頭痛を訴える女性

立ちくらみを経験したことは多いと思いますが、立ちくらみだけではなく吐き気の症状を同時にともなったことはありませんか。

その症状、恐ろしい病気にかかっているサインかもしれません。今日は立ちくらみでかつ吐き気が伴う場合について原因や対処法をお伝えします。


 


立ちくらみで吐き気が伴う!可能性のある3大原因と対処方法


1)症状の解説!吐き気の2つの種類と特徴の違い

(1)目がぐるぐる回る

メリーゴーランドにのってるように自分自身がぐるぐる回っている感覚をもちます。そして、この感覚により、乗り物酔いしたような吐き気に襲われます。他に耳が聞こえにくくなり、耳鳴りといった症状もあります。

(2)立ちくらみ

立ったときに目の前が真っ暗になる、失神してしまうような症状が吐き気と同時でます。吐き気の症状は弱く、立ちあがれないほどクラッとしてしまう症状が強いものが多いです。

失神してしまうほどの目まいの場合はすぐに脳外科で診断してもらい、原因を調べる必要があります。

2)何が原因?立ちくらみで吐き気が伴う3大原因とは

(1)ストレス

ストレスが原因で自律神経に異常をきたし、体調に様々な症状を起こします。その中には目まいや吐き気も含まれます。

体調が少し悪く、ふらつきや胃がもたれて吐き気があるとそれを不安に感じ、ストレスを溜め、自律神経に異常をきたすような悪循環になる場合もあります。

(2)耳の異常

耳の奥にある内耳、「前庭」には三半規管があり、この管の中にあるリンパ液の動きで傾きを感じたりすることができます。そのため、この三半規管に異常がある場合は平衡感覚が低下し目まいやふらつきの原因となります。

(3)脳の異常

脳が原因で目まいや吐き気を催す場合があります。外的要因で脳に大きな刺激が加わる、また疲れで脳の機能が低下し、ふらつきを発症する場合があります。

また、脳の血管が詰まる、腫瘍ができるなどの異常は体の痺れや頭痛などの症状を引き起こし命を脅かす可能性もあります。

3)応急処置を!吐き気への対処方法

(1)病院にいく

目まいに加えて吐き気がある場合は脳や血圧の異常に関する病気の可能性があります。原因を調べるためにまずは脳神経外科で脳に異常がないか診察を受けましょう。

(2)安静にする

目まいや吐き気がある場合はその症状が治まるまで無理に動かず安静にしましょう。少し横になり、眠ることもいいでしょう。

4)症状が続く場合に・・考えられる3種類の病気とは

(1)脳出血

脳内の血管が破れてしまい、大脳、小脳および脳幹などが出血した状態のことをいいます。症状としては目まいや吐き気の他に意識障害や感覚障害などが発生します。

重症化すると血腫が大きくなり、脳内が圧迫し、死に至る場合があります。

(2)メニエール病

メニエール病とは内耳のリンパが増え、水ぶくれになる状態のことをいいます。原因はストレスや気圧の変化などと言われており、女性の多い病気です。

平衡感覚を司る三半規管や耳石器に水ぶくれができることで強い目まいや吐き気の症状が現れます。症状の時間は10分ほどと長いのもメニエール病の特徴といえます。

(3)不整脈

心臓は体全体に血液を送り出すポンプのような重要な役割をもっています。そのためには心臓内にある刺激伝導系と呼ばれる電気的な信号を発する経路が重要となります。

不整脈になるとこの経路に異常をきたし、体全体に血液を送り出す機能が低下し、胸の痛みや失神など様々な症状をもたらします。

脳への血液が滞ることで目まいなどの症状につながり迅速に処置をしないと命を落としかねない怖い病気です。

Doctors have seen a personal computer

5)専門家での検査を!治まらない場合にすべき3つの検査方法

(1)MRI

脳を断面的に映像化することで脳の血液の状態までも調べることができる検査方法です。

異常があれば高い可能性で検知することができ、また、検査結果もその日中に知ることができます。保険適用でも1万円を超える場合があります。

(2)聴覚検査

耳の中の三半規管等に異常がある場合は聴覚検査をして、聴力に異常がないかを調べます。めまいの症状以外にも聴力が落ち、ピーと高い音が聞こえる症状を伴う難聴になっている可能性もあります。この検査の場合は問診が必須となります。

(3)運動負荷検査

ベルトコンベアの上で歩くまたは走りながら心拍数を上げます。その際に不整脈や狭心症の場合は発作が起きる場合があります。心臓に負荷をかけ、心臓の反応を調べることで心臓の異常を調べる検査になります。

6)病気の場合には?行われる3つの治療方法

(1)薬の服用

血液に異常がある場合は血圧をコントロールする薬やそれ以外に心因性の場合は抗不安剤などを服用します。症状の原因によって薬の種類や期間は異なるので医師に事前に確認をとりましょう。

(2)手術

血液が詰まり、緊急を要する場合は手術によって応急処置をする場合があります。血液のつまりを解消するまたは心臓のポンプ機能を元に戻す目的の手術など場合によって様々なので医師に事前に相談しましょう。

(3)食事療法

コレステロールや高血圧など食事によって改善が期待される場合は医師のアドバイスの元、食事療法を行う場合があります。

この治療は長い期間行われる場合が多く長い人で数年の単位の場合もあります。家族の協力も必要になる場合もあり、医師と期間や内容は相談しましょう。

7)日常生活から改善を!立ちくらみへの予防習慣

(1)ストレスを溜めない

ストレスを溜めることによって、自律神経に異常をきたすといわれています。自律神経の異常により、血圧の調整がうまくいかず立ち上がったりするたびに立ちくらみが起きます。

ストレスを溜めて自律神経に異常がでないように、時間の空いた時間は気晴らしに好きな音楽や外を散歩する、また映画や本などで笑ったり、泣いたりすることもストレスを解消する方法として効果があるとされています。

(2)十分に睡眠をとる

睡眠不足は体の疲れを解消できず、徐々に体調が衰えていく原因となります。疲れは目まいや吐き気を催す原因にもなるため、毎日6時間以上の睡眠は心がけるようにしましょう。

どうしても睡眠時間が短くなりがちな人は昼間に10分~15分ほど昼寝の時間を確保することで睡眠の質を上げることができるといわれています。


   


今回のまとめ

1)症状の解説!吐き気の2つの種類と特徴の違い

2)何が原因?立ちくらみで吐き気が伴う3大原因とは

3)応急処置!吐き気への2つの対処方法

4)症状が続く場合に・・考えられる3種類の病気とは

5)専門家での検査を!治まらない場合にすべき3つの検査方法。

6)病気の場合には?行われる3つの治療方法

7)日常生活から改善を!立ちくらみへの2つの予防習慣