聴診器を手に持つ男性の医者

親知らずと聞くと、生えてきたら抜かなくてはいけないと思うひとがおおくいるとおもいますが、必ずしも抜かなくてはいけないわけではありません。

抜くことによるメリットデメリットをよく知ることが大切ですので、お伝えをしていきます。


   


親知らずと頭痛への3つの対処法!2つの原因とは


1)親知らずとは

親知らず・親不知(おやしらず)とは、「智歯」「知恵歯」「第3大臼歯」、歯科用語では「8番」(前から8番目の歯)とも呼ばれます。

おおむね10代後半から20代前半に生えてきます。

全ての人が4本生えてくるわけではなく、上下左右の4本が揃わない場合もあるほか、おおむね4人に1人の割合で全く生えてこない人もいます。

現代の日本人は顎の大きさが小さく、親知らずが正常に生えるスペースが小さくなってしまっているのが原因です。

たとえ生えてきてもまっすぐ生えてこなかったり、酷い場合には隣の歯にまで圧力がかかり歯並びが悪くなってしまうケースがあります。

奥にあるので歯磨きが行き届かないために虫歯になりやすい、などの問題が生じる可能性があります。だからと言って、不要なので抜いてしまうというのはいささか乱暴な話です。

親知らずだから全て抜くというのではなく、正常に生えて機能している場合や、手前の奥歯などが抜けてしまってない場合などは検討しましょう。

その部分を補うためのブリッジや入れ歯の土台に利用できるため、残しておいた方が良いこともあります。


2)親知らずを抜歯しなくてはいけない3つのケース

(1)虫歯になってしまったケース

親知らず自体あるいは手前の歯も虫歯になってしまったケースです。

親知らずは一番奥の歯なので治療器具が届きにくく、その後の手入れも困難です。

また、治療ができたとしても再びむし歯になる可能性があり、親知らずがむし歯になったらあえて治療をせずに抜いてしまった方がよい場合があります。

(2)横向きに生えているケース

横向きに埋まっていて前方の歯に障害を及ぼしているケースです。

親知らずが横向きに埋まっていると智歯周囲炎や手前の第二大臼歯の吸収(歯の根が溶かされるように浸食されること)を引き起こすので、親知らずを抜くことが多いです。

(3)痛みを繰り返しているケース

いつも食べ物がつまる、歯肉の腫れ、痛みを繰り返している。

親知らずが中途半端に生えていて、歯の一部だけが見えているが場合は、食べ物が詰まりやすく不潔になり周りの歯肉が炎症を起こしやすくなっているためにはれや痛みを繰り返す場合です。

Dentist that you are teaching to children


3)親知らずを抜かなくてもよい3つのケース

(1)直立して生えているケース

親知らずが上下できちんと生え、親知らずが顎に直立して生え、お互いにかんでいる場合。

(2)骨の中に完全に埋まっているケース

親知らずが顎の骨の中に完全に埋まっている状態で、この親知らずは周りの歯や骨に悪い影響を与えることはないと考えられ、痛みや腫れなどの症状がなければ直ちに抜く必要はありません。

(3)ブリッジの土台となるケース

入れ歯やブリッジの土台として親知らずが必要な場合は、ある程度真直ぐ生えている親知らずの場合。

前方にある第一大臼歯や第二大臼歯をなくした場合でも、削ってブリッジの土台に使ったり、入れ歯のバネをかけることができるため、残しておいた方が良いことがあります。


4)親知らずが起こす2つの症状

(1)歯茎が炎症を起こす

歯茎が炎症を起こすというものです。親知らずが傾いたり歯ぐきに埋まっている場合は、隣の歯との間にスペースができ、汚れが溜まりやすくなります。

そして、その汚れに細菌が繁殖して化膿し、歯茎が腫れて痛くなります。これを智歯(ちし)周囲炎といいます。

症状が軽度の場合は、歯周ポケットから膿が排出され、それとともに症状は消えますが、いずれ再び再発します。これを繰り返した場合、だんだん炎症が拡大する場合もあります。

(2) 虫歯で痛くなる

虫歯で痛くなるというものです。親知らずは上記の通り、周りに汚れが溜まりやすいです。汚れが溜まるということは、虫歯にもなりやすいです。

また、親知らずの向きが内向きに傾いている場合や埋まっている場合は、隣の歯を圧迫して傷つけやすく、親知らずだけではなく傷ついて弱くなった隣の歯も虫歯にかかりやすくなります。

group of doctors meeting at hospital office


5)親知らずと頭痛の関係

(1)生え方による筋肉の緊張

虫歯になっていない親知らずなのに、頭痛になってしまう原因は、生え方にあります。

斜めに生えてくることなどが多いため、歯並びが悪くなってしまうのです。かみ合わせも悪くなりますし、顎の動きの邪魔をしたりして、頬やこめかみ部分の筋肉が緊張してしまい、頭が痛くなることになります。

また、顎は肩や顔、首などとつながっているので、それらの筋肉が緊張することで血行が悪くなってしまい、緊張型の頭痛が起こる可能性が高くなります。

(2)口内環境の変化

親知らずが生えたことで、口内環境が変わり周囲に影響を及ぼしているうちに、頭痛という形になってその影響が現れるのです。 

具体的に言ってしまえば、肩こり、顎の疲労、眼筋、表情筋などが連鎖的に反応して頭痛になってしまうという事です。 

それほど歯の影響は骨格全体への影響が大きいという事になります。頭痛は、チョットした影響が引き金になって発生してしまうものです。 


6)親知らずからくる頭痛の3つの対処法

(1)抜歯

緩和する方法としては、抜歯をすることがおすすめです。ただ、斜めや横になっているなどの生え方をしている場合のみです。

正しい生え方をしている場合は、歯科医と相談をするようにしましょう。頭痛の原因が他にあるかもしれないためです。

(2)凝りの改善

また、肩こりや首のこりを改善することも大切です。かみ合わせが悪いと、首や肩の筋肉、顔の筋肉などが緊張しています。

それらの筋肉の緊張をほぐすことで、痛みを緩和することが出来ます。

首から肩をマッサージするようにしたり、ストレッチをしたり、あたためたりするようにします。血行を良くするようにすると、筋肉の緊張がほぐれ、痛みも緩和されます。

(3)体のバランスの改善

又、親知らずが生えた関係で、歯のかみ合わせが悪くなり、体のバランスが全体的に崩れている場合もあるため、体のバランスも整える必要があります。


   


今回のまとめ

1) 親知らずは、必ずしも抜かなくてはいけないのではなく、生えている状態によるので、メリット、デメリットを知る必要があります。

2) 頭痛がひどくなる前に、どのように親知らずが生えているか知ることです。

3) 歯の影響は、口腔内だけでなく、体全体にも影響を及ぼすことがあり、早めの対処が大切です。