医者の診察を受けている男性の患者

風邪かなと思っていても、中々治らない咳に困っているという方もいるのではないでしょうか。特に夜になると咳が止まらないという場合にはどのような事が原因で、どのような症状があるのか、また対処法や考えられえる病気についてお伝えします。


   


夜に咳が止まらない理由とは?主な4つの原因を解説


1)どんな症状が現れる?夜に咳が止まらない場合の症状とは

(1)気管支結核

症状としては2週間以上続く、しつこい咳というのが特徴です。その他の症状としては血痰や発熱、疲労感などがあります。

(2)マイコプラズマ

ケンケン・コンコンと乾いた咳が止まらないというとき考えられる原因の一つです。乾いた咳が3週間以上続くと感染を疑います。長期間続く席、喉の痛み発熱が症状になります。

(3)咳喘息

制喘息とは慢性的に咳が続く病気で、温度差やストレス、ほこりやダニなどのハウスダストが原因だと言われています。

2)夜に咳が止まらないのはなぜ?主な4大原因とは

(1)副交感神経

睡眠中は副交感神経が活発になります。筋肉の緊張を緩めて、からだをリラックスモードにする効果があります。この筋肉が緩むという事が原因で気道が狭くなってしまう事が原因として挙げられます。

(2)鼻水

鼻水が起草に流れるという事が考えられます。痰が絡まったようになる人も居るでしょう。仰向けに寝ていると、このように鼻水が軌道に流れ込み咳の原因になることも考えられます。

(3)気道過敏症

風邪の症状が治まった後や、喘息になった経験がある人が発症しやすいのが”気道過敏症“という症状になります。ちょっとした刺激にも反応する症状です。副交感神経が活発になり、気道が狭まれば余計に咳が出やすくなります。

(4)アレルギー反応

布団についている羽毛やほこり、ダニなどでアレルギー反応が原因で咳が止まらなくなることもあります。その場合は根本原因を取り除かなければ原因は解消されません。布団に入った夜だけに異常に咳が出るという場合には、アレルギーの可能性があります。

タブレットを使う男性ドクター

3)試せる処置はある?症状への対処方法とは

(1)アレルゲンを取り除く

布団がアレルギーの原因であるという場合には、布団を交換する方法しかありません。病院に行ってアレルギー検査をしてもらうのが良いでしょう。内科や耳鼻科、皮膚科などでアレルギー検査はでいます。原因が布団であるならば、布団掃除機などを使って布団からアレルギー物質を取り除くなどの対処が必要です。

(2)マスク

マスクには口や鼻から入ってくる外界の刺激をある程度妨げます。また、マスクをしたままでは息苦しくて寝られないという場合には、加湿器や茎洗浄機を利用するのも一つの方法です。

(3)飲酒や喫煙

飲酒や喫煙というのや夜に咳が出やすくなります。飲酒は筋肉が弛緩しやすくなるために、気道が狭まります。そのため、夜に咳が出るという症状が出る場合は飲酒を避けた方が良いでしょう。

また、はちみつレモンや紅茶を飲む事で気道を広げる効果があるので飲んでみるのも良いでしょう。冷えたものは効果がないので、温かい物を飲みます。

(4)横向きで寝る

横向きで寝ると気道がふさがりにくく、鼻水や咳が気道の奥へ落ち込むことも少なくなります。それにより、症状が改善されるかもしれません。

4)症状が続く場合は注意!考えられる3種類の病気とは

(1)気管支結核

結核菌が原因で、一般的に結核と言えば肺結核の事を指します。気管支結核の場合は、気管支に結核が出来ます。気管支結核の場合の主な症状は2週間以上続く席です。

(2)マイコプラズマ

マイコプラズマ病原体が原因です。幼児の場合は風邪程度ですが、小学生や大人が感染すると肺炎になる可能性があります。

(3)咳喘息

一般的な喘息と同じで、気道が狭くなり、刺激にたいして敏感になって咳等の症状が出ます。症状の大きな特徴としては1か月以上空咳が続いたり、夜間から明け方にひどくなることが多いです。発熱や呼吸困難になることは殆どありませんが、喘息の前段階ともいわれているので注意が必要です。 

5)気になる場合は専門家での検査を!可能性のある検査方法とは

(1)胸部X線

咳が3週間以内の場合には咳の症状がピークを過ぎているのであれば対処法を行い、肺結核あ肺炎、感染症以外の肺の病気の可能性を調べるために胸部X線の検査を行います。

(2)3週間以上続いた咳

空咳が出ている場合には胸部X線検査やCTスキャンなどで画像診断が行われます。他にも肺機能検査や気道過敏性検査を行う事があります。血液検査や皮膚テストでアレルギー対し気道感症が関係していないかどうかをしらべることがあります。

(3)ストレスが原因の阿合

ウイルス検査の結果、ウイルスが検出されず原因がわからない場合には、ストレスによる原因を疑います。ストレスが原因の場合でも咳を鎮める薬が処方されます。

男性の患者に薬を渡す女性の医師

6)専門家で行われる可能性のある治療方法とは

(1)内服薬

咳を止める方法の一つとして、気管支拡張薬を処方されることがあります。薬を飲んで様子を見ます。

(2)吸入ステロド

吸入ステロイドと気管支拡張薬を一つに配合した薬が出ています。こうした薬の服用というのも効果が期待できます。

7)生活習慣の改善を!症状への6つの予防習慣とは

(1)手荒いうがい

風邪やインフルエンザにかかると気道の粘膜に炎症を起こし、わずかな刺激でも気道が収縮して咳喘息を起こす可能性があります。外出時にはマスクを装着すするなどし、外出後は手荒いとうがいを徹底します。

(2)喫煙

喫煙だけではなく、副流煙に気を付けます。受動喫煙は咳喘息を起こす原因ですので、タバコには注意が必要です。

(3)飲酒

アルコールは気道を収縮して咳をひきおこしやすくする物質を出します。飲み過ぎには十分注意が必要です。

(4)環境

咳喘息の場合、アレルギーを引き起こす物質の排除は必要です。ハウスダストやカビ、ペットの毛、花粉などを取り除くように清潔に保ちます。

(5)ストレス

ストレスが原因で発作を起こすこともあります。春や秋は気温の変化に注意をするほかに、エアコンなどで外気の温度差を大きくしないというのもポイントです。

(6)食生活

予防のためにはバランスのよい食事が櫃王です。フードガイドピラミッドを参考に1日3食規則正しい食生活を心がけましょう。


 


今回のまとめ

1)咳が止まらないという原因は4つある。

2)咳が止まらないときに考えられる病気は3つある。

3)日常生活から予防できるポイントは6つある。