患者はPC・運転・ゲームなどの使用は禁止します

(5) 脳震盪の疑いがあれば当日一人にしないようにし、継続した症状の確認が必要です

(6) 必ず、病院にて脳震盪の検査をしてもらい医者に診断してもらいましょう

Doctor that prescribe medicine


7)脳震盪の場合にすべき検査と治療方法

脳震盪の検査方法

(1) 専門家である脳神経外科の医師による診察。

(2) 脳に障害が無いかどうかの検査のため、頭部CTやMRIによる検査が行われることもあります。

脳震盪の治療方法

(1) 通常は経過観察により回復します

(2) 頭部CTなどの検査により脳挫傷・血腫など異常が見られるようであれば、それに対する治療を行います

(3) 頭痛・嘔吐などの症状が発症するようなら、安静にして鎮静剤や制吐薬などの点滴および薬物療法が治療として行われます。


8)脳震盪の治療後の2つの予後

(1) 検査の結果、異常所見なしと医師から言われるようであれば、経過観察により生活に問題なく回復する場合が多いです

(2) 脳震盪後症候群を発症するようであれば、その症状にあった治療を行います。頭部外傷の人は向精神薬による副作用が出やすい傾向にあるので、薬は通常より少ない量から開始してゆっくり増やしていきます。


 

きっかけはお医者さんの言葉でした。

多くのお医者さんが語っているのですが、女性の脚が太くなる原因があります。

正しく”あるもの”を解消できれば3割は細く見えるそうです

3日で太ももマイナス5cmの足痩せに成功した話題の方法とは

 


今回のまとめ

1)脳震盪は、外的衝撃により一時的に脳機能の停止または一部損傷により意識・記憶の損傷を伴う症状です。

2)脳震盪の違いは外的衝撃により一時的に機能が失われる脳震盪、同じ衝撃でも脳と頭蓋骨がぶつかることにより起きる脳挫傷、強い外的衝撃によりおきる脳挫滅があります。

3)脳震盪の症状として、一時的な意識の喪失・めまい・吐き気・頭痛・記憶の損失などがあります。

4)成人期と比べ、赤ちゃん・幼児期は脳震盪による症状を上手く伝えることができないので、注意が必要です。

5)脳震盪の代表的な後遺症として、脳震盪後症候群というのがあり、めまい・頭痛・健忘症などの症状が後遺症として残ることがあります。

6)脳震盪の考えられるその他の後遺症は、セカンドインパクト症候群があり脳震盪後の頭部に衝撃を受けることで脳に致命的な損傷が起きることをいいます。

また、脳震盪は癖になりやすいので注意が必要です。

7)幼児期は成人期に比べ体が未発達な分、頭部への衝撃は頭蓋内出血を起こすことがあります。

8)脳震盪後の対処方法として、体を安静にさせ頭部を冷やし、状態を観察するなどして原則、症状が軽くても脳神経外科のある病院にて検査と医師の診察を受けるようにしましょう。

9)脳震盪後の検査方法として、専門家である脳神経外科の医師の診察を受けて頭部CT・MRIを撮影し、脳の異常がないかを検査します。

10)脳震盪の治療方法は、通常は経過観察ですが、頭部CTなどにより脳挫傷等が見られれば、それに対する治療を行います。

また、吐き気などの症状があれば、制吐剤などの点滴・薬物療法が治療として行われます。

11)脳震盪の治療後は、経過観察により日常生活に問題なく回復することが多いですが、脳震盪後症候群が出ているようであれば、その症状に合わせた治療が行われます。