ソファーで休んでいる女性

めまいというと突然目が回る症状がまず思い浮かびますが、これは、めまいの種類の1つで回転性めまいといいます。他にも浮動性めまいや、立ちくらみめまいなどありますが、今回は一般的に認識の多い回転性めまいを中心に説明していきましょう。 


   


突然目が回る症状に注意!気になる3大原因と処置とは 


1)そもそも目が回るとはなに?めまいの種類と症状の違い 

目が回るとは、めまいの一種で回転性めまいをさす場合が多いようですが、めまいには他にも種類があり症状が異なります。 

(1)回転性めまい

自分自身がグルグル回っている感じや周囲がグルグル回っているように見えます。 

(2)浮動性めまい

からだがフワフワした感じでふらついたりまっすぐ歩けなかったり姿勢を保つのが難しいといった症状が見られます。 

(3)立ちくらみめまい

立ち上がるとクラッとするや目の前が暗くなり失神を伴う場合もあります。 

2) どんな症状が?突然目が回る場合の代表的な症状とは 

目が回るとは先にも述べたよううに、自分自身がグルグル回っている感じがするや、周囲がグルグル回っているように見えるなどの回転性めまいをさします。 回転性めまいに伴う症状は下記のような症状となります。

急に発症し吐き気、嘔吐、耳がつまったようになったり聞こえづらくなるような、難聴の症状を伴うことがあります。 

3)突然目が回るのはなぜ?症状の3大原因とは 

(1) 平衡器官(へいこうきかん)の異常 

目が回る原因は炎症などが起こり平衡器官になんらかの影響が出るためだと考えられます。主に耳の病気や脳の病気が元で平衡器官に影響が出ると言われています。 

(2) 耳の病気 

上記、平衡器官の異常でもあげたように耳の病気により炎症が起こり平衡器官に異常をきたし目が回る症状を引き起こす場合も多くあります。 

(3) 脳の病気 

更に平衡器官へ影響を与える原因として脳の病気もあげられます。脳の神経を刺激したり、脳への血流不足が起きることで平衡器官を刺激し、主に浮動性めまいの症状を起こします。 

4) 試せる処置はあるの?症状への対処方法とは 

(1)病院や救急車 

何もしていないのに目が回る症状が起こる場合には病気の疑いが多いので、病院に行くことや救急車を呼ぶことが前提となります。 

(2)安静 

痺れや麻痺、意識障害に言語障害などの症状がなければ、頭を動かさないよう楽な姿勢で安静にしている必要があります。また、めまいが治ったら病院へ行き診てもらうことが大切です。 

パソコンを使用しているドクター

5)これは病気の疑いも?病気かどうかのチェック項目と判断基準とは 

めまいとともに以下のような症状がある場合は病気の可能性が高いためすぐに病院へ行きましょう。 

・意識障害が出る ・強い頭痛がある ・手足、顔に麻痺がある ・ろれつが回らない ・物が歪んで見える ・強い吐き気 ・目蓋が重くなる ・寄り目

6)症状が続く場合は注意!考えられる5種類の病気とは 

(1) 良性発作症頭位めまい症 

耳の中にある前庭から剥がれ落ちた耳石が三半規管に影響を与え目が回る症状を引き起こします。めまい患者の20~40%程度がこの病気で、耳が原因で起こるめまいの中で最も多いと言えます。 

(2) メニエール病 

激しい回転性めまいと耳鳴り、難聴、耳閉感の4症状が同時に起こり繰り返えされる内耳の疾患をいい、強い吐き気や頭痛なども伴います。 

(3) 前庭神経炎 

前庭神経炎とは耳の中にある前庭器官が炎症を起こすことで起こります。症状は軽い風邪のような症状が出た後に急に激しく目が回り吐き気や冷え、発汗を伴い1週間程度続き治ってからもふらつき、立ちくらみが3週間~半年程度続く場合もあります。 

(4) 外リンパ瘻 

飛行機に乗ったときや水中に潜ったとき、鼻を強くかんだ後などに起こる急激な圧変動によって、回転性めまいや難聴、耳鳴り、耳がつまった感じなどが起こります。これらの症状があらわれる前にパチッというはじける音が聞こえるのが外リンパ瘻の特徴です。 

(5) 急性中耳炎 

耳にウイルスが入ることで起こる炎症で主に5歳くらいまでの子供に多いようですが大人でも発症することはあります。目が回る症状以外にも風邪のような症状や耳だれ、激しい痛みを伴うのが特徴です。 

7)治まらない場合は専門家へ!症状への検査・治療方法 

(1) 検査方法 

・受診したい病院 

耳が聞こえにくい、耳鳴りがする、風邪のような症状が出る、耳が痛いなどの場合は耳鼻咽喉科を受診します。身体の痺れ、ひどい頭痛、目の奥が痛いなどの場合は、脳神経外科を受診しましょう。 

・検査 

先ずは問診、眼の揺れを調べる眼振検査、身体のバランスを調べる体平衡検査、CTやMRI検査などが症状に合わせて行われます。 

(2)治療方法 

・薬物療法 

抗めまい薬、循環改善薬、吐き気止め、抗不安薬、浸透圧利尿薬、ステロイド薬などによる治療が行われます。 

・手術療法 

めまいの原因となる神経を取り除く手術などによりめまいを治療したり、耳に薬を注入する外科的な処置が行われる場合もあります。 

・理学療法や平衡訓練 

医師の指導のもと頭やからだを動かして耳石を元にあった場所に戻す治療や、からだのバランス感覚の回復のため眼や頭を動かす平衡訓練なども行われます。 

8)生活習慣を改善しよう!突然目が回る症状への予防習慣 

(1)規則正しい食事をとりましょう 

栄養が不足すると血行不良などになり、めまいが起こりやすくなります。栄養バランスを考えた食事を1日3回、規則正しく摂るように心がけましょう。 

(2) お酒・コーヒー・タバコを控える 

お酒は脳の機能を低下させ、コーヒーはカフェインの作用により興奮状態や寝不足などを招き、またタバコのニコチンも血管を収縮させ血流を悪くし、めまいを起こしやすくするのでお酒、コーヒー、タバコは控えましょう。 

(3) 睡眠をしっかり取る 

睡眠不足が続かないよう十分な睡眠を確保し、同じ時間に就寝・起床する生活リズムを出来る限り心がけていけると良いです。 

(4) ストレスを溜めない 

ストレスの原因を減らすよう工夫し、更に適度な運動や入浴など趣味を楽しみ気分転換をすることも必要です。 


   


今回のまとめ 

1)そもそも目が回るとはなに?めまいの種類と症状の違い 

2)どんな症状が?突然目が回る場合の代表的な症状とは 

3)突然目が回るのはなぜ?症状の3大原因とは 

4)試せる処置はあるの?症状への対処方法とは 

5)これは病気の疑いも?病気かどうかのチェック項目と判断基準とは 

6)症状が続く場合は注意!考えられる5種類の病気とは 

7)治まらない場合は専門家へ!症状への検査・治療方法 

8)生活習慣を改善しよう!突然目が回る症状への予防習慣