fotolia_81719849_subscription_monthly_m

さらさらな鼻水が止まらずに出続けてしまう。気になるし、不快ですよね。病気の前兆の可能性もあるこの症状。原因をわかった上で対処したいものです。今回はそんなサラサラな鼻水が出る原因・病気の可能性・対処方法などをご紹介します。


   


サラサラな鼻水って?鼻水が止まらない3大原因と対処方法


1)症状の解説!鼻水の3つの種類と特徴の違い

(1)サラサラで大量の鼻水

季節によって、もしくは一年中通して水のようなサラサラの透明な鼻水が大量に出てしまう場合があります。朝の寝起き、就寝時にひどくなる傾向があります。寝起き時や就寝時に鼻づまりがひどくなる場合もあります。

(2)発熱などをともなう症状

最初のうちはサラサラだったのに、徐々に黄色っぽい色がついてきます。鼻水以外に発熱やのどの痛みなどの症状がでてくるのも特徴です。

(3)黄色っぽい鼻水

黄色っぽく粘り気のある鼻水が出てきます。どろっとした鼻水で、鼻の中にたまっている感覚があります。

2)何が原因?サラサラの鼻水が止まらない場合の3大原因とは

サラサラの鼻水は鼻の粘膜が軽い炎症を起こしている時に出ます。鼻の粘膜を刺激されるため、身体が反応し、鼻水で刺激物を洗い流そうとします。その為、膿が溜まらない場合は鼻水がサラサラのままである場合が多いです。

(1)アレルギー反応

一番多い原因がアレルギー反応による症状になります。アレルギー物質を身体の外へ出そうと鼻水が出るようになります。花粉、ハウスダスト、ホコリなどの物質に反応して鼻水が出ている場合はサラサラの鼻水が大量に出続けます。涙の成分と似た鼻水が出るため、サラサラで放っておいても垂れるような場合があります。

(2)風邪

風邪の引きはじめによる鼻水はサラサラしているものが多くなります。外部からのウイルスを身体の外へ出そうとするためサラサラの鼻水が出ます。風邪によるサラサラの鼻水は時間が経ってくると、黄色い粘り気のある鼻水に変わっていきます。

(3)自律神経の乱れ

自律神経が乱れていても、鼻水が出てきてしまいます。寝起きに鼻水が出ることが多く、モーニングアタックと呼ばれる症状です。これは交感神経が活発に働いている為、鼻水の症状を抑えてくれますが、寝起きだと副交感神経が働いている為、うまくコントロールできず鼻水が出ます。

Nurse, doctor, patient, clinic, medical care

3)応急処置!止まらない鼻水への3つの対処方法

(1)水を飲む

水を飲む時にすぐに飲まず、口に含んで少し待機してから飲み込むようにします。そうすると、鼻水が口の方に誘導される為、改善されます。

(2)鼻うがい

塩水で鼻の中を洗浄することで、鼻水の症状が改善されます。一度で完全に流しきれない場合は、2~3回行うことで改善されます。

(3)温める

鼻にホットタオルなどをあてて温めると鼻水が通りやすくなります。鼻の血管が膨張するためで、このときにたまっている鼻水を出し切ることで、症状が改善します。

4)症状が続く場合に・・考えられる2種類の病気とは

(1)鼻炎

鼻の粘膜に炎症が起こることを鼻炎といい、ウイルス性、アレルギー性さまざまなものを総称して鼻炎と呼びます。ウイルスなどが原因で、風邪と同じタイミングで発症します。アレルギー性のものもあり、サラサラの鼻水が長期間続く場合はアレルギー性の可能性が高くなります。

(2)鼻茸

鼻ポリープとも呼ばれ、鼻に腫瘤ができる病気です。副鼻腔炎などと合併して起きることが多く、粘膜の一部にむくみが生じて大きくなり、腫瘤となります。どうして起こるのか詳しい原因はわかっていません。味覚障害、嗅覚障害、頭痛などが伴います。

Fotolia_85632660_Subscription_Monthly_M

5)専門家で行われる対処法は?行われる検査・治療方法

(1)鼻鏡検査

鼻の粘膜の色、腫れ具合、鼻水の分泌量などの状態を見ます。ほとんどの耳鼻科で行われ、費用は1,000円程度になります。

(2)鼻汁中好酸球検査

アレルギー性鼻炎の人に多く見られる好酸球という細胞の数を調べていきます。400円~500円程度が相場になります。

(3)皮膚テスト

どの物質に対してアレルギー反応が出ているのかを皮膚の赤くなった状態を観察します。費用は4,000円程度になります。治療方法は内服薬(抗アレルギー薬やステロイド薬)での治療方法であれば費用は2,000円~3,000円程度になります。その他減感作療法や手術療法などがありますが、一定の期間が過ぎると再発する恐れがあります。また費用が数万円と高価になってしまいます。

6)日常生活から改善を!止まらない鼻水への3つの予防習慣

(1)禁煙

たばこの煙は鼻の粘膜を刺激してしまう為、鼻水の症状が気になる人は禁煙をおすすめします。また家族内や身近な人で喫煙者がいる場合は、分煙を徹底してもらうよう努めましょう。

(2)抵抗力をつける

自律神経の乱れは鼻水の症状につながってしまうので、日ごろから十分に睡眠をとり、ストレスをためないことが大切です。厚着したり、冷暖房に頼らない生活を心がけるようにしましょう。

(3)食生活の改善

タンパク質や脂肪の摂りすぎは控えるようにしましょう。毎日のメニューに野菜やフルーツなどを取り入れるようにし、ビタミンやミネラルを多く摂取することを心がけましょう。


   


今回のまとめ

1)症状の解説!鼻水の3つの種類と特徴の違い

2)何が原因?サラサラの鼻水が止まらない場合の3大原因とは

3)応急処置!止まらない鼻水への3つの対処方法

4)症状が続く場合に・・考えられる2種類の病気とは

5)専門家で行われる対処法は?行われる検査・治療方法

6)日常生活から改善を!止まらない鼻水への3つの予防習慣