デスクで目を休めている女性

加齢や疲れにより以前よりも見えにくくなった感じることは誰にでもあることだと思います。その視力の低下とともに頭痛の症状もある場合があります。そんな頭痛と視力低下の症状はもしかしたら病気が原因かもしれません。そんな頭痛と視力低下の関連性について話をします。


   


頭痛に視力低下は関係する?3つの病気の可能性と対処方法


1)理解しておこう!視力低下の主な3大原因とは?

(1)疲れ

長時間のデスクワークでパソコンの画面を見る、またはスマホの画面を長時間見ることで目の疲れが一気に溜まり、視力低下を引き起こす場合があります。また、パソコンやスマホの画面が発する光は交感神経を活発化させ睡眠の妨げになるため、寝ても疲れが取れない悪循環になる可能性も高いといえます。

(2)ストレス

毎日の仕事や家事などでストレスを長時間感じつづけると自律神経に影響があり血流を悪くするまた、体内の回復機能が落ち、疲れを溜め続ける結果になります。この場合、目の疲れも取れず視力低下につながります。

(3)病気

目または脳の病気により視力が低下する場合があります。何らかの病気のサインである場合があり、MRIなどの精密検査により原因が判明する場合がほとんどです。

2)頭痛と視力低下の関係とは?2つの関係する理由の解説

(1)眼精疲労

眼の疲れが取れず、視力が低下するとともに脳にも疲れがでるため頭痛といった症状がでます。脳がいくら指示をだしても疲れによって目のピント合わず、脳の疲れも溜まっていきます。そのため、長時間パソコンを使用する、読書をすると目とともに偏頭痛のような症状が出る場合があるのです。

(2)神経の病気

目と脳は神経によってつながっています。その神経に異常がでることによって視力低下や目の痛みといった症状と同時に頭痛といった症状がでます。神経は顔全体または体全体にもつながっている場合があるので他にもしびれや麻痺といった症状がでます。

3)視力低下から考えられる頭痛の種類とは?

(1)偏頭痛

ズキズキとした痛みで、目の奥から痛みが来るような頭痛です。酷い場合には吐き気やおう吐を伴う場合もあり目を開けておくのもやっとの場合があります。目を閉じて安静にすることで症状が和らぐ場合があります。

(2)鋭い痛み

ハンマーで頭を殴られてような痛みがあります。頭の痛みがひどいため、目まいやかすみ、または喋ることも困難になる場合もあります。この痛みの場合は目からではなく脳に異常がありそれが原因で症状が出ている場合がほとんどです。早い段階で医師の診断と対応が必要となります。

Men are undergoing medical examination

4)試せる応急処置はあるの?視力低下からくる頭痛への対処方法

以下はあくまで対処であり、根本的な治療にはなりませんので眼科または神経外科で検査をうけ、原因をつきとめたうえで適切な処置を早めに受けましょう。

(1)睡眠をとる

頭痛と視力低下は、睡眠不足による疲れの蓄積が原因の場合があります。そのため、体を温めた上で6時間以上しっかり眠ることで症状が回復する場合があります。きつくない靴下をはいて、睡眠すると通常より睡眠の質は高くなる傾向があります。

(2)温める

疲れが原因の場合、温めることで目の周りの血流を良くし、疲れを効率よくとることができます。しかし、目の使いすぎによって充血、炎症がある場合は逆効果になる場合があるので注意が必要です。

5)これって病気?病気かどうかのチェック項目と判断基準とは

疲れの場合は基本的に6時間以上しっかりと寝ることで疲れは取れ、目の疲れが取れ、視力も回復する場合があります。しかし、寝ても視力は低下したままかつ、頭痛や目の痛みなど他の症状がある場合は病気の可能性が高いです。視力が急に低下し、3日以上その状態かつ他にも気になる症状がある場合は早い段階で眼科のある大学病院などを受診して調べるようにしましょう。

6 )症状が続く場合は注意!考えられる3種類の病気とは

(1)緑内障

視神経に異常がでることでうまく脳と目の間の連携が取れなくなり、日本では失明となる原因で最も多い病気となる。徐々に視力が失われる為、はじめは目のカスミと勘違いし、気づくのが遅くなる場合が多い。40際以上に患者が多く、早期の内に対応しないと視力を完全に失ってしまう怖い病気です。

(2)白内障

外からの光を屈折させて網膜に映し出す役割をもつ水晶体に濁り発生することで発症する病気です。日本では眼科を定期的に受信することで悪化することはないといいわれていますが、世界では失明の原因が一番といわれているほど子供からお年寄りにまでなりえる病気です。

(3)くも膜下出血

脳内の血管が詰まり脳動脈瘤が発生します。動脈硬化や高血圧の傾向がある人に多く、破裂すると気絶、そのまま死にいたる怖い病気です。前兆として吐き気や頭痛、めまいなどが主にあげられており、目の痛みや視力低下などの症状も出る場合がある。

Doctors who have medical records and doctors have a tablet

7)治まらない場合は専門家へ!症状への検査・治療方法

(1)検査方法

‐視野検査

視力低下またはかすみなどの症状がある場合、緑内障かどうかを調べるための重要な検査となる。この他にも眼圧検査や眼底検査などと一緒に実施されることが多い。

‐MRI

X線を使用せずに磁石と電波にて人間の体を断面的に映像化し異常を調べます。精密に異常を調べることができ、骨や筋肉だけでなく、血管の詰まりなども調べることができます。結果は遅くとも1日以内でわかることが多く、費用は1万円以上かかる場合があります。

(2)治療方法

‐薬の服用

血流の悪化を改善することを目的とした薬の服用や目には点眼液などを使用する場合もあります。症状の経過を見ながら服用をするため、期間は長期にわたる場合があります。費用や服用期間は医師に事前確認を取りましょう。

‐手術

緑内障や白内障の場合、眼圧を下げるための手術を薬療法でも効果が得られない場合行われる場合があります。脳の異常の場合は早急に手術を実施する場合がほとんどですが、手術後に後遺症が出てしまう場合が多いので医師に事前に確認を取りましょう。

8)生活習慣を改善しよう!視力低下による頭痛への予防習慣とは

(1)ストレスを溜めない

ストレスを溜めることにより血流が悪くなり、溜まった疲れをうまく回復することができなくなります。

(2)睡眠前は携帯を見ない

疲れをしっかりとるには質の良い睡眠です。最近はスマホやタブレットなどを寝るギリギリまで使用しているために画面の光で脳が影響を受け、睡眠の妨げになる場合があります。寝る2時間前からそれらの電子機器の使用を控え、睡眠の質を高めましょう。

(3)温める

疲れを効率よくかつ、早く取るには温めることが効果的です。温かいお湯や電子レンジで温めたタオルを10分ほど目に睡眠前や疲れがたまった際に充てることで疲れを取り除きます。しかし、やり過ぎると充血する場合があるので10分以上はお勧めしません。


   


今回のまとめ

1)理解しておこう!視力低下の主な3大原因とは?

2)頭痛と視力低下の関係とは?2つの関係する理由の解説

3)視力低下から考えられる頭痛の種類とは?

4)試せる応急処置はあるの?視力低下からくる頭痛への対処方法

5)これって病気?病気かどうかのチェック項目と判断基準とは

6 )症状が続く場合は注意!考えられる3種類の病気とは

7)治まらない場合は専門家へ!症状への検査・治療方法

8)生活習慣を改善しよう!視力低下による頭痛への予防習慣とは